【勇気ある発言】大桃美代子さん「復興にはお金も必要だし、日本は米国から戦闘機買ってる場合じゃないんではないでしょうか?」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年9月6日、タレントの大桃美代子さんが、日本国内で深刻な自然災害が相次いでいる中、安倍政権による軍産利権最優先の政策に疑問を唱えた。

・大桃さんは、自身のブログで「北海道の停電も全体停電なので、復旧に一週間はかかるそうです。日本列島が被災していて、復旧、復興するのに、何年かかるのでしょうか?」と現状の日本の危機を指摘した上で、「復興にはお金も必要だし、、、、日本はアメリカから戦闘機買ってる場合じゃないんではないでしょうか?」と綴り、資本権力に忖度しない彼女の意見に対し、ネット上で賛同の声が相次いでいる。

大桃美代子 北海道地震に「日本列島が被災」…米国から戦闘機買ってる場合なのか

タレントの大桃美代子が6日、ブログを更新し、北海道で発生した震度7の地震について触れ、今後は復興のためにばく大な金額が必要となってくることから、拡大する防衛費に疑問を呈した。
大桃は「北海道の地震が震度7だったと。。。私が被災した中越地震と一緒。2年前の熊本地震と同じ震度です」と記した。「北海道の停電も全体停電なので、復旧に一週間はかかるそうです。日本列島が被災していて、復旧、復興するのに、何年かかるのでしょうか?」と西日本豪雨や地震、台風など災害が相次ぐ現状を憂えた。
続けて大桃は「復興にはお金も必要だし、、、、日本はアメリカから戦闘機買ってる場合じゃないんではないでしょうか?」と疑問を投げかけた。
防衛省は8月31日、2019年度予算の概算要求を、過去最大の総額5兆2986億円とすると決めた。地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の取得関連費2352億円を盛り込んでいる。

【デイリー 2018.9.6.】

大桃さんの”忖度無し”の市民目線発言に賛同の声が多く寄せられるも、軍産礼賛安倍シンパは、例によって彼女をこぞって非難!

出典:YouTube

タレントの大桃美代子さんが、(芸能界にも安倍政権への忖度が広がる中)災害復興よりも軍産利権を重視している安倍政権に対して、強い疑問を呈しました。
ネット上では、彼女に対して多くの賛同と称賛の声が寄せられている一方で、安倍シンパからは例によって激しい非難や中傷が飛び交っている状況です。

日本では、有名芸能人によるこうした発言は非常に珍しく、色々な意味でとても勇気ある発言だと思うけど、これは、市民側の目線からすればごく当たり前の見方であり、現状の安倍政権の姿を見るにつけ、こうした感想を持つのは至極当然のことだろう。

確かに、現在の世界のおいて国家組織を維持するために、一定程度の防衛力を持つことについては全く否定しないけど…近年では「他国の脅威から守るために抑止力が必要」「近隣国が攻め込んでくる」などの”キャッチコピー”を声高に掲げながら、米・イスラエルの軍産複合体が日本政府に半ば不要で粗悪な防衛品を高値で売りつけるシステムが構築されているのが現状だ。
つまり、日本が米国に対して一方的に隷属する「主人と奴隷」の関係が構築されてしまっている中で、日本国内に様々なウソや洗脳が横行し、マスコミやネット工作員が世論誘導しながら、国民にかけるべきお金を一方的にグローバル軍産資本に不当に横流ししてしまっている状況だ。

こうしたグローバル資本と政治権力との癒着を監視するのが「民主主義国家における国民の役割」だし、こうした側面を完全に隠した上で、大桃さんのような意見を「お花畑の幼稚な妄想」「ド素人のクセにエラそうに語るな」と中傷するのは、軍産の利益と権力強化のために国民を思考停止に導く「騙しの手口」の一つだ。
したがって、ボクたち一般市民は、資本勢力による様々な欺瞞や騙しの手口に引っかからないように、常にグローバル資本主義社会の裏側にあるものを考えながら、様々な側面に目を向け、想像しながらこれらの問題を考えていく必要があるかと思うよ。

いずれにしましても、私たちは、民主主義国家としてのあり方を常に考えつつ、国民側からのダイレクトな意見を常に表に発信していくことが大切ですし、これをいたずらに妨害したり激しく中傷するような動きに簡単に屈してしまってはいけないということですね。

もちろん、民主主義社会を保全するためには、国民側がある程度の知識や頭脳を持つことは必要だけど、自由に気軽に政治権力を批判する行為に対して、「素人が政治を語るな」などと頭ごなしに誹謗中傷するのは間違っているということだ。

ますます昨今の日本があらゆる側面から息苦しくなっている中、様々な外圧を恐れずに「国民側の目線」で自分自身の意見を発した大桃さんは本当に立派だと思うし、この調子でその他の芸能人も自由におかしいと思っていることを口にしていってもらいたいところだね。

おススメ記事&広告

 
Pocket