■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

菅政権、バッハ会長の”わがまま”でこの期に及んで「有観客開催」を検討か!?サッカー吉田麻也選手らアスリートからも観客を入れるよう求める声が相次ぐ!

菅政権、バッハ会長の”わがまま”でこの期に及んで「有観客開催」を検討か!?サッカー吉田麻也選手らアスリートからも観客を入れるよう求める声が相次ぐ!
Pocket

どんなにゅーす?

・東京五輪の多くの競技において「無観客開催」が一度は決まった中で、IOCバッハ会長からの「有観客」を求める強い圧力により、菅政権がこの期に及んで観客を入れることを再検討し始めていることが一部メディア報じられた。

・そんな中、サッカー日本代表・吉田麻也選手をはじめとして、アスリートから「観客を入れて欲しい」と強く求める声が上がり始めており、直前になって菅政権が一度決定させた「無観客」を覆す可能性も出てきている。

バッハ会長の圧力で五輪有観客を再検討 菅政権は支持率up狙いで「新Go To事業も」〈dot.〉

~省略~

国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は17日、都内のメインプレスセンター(MPC)で会見した。菅首相に再び有観客を提案した件について問われると、「誰かが私的な話を漏らした。発言は避けたい」としつつも、事実上、有観客の提案を認めたという。

「菅首相もIOCのバッハ会長と同じで、あわよくば有観客、と本気でまだ思っています。大会が始まりさえすれば、そのような機運が盛り上がってくると、丸川五輪担当相、橋本組織委会長、武藤事務局長らと何とか一部を有観客でと検討を始めています。バッハ会長は一貫して有観客にこだわり、その圧力に押され、5者協議では誰も口火を切らず、丸川大臣と橋本会長は最後までダンマリだったそうです。武藤事務総長は『無観客は小池知事が決めた』と弁明していました」(同前)

~省略~

【Yahoo!ニュース(AERA dot.) 2021.7.18.】

吉田麻也「賛否あるのは理解してます。ただ、伝えたかっただけです」五輪有観客“再考”求めた発言真意告白

東京五輪に出場する男子サッカー・U―24日本代表のDF吉田麻也(32=サンプドリア)が19日、自身のインスタグラムのストーリーを更新。物議を醸している五輪有観客“再考”を求める発言の真意について明かした。

吉田はスペイン戦後のインタビューで「絶対に怒られるな」と言いつつも、涙目で「誰のための五輪なのか、疑問が残る。もう一度、考えてほしい。検討してほしい」とコメント。新型コロナ禍で開催に尽力した人たちには「感謝している」としつつ、「国民の税金をたくさん使って、その国民が見にいけない。選手たちも毎日、命を懸けて戦っている。その家族だって一緒に戦ってくれている。その人たちも見られないのはクエスチョンです」と批判覚悟でほぼ無観客となる東京五輪へ一石を投じた。

これに対しネット上では「言いにくいことをよくぞ言ってくれた」「勇気ある発言、素晴らしいです」など賛同の一方で、「何言ってんだとしか思えなかった」の声も。

~省略~

【MSN(スポニチアネックス) 2021.7.19.】

バッハ会長からの圧力に加えてアスリートからも「観客入れてくれ」の声!”自称保守”の安倍シンパ軍団も「グローバリストゴリ押しの東京五輪」を懸命に盛り上げ!

出典:Yahoo!ニュース(TBS News)

あらら。
バッハ会長のわがままに加えて、アスリートの人たちからも「観客入れて」の声が大きく盛り上がり始めきたわ。
これは、開催直前で、「やっぱり観客入れることにしました」ってな展開になる可能性も出てきたかもしれないわね。

いやはや、開催1週間前ですでに五輪関係者から60人に迫る感染者が出ている上に、選手村でクラスターが発生している可能性もあるのに、こんな状況の中で、バッハ会長だけでなくアスリートからも「観客入れて」との声が盛り上がってきたとは、なかなかにすごい展開だね。

確かに、選手の側からすれば、これまで東京五輪に照準を合わせて一生懸命に練習してきた以上、これが無駄になるのは嫌だろうし、観客を入れないと自分たちのモチベーションを思うように上げることができないのはよく分かる。
しかし、今の状況は、残念ながら「そんな悠長なことを言っていられる状況ではない」のが現実であり、(大多数の人は全く理解できないと思うけど)全体の状況を多面的に俯瞰してみた限り、当サイトでは、今回の東京五輪は、グローバル資本勢力による、日本により深刻なパンデミックを引き起こしては、人々の間により深刻な生命・健康への脅威や、心的な恐怖・不安、さらには社会的なカオス・混乱などを発生させるために引き起こされる「ステルステロ」であると強く疑っており、ボクは、一貫して「東京五輪を絶対に強行すべきではない」と警鐘を鳴らしてきた。

今の政治状況や世界情勢を見ていれば、自ずと「そうした構図」が見えてくるはずなんだけど…みたところ、政治の内部事情などに精通しているふりをしてきた「自称保守愛国」の自民シンパの人たちも、グローバリストがゴリ押ししている東京五輪を全面支持しては、(多くのことをほとんど何も知らない)アスリートからの声を全面的に後押ししている有様ですし、これでますます彼らの”正体”がよく見えてきた感じがするわね。

これまでもずっと指摘してきたけど、彼らは、「保守」や「愛国」を自称しながら、朝鮮統一教会などのグローバルカルトと深い関係を築いてきたし、その実体は、安倍氏らグローバリストを「愛国者」などと称えては日本の破壊に全面的に協力する「グローバリストの工作員」と見るのが妥当だ。

その上で、「観客を入れて」と求めているアスリートの人たちも、あまりにも現実が見えていないとしか言いようがない。
彼らは総じて「他のスポーツイベントでは観客を入れている」と主張しているけど、先にも述べたように、オリンピックは「グローバリストが主催する世界規模の大会」であり、何から何までが普段の国内スポーツイベントとは本質が異なっており、ロスチャイルドなどのグローバル資本勢力や欧州貴族らがコアに関わっている「政治的なイベント(そして「ステルスバイオテロ」)」である以上、この開催そのものを何としても許していけないんだよ。

こうしたことを理解できる人がどれくらいいるのか疑問だけど、まあそういうことなんだわ。
この調子では、優柔不断で奴隷気質の菅総理が開催直前までウジウジ迷い続けた挙句、最後の最後で有観客に転じる可能性もありそうですし、ますます深刻な混乱や騒動が勃発する可能性が高まってきたといえそうだわ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事