■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【一体何が】俳優の梶田冬磨さん(22)が急死…死因は発表されず…21年に長女が誕生した中での突然のニュースに、驚きと悲しみの声!事務所「ご親族もスタッフも悲しみの渦中におります」

【一体何が】俳優の梶田冬磨さん(22)が急死…死因は発表されず…21年に長女が誕生した中での突然のニュースに、驚きと悲しみの声!事務所「ご親族もスタッフも悲しみの渦中におります」
Pocket

どんなにゅーす?

・2022年9月16日、ABEMAの恋愛バラエティー番組「恋する♥週末ホームステイ」などの出演で知られる俳優の梶田冬磨さん(22)が急死していたことが判明した。

・所属事務所は「未だご親族もスタッフも悲しみの渦中におります」などとコメントしたものの、死因は発表されておらず、ネット上では驚きと悲しみの声が上がる一方で、その内情について様々な臆測が上がっている。

俳優の梶田冬磨さんが9月16日に死去 恋愛バラエティー番組などに出演、22歳

ABEMAの恋愛バラエティー番組「恋する♥週末ホームステイ」などに出演した俳優、梶田冬磨(かじた・とうま)さんが9月16日に死去したことが27日、本人のSNSで所属事務所から発表された。22歳だった。通夜・葬儀は近親者のみで済ませたという。

事務所は「応援してくださったファンの皆様、お世話になった関係者の皆様にこのようなご報告を差し上げることは大変残念でなりません。ご遺族の意向により、通夜ならびに葬儀につきましては、近親者のみにて執り行いました。未だご親族もスタッフも悲しみの渦中におります」と報告。「マスコミの皆さまにおかれましては、ご親族の深い悲しみにご配慮頂きますよう切にお願い申し上げます。ここに心から哀悼の意を表するとともに謹んでお知らせ申し上げます」と伝えた。

~省略~

【サンスポ 2022.9.27.】

ABEMA「恋ステ」梶田冬磨さんが22歳で急逝 死去3日前までSNS更新「沢山コメント返すからね」

~省略~

梶田さんは高校3年生当時の2018年に「恋する週末ホームステイ」シーズン3に出演し、同学年のモデル・青木菜花さんとカップルに。“なのかじ”として番組史上No.1カップルと呼ばれた2人は2020年11月22日に結婚し、2021年4月には第1子が誕生していました。

~省略~

梶田さんは死去3日前にInstagramを更新しており、「最近はウチのチビちゃんが、アンパンマンにどハマりしてます笑笑」と子育ての話題に触れた他、「沢山コメント返すからねー」とファンに呼び掛けていました。また11月には、朗読劇「土砂降りの森よおしえて僕の膝に住んでいた銀色の猫のゆくえ」への出演も決まっていました。

【ねとらぼ 2022.9.27.】

またしても芸能人が謎の急死…今回も事務所は死因を発表せず!逝去の発表も死後10日以上も後に…

出典:Instagram

また、ですか…!!
渡辺裕之さんもはっきりした死因がよく分かっていない上に古谷一行さんもそうでしたが、ここ最近、芸能人が急死する事例が非常に増えているうえにその死因も発表されないケースが増えており、(当然のことながら)ネット上ではその内情や真相について様々な臆測が飛び交っています。

ツイッターでは、「なんでもかんでもワクチンに結び付けようとする連中は真性的なゲス野郎だ」みたいなコメントも目に付くけど、「数日前まで通常通りに活動」「持病を患っている様子見みられず」「結婚し子どもも誕生し、順風満帆で充実した様子」「死去から10日以上経って公式発表」「死因は発表されず」…とくれば、ワクチンが何らかの影響を及ぼしていることを疑うのは全く当たり前のことだろうに。
この状況から推測すると、ワクチン接種による急激な副反応(アナフィラキシー)に見舞われたことが疑われるし、もしかしたら、(表には見せていなかっただけで)以前からワクチンの後遺症に悩まされており、その辛さに耐えきれずに命を絶ってしまったことも有り得るかもしれない。

つい先日には、ツイッターで「深刻なワクチン後遺症に苦しめられている」ことを綴っていたピアニストの荒井千裕さんが亡くなったことを当サイトで取り上げましたが、間違いなく、多くの日本国民の健康状態が日本政府が強力に推進してきたmRNAワクチンによって大きく損なわれてきており、若い方から中高年の方まで、様々な身体の不調に苦しめられている実態が浮かび上がりつつあります。

ワクチン後遺症については、ボクがみたところでは、若い人ほどサイトカインストーム(免疫機能の暴走)による脳や神経系の疾患が深刻化しやすい一方で、中高年においては、がんや持病の再発や悪化などといった症例が多いように感じている。
今回の梶田さんのケースについても、あまりにも不自然で不可解な部分が多く、mRNAワクチンが何らかの要素で死に関わっている疑いがある上に、事務所側もこうした内情を把握しているものの、政府関係や医療機関からこれをまともに発表しないよう”強い要請”を受けたことが疑われる。
はっきりとした情報が表に出されていない(隠されてしまっている)ので、これ以上あれこれ言うのはやめておこうと思うけど、どちらにしても、この先も有名芸能人による「謎の死」がますます増えていくことになりそうだね。

「mRNAワクチンの被害がより鮮明に顕在化していくのはこれからだ」と予測している専門家も少なくないですし、(「治験ワクチン」を国策として国民にゴリ押ししてきた以上)日本政府が国民に「本当の情報」を知らせないように「あらゆる手」を用いてくるのは確実である中で、この先いよいよ「ウソ(偽情報や虚構の真実)と隠蔽にまみれた真性ディストピア社会」が本格的にやってくることになりそうです。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事