ドクターストップでハンストを終えた元山仁士郎さんにネットで嘲笑・軽蔑の声!菅長官も「その人に聞いて」と質問を放りだす!(辺野古県民投票)

Pocket

どんなにゅーす?

・米軍辺野古新基地建設の是非を問う県民投票不参加を表明している5市長に抗議するため、宜野湾市役所前でハンガーストライキ(ハンスト)を続けていた、「辺野古」県民投票の会の元山仁士郎代表(27)にドクターストップがかかり、5日目(105時間)でハンストを終えた

・元山さんは、2日前から血圧が急激に上がっており、このまま続けると危険な状態になる可能性があると医師から指摘されたとのこと。本人は続行の意思を示していたが、支援のメンバーとの協議の末、中止を決めたという。

・ネットでは、元山さんの行動を讃える人が相次いでいる一方で、「だらしない」「かっこ悪い」「死ぬ気でやれよ」などと嘲笑・軽蔑する声も続出菅官房長官も、この件について問われた際に「その人に聞いてください」と冷淡に突き放しておりこの国の社会の歪んだ現状が露呈している。

「県民投票の会」元山氏のハンスト、ドクターストップ 105時間で終了

沖縄県名護市辺野古の新基地建設の賛否を問う県民投票に不参加を決めている5市に投票実施を求め、「辺野古」県民投票の会の元山仁士郎代表(27)が宜野湾市役所前で続けていたハンガーストライキが5日目の19日午後5時、ドクターストップで終了した。15日午前8時から始まった元山代表のハンストは105時間に及んだ。

19日午後4時半の医師の診断があり、2日前より血圧が急激に下がり、このまま続けると危険な状態になる可能性があるとし、中止を求められた。元山さんは続行の意思を示したが、サポートメンバーとの協議の末、終了が決まった。

元山さんは記者団に「5市長が参加表明しない悔しさはすごくある。一方で県議会の水面下の動きがあるとのことで期待して、自分のハンガーストライキという抗議は終えたいと思う」と発表した。その後、メンバーに肩を担がれて車に乗り、病院へ向かった。

ハンスト現場で募った署名は、サポートメンバーが20日まで続ける。

【沖縄タイムス 2019.1.19.】

菅官房長官「その方に聞いて」 元山さんハンガーストライキに

【東京】菅義偉官房長官が18日午前の定例会見で、県民投票の全県実施を求める「辺野古」県民投票の会の元山仁士郎代表が宜野湾市役所前でハンガーストライキを続けていることについて見解を問われ「その方に聞いてください」と述べる一幕があった。

これに対し元山氏はツイッターで「いまの日本政府、政権というのはどれだけ冷酷なのか。選んだ方々もどう思うんだろう。でーじ悔しい」といら立ちをにじませた。

菅長官は午後の会見でも見解を問われ「県民投票は沖縄でやっていますから、そこじゃないでしょうか」と話し、政府の受け止めを述べることを避けた。

【琉球新報 2019.1.19.】

ドクターストップでハンストを終えた元山さんに対し、「だせぇ」「死ぬ気でやれよ」「おざなりハンスト」などと中傷しバカにする声が続出!日本に蔓延する「破滅願望」と「真性奴隷洗脳」

↓菅長官も、身体を張った国民からの抗議運動に対し、冷笑し、突き放す。

出典:Twitter(@kimuratomo)

辺野古基地建設の是非を問う県民投票辞退を表明している5市長に抗議するためにハンストを続けていた元山仁士郎さんがドクターストップによってハンストを終了させましたが、ネット上では、そんな彼を嘲笑したり、軽蔑するような声が相次いでいます
菅官房長官も、この件について見解を問われた際、(薄ら笑いを浮かべながら)「その人に聞いてください」と質問を放りだしたことに批判の声が上がっていますが、いかにこの国において、歪んだ価値観や権力に追従する「奴隷思想」が蔓延しているのかをよく表わす事態になっていますね。

「力の弱いものが腐敗した権力組織に立ち向かう」といった姿勢そのものを「尊い行為」として誰もが認めるような、いわゆる「民度の高い国」であれば、「お疲れさま」「よく頑張った」という称賛の声こそあれど、こうした嘲笑や中傷の声などほとんど出てこないはずだけどね。
それだけ、この国において「強いものに何も考えずに付き従う」「弱いものいじめを是認する」という卑しく歪んだ価値観が横行していることをよく示しているし、元山さんを中傷している人々は、「自分たちの首も激しく絞めるようなことをしている」ということに気がついているのかな

自分たち(一般国民)から激しく搾取し、徹底的に国民を貧しくさせている安倍政権を賛美する一方で、出来る限りの方法で安倍政権に抗議の意思を示している一般市民を叩いている時点で、「真性奴隷思想」「自殺・破滅願望」に支配されているとしか言いようがないし、こうした思想を日本社会にばらまいている”大元”が、(欧米グローバル資本と結びついている長州テロリスト一族の)安倍一派と直結した、(統一教会幸福の科学キリストの幕屋、生長の家原理主義などの)数々のカルト宗教勢力だ。

これらの勢力は、日本をグローバル資本にどんどん切り売りし続けている安倍政権に抵抗する人々を、様々な欺瞞やミスリードを用いて徹底的に潰そうとしてくるし、国民側が高い能力と行動力を持ち、グローバリズムに強く抵抗する行動に向かわないように、日本国民を「愚民化」「無力化」させようと日々「洗脳活動」を行なっている

これらの連中は、こうした対立の構図を「右翼」「左翼」やら「愛国」「反日」やらにカテゴライズして、グローバリズムを邪魔する人々を「左翼」「反日」などと見立てて攻撃してくるけど、こうした(使い古された)ペテンの手口に引っかかってはならない
日本国民の富を徹底的にグローバル資本勢力に移転させ、「1%の富裕層と99%の貧困層(奴隷)」の世界を後押しさせる行為こそ、「左翼」「反日」の行為であり、グローバリストの傀儡政権である安倍政権に強く反対することこそが、本来の「愛国」「保守」「右翼」であるということだ。

そして、「腐敗した巨大な組織に一人立ち向かい、毅然とした意思表示をする行為」は、健全な価値観が根付いている人間社会であれば、思想の云々を問わずに「こうした考え方そのもの」を容認し、讃えるものだし、実際のところ、こうしたいびつな価値観が蔓延している日本社会の中でたった一人でここまで意を決して100時間以上もハンストを行なうことなど、普通ではなかなか出来るものではないだろう。

おおよそ、どこの国のどんな文化でも、「弱いものいじめは人として卑怯」「弱いものが強いものに立ち向かうのは勇気の要る尊い行為」とする考え方は共通しているだろうし、そうした考え方が当たり前のように浸透している社会こそが、全ての日本国民にとって真に幸せな「余裕と優しさのある社会」であるということを認識したいものだ。

特に、沖縄の内部では、安倍一派と懇親なカルト教団がかなり激しくうごめいているみたいですし、これらも、米・イスラエル(軍産資本勢力)の内部に存在する秘密宗教結社とも無関係ではないものと思われます。
こうした、ごく当たり前の民主主義の考えを破壊し、人々に奴隷思想を植え付けようとする動きが激しいことそのものが、日本の内部に激しいグローバリズムが入り込んできていることを示しているるかと思いますし、「民衆の愚民化(脳や倫理感の劣化・破壊)」と「グローバリズム」というのは、非常に密接な関係があることを改めて認識していくことが大事ですね。

Pocket

 

 関連記事