【訃報】沖縄県・翁長雄志知事が死去 安倍政権の「米隷属政策」に強く抵抗、県民からの支持を背景に基地移設問題など最後まで戦い続ける

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年8月8日、沖縄県の翁長雄志知事が膵がんのため死去した。67歳だった。

翁長氏は、米軍と安倍政権が推し進める「普天間基地の辺野古移設」をはじめとした米軍基地問題などに強く反対県民からの高い支持を背景に、市民のための県政を実現させるべく、一貫して戦い続けたものの、近年は軍産側の圧力に押され、支持勢力が弱体化してきていた上に、自身のがん治療により闘病生活を余儀なくされていた。

翁長知事が意識混濁に 肝臓にがんが転移、副知事が職務代理

沖縄県の謝花喜一郎副知事が8月8日午後、記者会見を開き、膵臓(すいぞう)がんの治療を受けている同県の翁長雄志知事の職務代理を置くと発表した。7日から翁長知事の意識が混濁し、意思決定が難しい状態になっているという。

翁長知事は4月に膵臓がんの手術を受け、5月15日に県内の病院を退院した。退院直後の記者会見では、ステージ2の膵臓がんとの診断を受けたと発表していた。7月27日には、普天間基地の名護市辺野古移設に関し、前知事による埋め立て承認の撤回に向けた手続きを進めると表明していた。

謝花副知事によると、翁長知事は7月30日に再入院した。肝臓へのがんの転移が見つかっており、肝機能や腎機能の障害により、今朝、意識混濁になったという。医師は「症状は厳しい」としていて、自発呼吸はしているものの、7日から意思決定が難しい状況になり、職務代理を置くことを決定した。

【ハフポスト 2018.8.8.】

翁長雄志知事が死去 67歳

膵臓がんで闘病中だった沖縄県の翁長雄志知事が8日午後、死去した。67歳。

【琉球新報 2018.8.8.】

そ、そんなっ…。
たった今、「翁長知事が亡くなった」っていうニュースが速報で流れてきたわ…!!

あまりにも急な出来事で、なんて言っていいのかわからないわ…っ。

本日夕方に「翁長知事が意識混濁状態に陥っている」とのニュースが報道されていたので、とっさに嫌な予感がしたんだけど…67歳とは、あまりにも早すぎる…。

近年の日本社会の中で、ここまで「権力の一極集中」が進み、安倍政権や軍産資本勢力の力がどんどん増しつつある中、地方自治体として「孤軍奮闘」と言っていいくらいに、「市民のための県政の実現」に尽力し続けた不屈の闘志は大きな称賛に値するし、それだけに安倍政権や政権支援のネオコン系カルト宗教団体からの嫌がらせも凄まじく、人知れずに相当に激しい心的ストレスを抱えていた可能性があるだろう。

心からご冥福をお祈りしたいと思うけど、これもまた「一つの時代」が終わったような感覚に襲われてしまうし、何とも寂しい気持ちになってしまうね…。

晩年は、その強大な圧力にやや押されてしまっているような感じもあったけど、ここまで身体がボロボロになってしまっていた中、この前の「慰霊の日」での印象的なスピーチ倒れる直前まで気丈に公務を続けていたこと、ずっと忘れないわ…。

私も、思わず色々なことを考えてしまうけど…最後までたくさん苦労された分、これからは天国でゆっくりと休んで欲しいと思うわ。

おススメ記事&広告

 
Pocket