【鬼畜政権】赤木さんが手記に遺した「刑事罰、懲戒処分を受けるべき者」ほぼ全員が”出世街道”を爆走!国民の血税を投じて改ざんのキーマンを「口封じ」&「海外逃亡」させたケースも!

Pocket

どんなにゅーす?

・「森友文書改ざん事件」で自殺に追い込まれた、近畿財務局職員・赤木俊夫さんが遺した手記の中で「刑事罰、懲戒処分を受けるべき者」として綴られていた財務省関係者について、ほぼ全員が「出世街道」を爆走していたことが判明した。

・また、全員が財務本省を離れ、改ざん当初の所属先とはほぼ関係のない部署に移っている上に、「森友国有地不正売却事件」のキーマンである元昭恵夫人付の谷査恵子氏と同じように「海外に高飛び」しているケースもあったことが判明。安倍官邸が、改ざんのキーマンらに対し巨額の国民の税金を投じて「口封じ」をしつつ、国会での追及を受けないように「工作」を施した疑いも生じている。

森友問題で自殺職員が名指し 財務官僚「全員栄転」の仰天

~省略~

森友問題を巡り公文書改ざんを強要され、自殺に追い込まれた財務省職員、赤木俊夫さん(享年54)が残した「手記」が永田町を揺るがしている。特に火がつきそうなのは、赤木さんが名指しで批判した財務官僚が、シレッと「栄転」を果たしていることだ。

赤木さんが「刑事罰、懲戒処分を受けるべき者」と記したのは、佐川宣寿元国税庁長官(62)以下、財務省本省所属だった6官僚。いずれも、2017年2月以降、赤木さんが所属していた近畿財務局に改ざんを指示した人物だが、6人中5人の栄転が確認できた。

さらに当初、改ざんを拒否していた近財内部に対し「全責任を負う」と言ってゴーサインを出したとされる美並義人近財局長(59)には、東京国税局長と“花道”ポストが用意された。全員、公文書改ざん問題を受け18年6月に懲戒処分されたにもかかわらず、出世街道を爆走しているのだから驚くしかない(別表)。

■官邸の「口封じ人事」

さらに不自然なのは、全員が本省を離れ、改ざん当初の所属先とはほぼ関係のない部署に移っていること。理財局総務課長だった中村稔氏(53)に至っては駐英公使と、財務省とは全く無関係なポストに就いた。

国会招致逃れのため、経産省から在イタリア大使館の1等書記官となった元昭恵夫人付職員の谷査恵子氏のケースが思い浮かぶ。「内閣人事局」を通じて省庁の幹部人事を握る安倍官邸が、再び招致逃れのため、“キーマン”を本省から切り離した可能性も考えられる。

~省略~

【日刊ゲンダイ 2020.3.23.】

「改ざん二度とあってはならない」とかたりつつ、安倍総理自身が改ざんのキーマンを「徹底厚遇」&国民の巨額の血税を投じて手厚く「口封じ」!

出典:MBS

出典:YouTube

表向きには、森友文書改ざん事件に関わった官僚が「懲戒処分」を受けたけど、どうやらこれは、単なる「国民騙し」のパフォーマンスだったみたいね!
実際には、ほとんど全員が「出世街道」を爆走していた上に、わざわざ海外に飛ばして国会招致をやりづらくさせる「逃亡工作」までやっていた疑惑まで浮上している始末じゃないのよっ!!

部長級以上の役職については、内閣人事局による承認が必要になるとのことなので、つまりは、改ざんのキーマン全員が「安倍官邸」の意向によって栄転したということになるね。

まったく、赤木さんの手記が発表されて以降、安倍総理は「改ざんは二度とあってはならない」などと何度も言っているくせして、なんと、安倍総理自身が改ざんにかかわったキーマンを「徹底厚遇」していたってことではないか。
つまり、安倍総理の「大ウソ発言」のつじつま合わせのために、「犯罪行為」をもって尻拭いしてくれた官僚に最上級の「ご褒美」を与えつつ、国民の巨額の血税を投じて「口封じ」をし、この「森友事件」という、前代未聞の国家ぐるみの巨大疑獄そのものを闇に完全に葬り去る「裏工作」を施していたってことだね。

国民が全く知らない中で、巨額の血税が国家犯罪の隠滅工作に使われていた(安倍総理を守るための犯罪行為に手を染めた官僚の「口封じ」に投じられていた)だけでなく、これに強く抵抗していた政府職員が死に追い込まれてしまったというのは、まさに前代未聞の事態だ。
国民の血税がここまでの「反社会的な用途」に投じられていたという事実そのものが「国家の危機」そのものだけど、(表面的には民主的な選挙制度があるにもかかわらず)ここまでの「凶悪犯罪政権」を長年にわたって放置してきた時点で、日本国民自身にも重大な責任があると言わざるを得ない。
まあ「究極の自己責任」と言えばいいのか、このままでは、日本国民自身が破滅してしまうのが確実な情勢かと思うけど、いやはや、色々な意味で、まさしく背筋が凍るような「戦慄の実情」が浮かび上がってきているね。

もぉ…何もかもめちゃくちゃだわ。
一体どこまで、この国は堕落していけば気が済むのよぉ…!?

全ては、グローバリストによる「計画通り」だし、こうした”プロセス”を通じて、ボクたちの日本が、そう遠くない未来に完全に終わるということだ。
この「流れ」を変えるには、国民自身が「覚醒」し、本気で立ち上がっていくしか方法がないし、まずは、「日本のフリ」をした「巨大な凶悪犯罪集団」がボクたちの日本を不当に乗っ取ってしまっている事実について、よく認識するのがいいのではないかな?

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 

 関連記事