【ついに出た】トランプ大統領が「日米安保条約破棄」に言及!日本政府は火消しに奔走!菅長官「米政府の立場と相いれないものであるとの確認を得ている」

Pocket

どんなにゅーす?

トランプ大統領が、一部の側近に対し「日米の安全保障条約を破棄する考えがある」のを漏らしていたことを米メディアが報道。日本メディアもこれを報じ、日本政府が火消しに追われる事態になっている。

・菅官房長官は「報道にあるような日米安保見直しといった話は全くない」としつつ「米大統領府からも米政府の立場と相いれないものであるとの確認を得ている」とコメント。「日米安保体制は同盟関係の中核を成すものだ」と強調した。

・日本のマスコミは、「安倍総理とトランプ大統領との蜜月関係」をしきりに国民に刷り込んできたものの、ついに、両者の関係に決定的な亀裂が入るような事態になっている。

トランプ大統領、日米安保破棄の考え側近に漏らしていた-関係者

トランプ米大統領が最近、日本との安全保障条約を破棄する可能性についての考えを側近に漏らしていたことが分かった。事情に詳しい関係者3人が明らかにした。トランプ大統領は日米安保条約が米国にとって不公平だと考えている。

関係者によれば、トランプ氏は同条約について、日本が攻撃されれば米国が援助することを約束しているが、米国が攻撃された場合に日本の自衛隊が支援することは義務付けられていないことから、あまりにも一方的だと感じている。旧条約から数えて60年余り前に調印された安保条約は、第二次世界大戦後の日米同盟の基盤となっている。

大統領は条約破棄に向けて実際に措置を取ったわけではなく、政権当局者らもそのような動きは極めてありそうもないことだと話している。トランプ氏の個人的な会話の内容だとして関係者らはいずれも匿名を条件に語った。

~省略~

菅義偉官房長官は25日午後の会見で、「報道にあるような日米安保見直しといった話は全くない。米大統領府からも米政府の立場と相いれないものであるとの確認を得ている」と語った。その上で、「日米同盟はわが国の外交安全保障の基軸」であり、「日米安保体制は同盟関係の中核を成すものだ」と指摘した。

関係者によれば、トランプ大統領は沖縄の米軍基地を移転させる日本の取り組みについて、土地の収奪だと考えており、米軍移転について金銭的補償を求める考えにも言及したという。また、トランプ氏が日米条約に注目したことは、世界の他の国々との条約においても米国の義務を見直そうという広範な検討の端緒である可能性もあると関係者2人が述べている。

~省略~

【Bloomberg 2019.6.25.】

「タンカーは自国で防衛を」 トランプ氏、日中に要求

【ワシントン=永沢毅、ドバイ=岐部秀光】米国は24日、イランへの大規模な追加制裁を発表した。トランプ大統領は同日、ツイッターで「米国のイランへの要求は非常に単純だ。核兵器を持たず、テロをこれ以上支援しないことだ」と訴えた。圧力を強めて交渉のテーブルに着くよう迫る方針だが、イラン側はトランプ氏による先の攻撃撤回を受けて対決姿勢を一段と鮮明にしている。

一方、トランプ氏はツイッターへの投稿で「(ホルムズ)海峡から中国は原油の91%、日本は62%、他の多くの国も同じように輸入している」と指摘した。「なぜ米国が他国のために無報酬で航路を守っているのか。こうした国々がいつも危険な旅をしている自国の船舶を守るべきだ」と不満を漏らした。「米国は世界最大のエネルギー生産国になった。そこにいる必要すらない」と米軍展開に消極姿勢を示した。

~省略~

【日経新聞 2019.6.24.】

トランプ氏がついに「日米安保破棄」を口に!日本マスコミが主導してきた「安倍&トランプの蜜月」のペテン世論誘導が完全崩壊!

↓これまでも、「安倍イジメ」を執拗に繰り返してきていたトランプ氏がついに「本気モード」に!?

出典:Twitter(@koichi_kawakami)

これまでも、トランプさんの「米軍覇権撤退政策」について興味深くウォッチしてきたけど、ついに「日米安保破棄」の強烈な言葉が出てきたわね。
これは、日本にウジャウジャいる日米安保マフィアの人たちからみれば、「大嵐の到来」という感じでしょうね。

当サイトでは、トランプ一派の米政府の政策をウォッチしながら、以前より「在韓・在日米軍の撤退の流れ」を予測してきたけど、ついに、トランプ氏の口から非常に重要なキーワードが飛び出してきたね。

現在、米国とイランが非常に危ない状況に陥っているけど、この軍事緊張の勃発によって、日本政府は非常に苦しい立場を強いられている。
トランプ一派が「タンカー襲撃はイランの仕業」と喧伝していることに対して、日本政府はどうしてもこれに同調できない状況で(同調すると、日本とイランの関係が完全に破綻し、日本にとっても非常に危険な事態に陥るために、両国の仲裁に回らざるを得ない状況)、結果的にトランプ氏と距離を置かざるを得ない状況になっている。

そして、日本国内では、「あれだけトランプさんを至れり尽くせりで歓待して媚びを売りまくったのに、この仕打ちは一体何なんだ!」との声が噴出していくことになるし、これでもトランプさんに隷属し続ける安倍総理に対して、怒りの声が次々上がってくることが予測されるわ。
こうしてみても、安倍総理にとっても、トランプさんから「巣立ち」をしていかざるを得ないような状況に追い込まれてきているわね。

米国とイランとの軍事緊張に対して、米側に同調していない日本政府の姿勢は評価できるものだと思うけど、これを機に安倍総理もトランプから「巣立ち」をしていくべきだ。
このままトランプ一派に隷属し続ける限り、この先トランプ一派に日本の「ありとあらゆるもの」を搾取され、むしり取るものが何も無くなった挙げ句に日本を切り捨てていくだろうし、ここまでのトランプ政権の動向を見る限り、「米軍覇権撤退政策」の一環で、日本からも米軍を撤退させる構想を持っているのは明らかだろう。

そして、米とイランが一触即発になっている中で、トランプが旧来のネオコン戦争屋に取り込まれる寸前のようにも見えるけど、その一方で、今回の動きを見る限り、これまでの「トランプ路線」も依然継続しているように見える。
現在のところは、菅長官がどうにか必死に取り繕っているけど、トランプ氏のこの言葉はかなり強烈だし、どちらにしても、これを機に日米関係が大きく変わっていくことになるかもしれないね。

(トランプ氏のこのかつてなかったほどの「重大発言」に対し、ネット上の安倍シンパが奇妙なくらいに静まりかえっているのも面白いし、これを歓迎しない時点で、保守とは最もかけ離れた「真性の隷米集団(日米安保マフィア)」ということになるだろう。)

ほんと、安倍シンパの正体も丸分かりになっているけど、こうした、日本に大量に生み出されてしまった日米安保マフィアの一派がどこまでしつこく抵抗し続けるか…といったところね。
この強烈にこびりついた「汚れ」はそう簡単に落とせそうもないですし、今後も、トランプ一派(米覇権撤退派)と旧来のネオコン戦争屋(米覇権拡大派)の暗闘について、大きく注目していくことにするわ。

Pocket