【突っ込み殺到】政府分科会・尾身会長が「コロナ禍の食事作法」を発表!「箸右手、左手でマスク、ごくんと飲み込んで、またマスク」!→ネット「大丈夫?」「政治が学問に介入するとこうなる」

Pocket

どんなにゅーす?

新型コロナ感染拡大の第3波が襲来しつつある中、政府分科会の尾身会長が会見を行ない、現在の状況についての見解などとともに「コロナ禍の食事作法」を発表した。

・尾身会長は、「コロナ禍の食事作法」として、「箸右手、左手でマスク、ごくんと飲み込んでまたマスク」などとジェスチャーを交えて実演したものの、この様子に、「大丈夫?」「政治が学問に介入するとこうなる」などの冷ややかな声や突っ込みが殺到。その他の提言も、従来のものと比べて何の目新しいものもなく、日本が過去最大級の深刻なコロナ感染拡大に見舞われる危険が強まっている。

尾身氏「全国的増加、間違いない」 対策強化せねば「急速な拡大傾向の可能性高い」―政府分科会

政府の新型コロナウイルス対策分科会の尾身茂会長(地域医療機能推進機構理事長)が9日、緊急記者会見を開き、「現下の感染状況は一言で言えば、徐々に感染が全国的に見ても増加しているのは間違いない」と述べた。

~省略~

分科会が提言する「5つのアクション」

会見で、尾身会長は緊急提言として、「社会経済活動と感染対策を両立できるよう国民、自治体、国に求められる5つのアクションをまとめた」と発言。尾身会長が説明したアクションは以下の通り。

~省略~

【アクション2】:対話のある情報発信
「3密」の状況や「大声」が感染リスクを高めることは、ほとんどの人が知っている。最近では(1)感染が高まる5つの場面(2)感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫――などを発信してきたが、こうしたメッセージが人々の実際の行動変容、維持につながるほど十分に伝わっていない。人々の受け止め方を理解したうえで、政府には情報発信してもらいたい。

具体的な場面として、例えば会食の時も、マスクは食べるときだけ外し、会話に戻るたびに随時つけ直すといった工夫も一例として考えられる。

【アクション3】:店舗や職場などでの感染防止策の確実な実践
業種別ガイドラインの作成が現場でも進んできたが、相変わらず店舗・飲食店などでクラスターが起きている。都会だけでない。休憩所や喫煙所がどこにあり、どういうところで上記の「5つの場面」があるのか、など具体的なセッティングで考えてもらいたい。地元の商店街とも連携すべきであるほか、ガイドラインを変えていくのも当然。

【アクション4】:国際的な人の往来に伴う取り組みの強化
海外との交流が徐々に再開される中で、水際対策と地域での対策を連動していく必要がある。国内に入った後に保健所が行う健康監視で、多言語対応の必要がある。個別の保健所だけでは極めて困難。事務の増大などにつながり、保健所業務に支障をきたす。

~省略~

【Yahoo!ニュース(THE PAGE) 2020.11.9.】

“食べるときだけマスク外す”分科会提言の会食様式に疑問相次ぐ

~省略~

感染防止策として、今までより踏み込んだクラスター対策など“5つのアクション”を発表。その一つである「対話のある情報発信」の例として、尾身会長は会食中の感染対策について身振り手振りを交えながらこのように説明した。

「食べるときは左手で(マスクを)外して、食べる。その時は喋っていません。食べるときはしゃべらない。飲み込んだら、(マスクを再びつける仕草)」

「これだけにこだわる必要はない」としたうえで、神奈川県の黒岩祐治知事(66)も推奨している方法だと紹介した。

感染リスクを抑えながら、会食を楽しむ方法を紹介した尾身会長。しかし、SNS上ではこの会食スタイルが“問題の本質からズレている”と指摘する声が相次いだ。

《いちいち食べるときにマスク付けたり外したりするのは非現実的だって誰か尾身会長に言えよ…》
《尾身会長、神奈川県知事の会食時のマスク着用の提案のことを言ってたけど、そんなことをしてまで会食する意味が分からない…。(お箸を持つ手と反対の手で食べ物を口に入れる時以外はマスクをすぐに着用)》

~省略~

【Yahoo!ニュース(女性自身) 2020.11.11.】

安倍&菅政権に追従する学者たちの”知性劣化”が止まらず!学術界が「腐敗した政治」に次々取り込まれることで、日本国民の健康・生命も危機に!

出典:YouTube

政府分科会の尾身会長が発表した、「コロナ禍における会食の作法(箸右手、左手でマスク、ごくんと飲み込んで、またマスク)」に対して、「そもそも会食をしなければいいだけでは?」などの突っ込みの声が殺到しているわ!
てか、新しく発表した提言そのものが、素人が考えても簡単に分かりそうなこと(従来と何ら変わりない話)ばかりだし、絵に描いたようなあまりに無能な組織だわっ!!

そもそも、今のこの国の政府分科会そのものが、菅政権の(GoTo強行などの)「おざなりコロナ対策」にお墨付きを与えるために存在しているような組織だからね。
ていうか、安倍&菅政権が絶望的な反知性主義に満ちている中、こうした政権に学術界が全面的に追従していけば、学術界全体が”おバカそのもの”になってしまうし、菅政権自体が日本の学術界を完全に思い通りにコントロールしようとしている時点で、これに学術界全体が全力で抵抗しようとしない限り、日本の学者たちの本格的な知性劣化と科学の崩壊は避けられない

ていうか、そもそも、政治家の暴走や間違った判断を極力減らしていくために、日本学術会議などの「政府傘下の学術組織」が存在しているっていうのに、これらの学術組織を自分たちの思い通りに支配しようとしている時点で、これ以上ないまでの傲慢さ&恐ろしいまでの独裁(恐怖政治)思想だわっ!!

だからこそ、この日本学術会議をめぐる問題は、徹底的に批判し続けていかないとならないし、これを怠ってしまうと、いよいよ、政治家たちの間違った判断や暴走をただしたり食い止めるための手段がなくなってしまい、自然災害や原子力災害、ウイルス、戦争など、あらゆるアクシデントや人災によって日本国民が大量死するような事態と直結していくことになるんだ。
すっかり安倍&菅政権に飼い慣らされてしまった尾身会長のこうした姿を見てもよく分かるけど…)みたところ、日本の学術界のレベルは、「安倍&菅政権の独裁化」と「学術界における忖度の蔓延」によって目に見えるように落ちてきているし、政府機能や行政システムに加え、学術界までもが無能化・崩壊していくことで、日本の国家そのものが形骸化・消滅していく危機すら生じてきているといえそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事