元警視庁SP品田真男容疑者を逮捕!車内で痴漢容疑&逃走を制止した男性を突き落し、意識不明の重体に!重体男性の妻の悲痛なツイートに多くの励ましの声!

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年2月17日、都営地下鉄新宿線神保町駅で、電車内での痴漢行為が疑われて逃走、さらに、逃走を阻止しようとした20代男性を階段から突き落とし、頭蓋骨骨折の大ケガを負わせたとして、警察は、元警視庁SP品田真男容疑者(52)を現行犯逮捕した。

品田容疑者は、2007年に高市早苗内閣府特命担当大臣(当時)の警護を務めていた当時にも、電車内で女子大生の下半身を触ったとしてJR新小岩駅で現行犯逮捕されている上に、目撃者の男性を突き飛ばしてケガをさせていたという(その後、いずれの容疑も処分保留のまま釈放されたとのこと)。

・再び逮捕された品田容疑者は、警察の調べに対し「痴漢はしていない。(男性に)つかまれたので振りほどいただけ」などと容疑を否認しているという。

“痴漢”元警視庁SPを逮捕 追跡の男性重体…妻悲痛「涙が止まりません」

~省略~

今回の事件で逮捕されたのは、警視庁の元SP・品田真男容疑者(52)。

17日午前7時ごろ、出勤中の電車内で痴漢行為を疑われ、駅員の制止を振り切ってホームから逃走した。

その逃走中に、新たな事件が発生。

取り押さえようとした男性が階段から転落し、意識不明の重体に。

その男性の妻が、苦しい胸の内を明らかにした。

被害者男性の妻のツイッター「世の中いいことをしても報われないですね。涙が止まりません」

~省略~

警視庁のSPだった品田容疑者。

2007年に高市早苗大臣のSPを務めていた当時、痴漢行為で逮捕されていた。

電車内で女子大生の下半身を触り、JR新小岩駅で現行犯逮捕されている。

実はこの時も、痴漢行為を目撃した男性を突き飛ばしてけがをさせ、追送検された。

今回、同様の事件でまたしても逮捕された品田容疑者。

調べに対し、「痴漢はしていない。(男性に)つかまれたので振りほどいただけ」と話している。

一方、地下鉄車内で痴漢行為に遭ったとされる10代の女性は、一時行方がわからなくなっていたが、18日、警視庁に名乗り出た。

現在、くわしい話を聴いている。

~省略~

【FNN PRIME 2020.2.18.】

↓品田容疑者に突き落とされ、意識不明になった男性の妻のツイッターより。

被害者男性の妻からの「意識不明から回復した」との知らせに、安堵と喜びの声!一方、犯人に対する怒りの声も…

品田容疑者から階段から突き落とされ、意識不明の重体になっていた男性の意識が戻られたとのこと、本当に、本当に良かったです…!

それにしても、高市早苗氏のSPを務めていた頃にも、痴漢行為で逮捕されている上に、当時も目撃者の男性を突き飛ばしてケガをさせていたみたいだし、本当にとんでもない輩だね。
ネットでも指摘されているように、SPを務めていたということは、柔道や空手などの格闘技を通じて相当身体を鍛えていたことがうかがえるし、まさに、普段から自らの欲望の制御が全く効かない上に、その自慢の体力や筋肉を、社会に有害なことばかりに使ってしまっていたということだろう。

それにしても、被害男性の意識が戻ったのはひとまずは本当に良かったね。
まだ後遺症などの心配は残っているけど、その強い勇気と正義感に敬意を表するし、まだ多くの未来や将来を持っている20代の男性を一歩間違えれば死に追いやっていた、品田容疑者の行ないは決して許されるものではないだろう。

品田容疑者は、前回の痴漢逮捕の際に、停職1か月の処分を受けたのを機に警視庁を辞めたとのことだけど、どうも、日本政府内の人間による、あまりにも身勝手で反社会的な行動が目立っているように感じる。
辻元議員ではないけど「鯛は頭から腐る」というし、もう少し、各省庁や政治家の中において、まっとうな人間を形成させるためのきちんとした教育を行なっていかないとダメなんじゃないのかな。

そもそも、政府トップの人間たちが根本から腐ってしまっているので、もうどうしようもありませんよね…。
現在、品田容疑者は「痴漢はやっていない」「(男性に)つかまれたので振りほどいただけ」などと全ての容疑を否認していますが、痴漢被害を受けた女性が名乗り出たということですので、今後の状況を見守っていきたいと思います。

Pocket

 

 関連記事