「影の総理」今井尚哉首相秘書官が補佐官に昇格&秘書官と兼務に!安倍総理が”独裁化”を加速させ、腐敗がますます蔓延する”テコ入れ”敢行!

Pocket

どんなにゅーす?

・安倍総理が、台風災害の対応も後回しに内閣改造を”強行”した中で、「影の総理」ともいわれてきた今井尚哉首相秘書官が首相補佐官に昇格し、秘書官と兼務させる「極めて異例の人事」が行なわれたことが分かった。

安倍総理と縁戚関係を持つ今井氏は、安倍政権を陰で操りながら、原発政策や経済政策の立案、森友・加計疑獄などにも深く関与してきたことが言われており、今回の内閣改造を通じて、より不正や腐敗が蔓延しやすい独裁体制を進めていく”テコ入れ”が行なわれたことが浮かび上がっている。

安倍首相が補佐官人事でヒトラー並み側近政治! “影の総理”今井秘書官、百田尚樹に「沖縄2紙潰す」発言させた木原稔を抜擢

~省略~

しかし、もっとも驚かされたのは、この人事かもしれない。

それは、今井尚哉首相秘書官を首相補佐官に昇格させ、さらには首相秘書官と兼任させるという人事だ。

今井首相秘書官といえば、安倍政権の主要政策を仕切ってきた経産省出身の官僚で、“影の総理”の異名を持つ実力者。第二次安倍政権発足から政務を担当する首席秘書官を務めてきたが、今回の補佐官への昇格で「政策企画の総括」を担当するという。首相秘書官と首相補佐官を兼任するなどというのは、異例中の異例である。

これはある意味、閣僚人事よりも深刻な話だろう。というのも、今井氏はこれまで「国民生活より安倍首相が第一」という方針を貫いてきた人物。それが今後、秘書官兼補佐官としてさらに強大な権限を握ることになるからだ。

そもそも、今井首相秘書官は今井敬・元経団連会長と今井善衛・元通産事務次官の甥にあたり、さらに今井善衛は岸信介が商工大臣だった際に秘書官を務めていた。ジャーナリスト・森功氏の著書『官邸官僚 安倍一強を支えた側近政治の罪』(文藝春秋)によると、今井氏が善衛の甥だと安倍首相が気づいてから2人の距離は近づいたという。そして、第一次政権から支えてきた今井氏を、安倍首相は「今井ちゃんはなんて頭がいいんだ。本人の頭の中を見てみたい」などと惚れ込み、一方の今井首相秘書官も安倍首相の分身として政策を進めてきた。

たとえば、今井首相秘書官は消費増税をめぐって財務省に介入するだけではなく、本サイトでも報じたように外務省の中国外交にまで口を挟み、2017年に自民党の二階俊博幹事長が訪中した際には習国家主席に手渡した親書を事前に中身を書き換えたほどで、「対中外交は外務省ではなく、俺がやってるんだ」と吹聴しているという。さらに、2015年9月に安倍首相がぶち上げた「アベノミクス新3本の矢」をつくったのも、「一億総活躍社会」なる全体主義的な気持ち悪いネーミングも今井首相秘書官のアイデアだというが、その際、今井首相秘書官は「今度のアベノミクスは、安保から国民の目をそらすことが目的なんだ」と話していたという(前掲書『官邸官僚』より)。

だが、そうした今井首相秘書官が主導した政策や外交は、成果を出せていないばかりか、経産省の利権拡大ばかりを狙う姿勢がひどく、状況をどんどん悪化させている。今井首相秘書官はロシア外交や北朝鮮問題にもかかわっているというが、ご存知のとおり何も進んでいない。また、今井秘書官は、原発再稼働や原発輸出に固執して旗振り役も務めてきたが、すべての原発輸出計画が事実上、破綻。そのためか、今度は原発の国内新規建設に舵を切らせようと、しきりに安倍首相に働きかけているという。

~省略~

【リテラ 2019.9.16.】

日本をここまで凋落させた反省もゼロ!「日本破壊の立役者」今井尚哉首相秘書官を補佐官昇格&秘書官と兼務で、「安倍独裁腐敗体制」をより強力に!

出典:最後のジャーナリズム

出典:社会科学者の随想

安倍改造内閣の「真っ黒な面々」がネット上で話題になっているけど、マスコミが報じていない「影の人事」も真っ黒だったことが見えてきたわ。
安倍総理と縁戚関係にある「影の総理」と言われてきた今井尚哉首相秘書官が補佐官に昇格&秘書官と兼務とのことで、安倍総理は、ここまでご自身が推し進めてきた「国家の私物化」を徹底的に極めるつもりみたいね。

ああ。
今井尚哉氏は、森友・加計疑獄においても深く関与していることが言われてきたし、アベノミクスなどの「貧富の格差」を徹底的に広げる経済政策や、世界に核兵器や核のゴミの脅威をばらまくことに繋がる原発推進・輸出政策も強く推進などなど…つまりは、日本の衰退や破壊を率先して推し進めてきた「売国官僚の権化」みたいな人物だ。

日本政府においては、公文書やデータなどの改ざん・捏造・隠ぺいなどが、今やもはや常習化するようになってきているけど、つまりは、こうした日本の国際的な地位や秩序をメチャクチャに壊してしまった反省も全くゼロどころか、ますます日本の腐敗や破壊を推し進めながら、「安倍反知性独裁帝国」をよりスピードアップして進めていく人事が、今回の内閣改造で行なわれたというわけだ。

なるほどね。
千葉を中心に台風の被害が大変な事態になっている中で、安倍総理が3連休ものんびりお休みを満喫したりなど、安倍政権の「棄民的な対応」に怒りの声が上がっているけど、こうした対応も、安倍官邸による「暗黙のメッセージ」なのかもしれないわね。
災害対応も後回しにしてまで”最優先”で行われた今回の内閣改造を見ても、まさしく「お前らは、俺らの完全なる奴隷だ。財産だけでなく命も捧げよ」とでも言いたげな人事だわ。

そうだね。
今井氏の一族は安倍一族(岸信介)とも深いつながりを持っているし、いってみれば、(第二次安倍政権の誕生とともに再興してきた)「長州大日本帝国の一族による独裁体制」が本格的に復活してきたといえる。
当時の日本国民も、究極的な「奴隷洗脳」にかかった中で、大日本帝国(とその上に控えていたグローバル資本勢力)に大量死させられたけど、当時の体制や精神性が安倍政権において本格的に復活してきており、これはすでに、実質的に日本国憲法や民主主義システムはほとんど破壊されきっている状態といえるだろう。

敗戦後も、グローバル資本勢力の差し金で、当時の大日本帝国の一族(長州閥一族)はしっかりと生き永らえてきたし、これも全ては明治以降にグローバル資本勢力が推し進めてきたグローバリズムに伴う「日本破壊計画」の一環てことね。

しかも、非常にまずいのは、多くの日本国民が、当時の大日本帝国時代と同様に、またも深く「奴隷洗脳」に罹ってきてしまっているということだ。
今や当時と違って、インターネットが普及していることで、「奴隷洗脳」から脱却していくためのきっかけはたくさんあるような状況なんだけど…これでもなお洗脳から目覚めようとしないどころか、自ら深く洗脳に嵌ろうとしている人々もいるような状況だからね。

当時と比べて、グローバリストによる洗脳戦略も巧妙化していているのは確かだけど、それにしても、ここまで安倍政権の独裁化と腐敗の蔓延を許してしまっているのはかなり痛いわね。
とにかく、安倍政権がもはや「国民に寄り添うフリ」すらしなくなってきたのは確かですし、このままでは、(大日本帝国時代同様に)私たち国民がこの政権に大量死させられるような時代がやってきてしまうわ。

それをまさに象徴している出来事こそ、この今井尚哉氏の「異例の栄転人事」といえるかもしれないね。

Pocket