【驚き】「日米安保見直し」、半年前から安倍総理も認識!?トランプ氏「彼も分かっているし異議を持ってないはずだ」→日本政府は必死に全面否定!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年6月29日、米トランプ大統領が大阪市内で会見「トランプ氏が日米安保破棄について言及した」との報道の波紋が広がっている中、改めて「日米安保の見直し」について言及した上で、「半年前から安倍総理に伝えていた」ことを明かし、各所で驚きの声が上がっている。

「彼(安倍総理)も分かっているし、異議を持っていないはずだ」と語ったトランプ氏に対して、日本政府は全面否定。安倍政権が必死に火消しに奔走しつつ、安倍総理とトランプ大統領の”蜜月”にも大きな亀裂が入る事態になっている。

「安倍首相は安保改定に異議ない」トランプ氏 日本全面否定 G20で

トランプ米大統領は29日、主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)が開催された大阪市で記者会見し、日米安全保障条約について「不公平な合意だ」と述べ、安倍晋三首相に「改定しなければならないと伝えた」と明らかにした。

トランプ氏は会見で、この問題に関する安倍首相の反応を問われ「半年間、彼にこの話をしてきた。彼も分かっているし(改定に)異議を持っていないはずだ」と述べた。伝えた時期は不明。

~省略~

【毎日新聞 2019.6.29.】

「安倍首相に見直し伝達」否定=安保条約めぐる米大統領発言-政府高官

日本政府高官は29日、日米安全保障条約見直しの必要性を安倍晋三首相に直接伝えたとするトランプ米大統領の説明について、事実関係を否定した。

~省略~

政府高官は、28日の日米首脳会談も含め、これまでトランプ氏から不満を伝えられたことはないと説明。「トランプ氏は条約内容を分かっておらず、米国は日本を守るのに、なぜ日本は米国を守らないのかという素朴な疑問を持っているようだ」と指摘した。首相はトランプ氏側によく説明するよう事務方に指示しているという。
野上浩太郎官房副長官は29日、記者団に対し、28日の日米首脳会談でトランプ氏から日米安保条約見直しに関する言及は「一切なかった」と説明。「日米政府間で、同条約の見直しの話は一切なく、米大統領府とも確認している」と語った。ただ、28日の会談以前に言及があったかは「首脳間のやりとりを明らかにすることは差し控えたい」と述べるにとどめた。

~省略~

【時事通信 2019.6.29.】

河野外相、同盟重視のボルトン氏に謝意

河野太郎外相は27日、米国のボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)と大阪市内で会談し、日米間の安保協力における同氏の貢献に謝意を伝えた。トランプ大統領が日米安保条約に基づく防衛義務は一方的だと不満を示したことを受け、日本政府高官と何度も同盟の重要性で一致しているボルトン氏との結束を改めて確認した。

両氏は停滞している米国と北朝鮮との非核化交渉の現状を踏まえ、日本人拉致問題や核・ミサイル問題の解決に向けた今後の方針を擦り合わせ、引き続き連携することも申し合わせた。

~省略~

【日経新聞 2019.6.29.】

どこまでもトランプ一派に舐められ、引っかき回される惨めな”奴隷政府”!最後は自衛隊が米軍の傭兵と化し、戦争に巻き込まれるシナリオか!?

↓この1枚の写真が、安倍政権とトランプ一派との関係性を全て物語っている?

出典:Twitter(@koichi_kawakami)

G20を迎えて、(政府からの命令を受けた)日本のマスコミが必死に「トランプ大統領から日米安保についての言及は一切無かった」って情報を流していたけど、実にあっさりとトランプさんにこれを覆されちゃったわ。
しかも、「半年前から安倍総理に伝えていた」上に「彼も理解を示している」なんてことまで言っちゃってるけど、これが事実であれば、いよいよとんでもない話になってくるわね。

ああ。これが事実であれば、日本の歴史に刻み込まれるような世紀の”密談”ということになるだろう。
それに、日本政府がこれを全面否定していることで、トランプ氏と日本政府との間で、真っ向から対立する事態になってきたし、どちらかがウソを言っているということになるね。

いずれにしても、こんなとんでもない”密談”を一方的にベラベラとばらしているトランプ氏は、安倍総理のことを心の底からバカにしきっているのは間違いないし、さらにお笑いなのは、トランプの側近のボルトンに対して、「どうか日米安保を破棄しないでください~!」と言わんばかりに必死に泣きついている日本政府の姿だ。

かつて、こんなみっともない姿を世界にさらした国があったかしら?
もう、末期的なくらいの”真性奴隷国家”の醜態ね。

言うまでもなく、野党は閉会中審査を通じて、この世紀の”密談”疑惑について、安倍総理に徹底的に問い質していく必要があるし、日本にとっては、この先非常にヤバイ事態に突入していく危険性が出てきた。

現在の日米同盟を維持するためには、史上最凶レベルの売国協定を結ばないといけないような事態になってきたし、仮に日米同盟を見直し(または破棄)していくことになったとしても、(米・イスラエルの戦争屋資本の傀儡である)安倍政権が続く限り、結構怖い方向に向かっていってしまう恐れがあるわ。

ああ。
トランプが主張しているような内容で「日米安保の見直し」を行なった場合、いよいよ米軍の(使い捨ての)傭兵として、日本の自衛隊が中東の戦争などに本格的に動員される危険性があるし、米・イスラエルの戦争屋資本の利益のために、(安倍総理の宿願である)”憲法改悪”を通じて、日本の国家が本格的な戦争に巻き込まれていく事態も考えられる。

どちらにしても、ネオコン戦争屋の傀儡である安倍一派をどうにか駆逐しない限り、日本はどちらに転んでも「とんでもない事態」に向かっていってしまいそうだし、何としても次の参院選で安倍政権を敗北に導いていかないといけないね。

こうなってくると、ますます現行憲法を守っていくことの大切さを感じるし、ここまできな臭くなってきた状況の中で、憲法を安易にいじってしまうのは危険だわ。
どちらにしても、ここまでとんでもない扱いを受けているにもかかわらず、トランプさんに対して抗議も反論も行なおうとしない安倍総理は「史上最悪の売国総理」ですし、当然のごとく、国民自身が一斉に怒っていかないといけない事態だわ。

野党は当然のごとく、この問題を大きく争点化させていく必要があるし、相変わらず大手マスコミが本質的な報道に消極的な中で、国民自身がこの状況をきちんと把握した上で、みんなで真剣に「この国の未来」を考えていかないといけないような、「非常に重要な局面」に差し掛かってきているといえそうだ。

Pocket

 

おススメ記事&広告