【やりたい放題】菅政権、最高裁にも中曽根元総理への弔意表明を要請!すでに裁判所も菅政権の傀儡に!?「三権分立崩壊」を危惧する声相次ぐ!

Pocket

どんなにゅーす?

・中曽根元総理の合同葬に伴い菅政権が国立大などに弔意の表明を求めたことに批判が殺到している中、菅政権が最高裁にも弔旗の掲揚や黙祷による弔意を表明するように要請していたことが判明した。

・内閣府からの要請を受け、最高裁は高裁・地裁・家裁にこの件を通知菅政権が異様なまでに中曽根氏を崇拝しては、教育機関のみならず、三権分立を無視して強権的に裁判所にまで弔意を求めていることに、国民から強い危機感を唱える声が上がっている。

弔意表明を最高裁に依頼、内閣府
中曽根元首相の合同葬

内閣と自民党による故中曽根康弘元首相の17日の合同葬に合わせ、内閣府が最高裁に、弔旗の掲揚や黙とうによる弔意表明の協力を依頼していたことが15日、分かった。

~省略~

政府は2日、合同葬当日に各府省が弔旗を掲揚するとともに、午後2時10分に黙とうすることを閣議了解。内閣府は協力を依頼する事務次官名の文書を2日付で最高裁宛てに出した。最高裁は8日付で各地の高裁、地裁、家裁などに「内閣府事務次官から別添のとおり協力の依頼がありました」との文書を送った。

【共同通信 2020.10.15.】

「グローバリズムの基礎を作り上げた」中曽根氏を日本政府が異常なまでに神格視!自民党はもとより裁判所もジャパンハンドラーの傀儡組織である実態が明らかに!

出典:NHK NEWS WEB

一体どうなってるのよこれはぁ~!!
それにしても、最高裁も最高裁だわっ!
三権分立制度によって、菅政権の干渉や介入を受けてはいけない立場にあるはずなのに、なんで菅政権の横暴すぎる要請にされるがままに従ってしまってるのよっ!?

つまりは、グローバル資本勢力(ジャパンハンドラー)に忠誠を誓って日本の売国に勤しんだ「悪徳政治屋」は、この国では、行政から司法まで、全ての権力組織の上に立つ「超権力的&神のような存在」であるってことだね。
(それだけ、中曽根氏とは、グローバル資本勢力から厚い信頼を受けていた人物であり、”彼ら”にとって非常に重要な人物であるということだ。)

こうした構図は、ボク自身が一貫して指摘してきたことだけど、今回の一件は、「そうした側面」がより鮮明に浮かび上がったとともに、菅政権が既存の民主主義制度を本気で破壊しようとしている動きとも無関係ではないだろう。
つまり、学術会議の人事介入問題とも密接に繋がっているということだし、どちらも、グローバル資本勢力の意向を充実にくみ取った動きであるとも言える。

いよいよ、私たちの国の民主主義制度が完全なまでに終わってしまう兆候がますますはっきりと表に出てきたってことね…。

今の日本の民主主義制度そのものも、グローバル支配層が(民衆を穏便に飼い慣らすために)終戦後にボクたちにあてがってきたものだけど、国民が「従順な奴隷」としてかなり仕上がってきたのを見て、「次なる支配プロセス」に入ってきたってことだ。
グローバル支配層の忠実な傀儡政権である菅政権がどんどん民主主義制度を破壊してきている以上、このままでは、ボクたち国民はいよいよこれに抵抗するための”術”を奪われてしまうし、一刻も早くに、菅政権の暴走と法治国家破壊の動きを止めなければならない

ネット上では、この事態を危惧する多くの声が上がっているけど、少なくとも60%以上の国民がこうした意識を持たなければならないし、少なくとも菅政権の支持率が30%以下にならない限り、この動きを止めるのはなかなか難しいだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事