【危険児】丸山穂高議員がまたも!「竹島も戦争で取り返すしかないのでは」→有識者からも批判殺到も、その後も野党議員や国民に噛みつきまくり!

Pocket

どんなにゅーす?

北方領土問題について「戦争で取り返すしかないのでは」などと発言し、維新を除名された上に衆院で糾弾決議を受けたものの議員辞職を拒否、その後N国党に入党した丸山穂高議員が、再び「戦争肯定発言」を繰り出し、批判の声が殺到している。

・丸山氏は、韓国の議員が竹島に上陸したことについて、「竹島も本当に交渉で返ってくるんですかね? 戦争で取り返すしかないんじゃないですか?」とツイート有識者からも批判の声が相次いでおり、日本の国会議員の質の低劣化がますます露わになっている。

丸山穂高議員「竹島も戦争で取り返すしか…」SNS投稿

韓国の与野党議員が、日韓が領有権を争う島根県の竹島(韓国名・独島)に上陸したことについて、丸山穂高衆院議員が31日、自らのツイッターに「竹島も本当に交渉で返ってくるんですかね? 戦争で取り返すしかないんじゃないですか?」と投稿した。

丸山氏は5月、北方領土返還の手段に関連して「戦争」に言及。日本維新の会は丸山氏を除名し、衆院は実質的に議員辞職を促す「糾弾決議」を全会一致で可決したが、丸山氏は議員辞職を拒否。NHKから国民を守る党に入党した。

~省略~

【朝日新聞 2019.9.1.】

↓丸山穂高議員の問題のツイート。

↓その後、他野党議員に加えて、元2ちゃんねる管理人・ひろゆき氏と国会議員とは思えないやり取りを披露。

丸山穂高氏がまたも「戦争発言」を炸裂!ネット上では丸山氏の”病気”を心配する声も…

出典:Twitter(@maruyamahodaka)

あの丸山穂高議員がまたしても「戦争」発言を繰り出し、一般国民だけでなく、有識者の方々からも批判の声が殺到しています。
しかも、多くの野党議員からの批判に対しても、皮肉や冷笑を全開にして反論している上に、元2ちゃんねる管理人のひろゆき氏ら、有名人や一般人のツイートに対しても国会議員とは思えないようなやり取りを繰り返しています。

当初の丸山議員の「戦争発言」に対して厳しく諫めた元北方領土の島民の人々も、今回の再度の「戦争発言」に、さぞかし深い悲しみとショックを受けていることだろう

なんだか、半分面白がって戦争発言を繰り出しているように見えるし、ひろゆき氏やその他一般人とのやりとりを見ても、明らかに健康な精神状態ではないだろう。
当サイトでは、「戦争発言」の以前から、この議員が精神的な問題を抱えていることを疑ってきたけど、どうやら、元々の”症状”がますます悪化してきてしまったみたいだ。
少なくとも、国民の生命と財産を預かる国会議員である以上、(身体の健康以上に)精神的な健全性が強く求められるし、ここまで精神的に病んでしまっている人物に国の政治を任せることは非常に危険だ。

なんだか、(丸山氏以外にも)精神的に病んでしまっている人々がネット界の中で大きな声を上げながら言論空間を占拠してしまっているように見えるし、健全性も理性も失ってしまっている人間の悪影響を多くの国民が受けていけば、社会に待っているのは「大規模な争乱や破綻」だ。

今回の韓国の議員の動きを見ても、明らかに、1%の支配層(戦争資本勢力)が、日韓の衝突を極限まで激化させていくべく、「かなり強い力」を掛けてきている様子が見て取れるし、このまま「この流れ」を放置しながら、感情の赴くままに国家間の衝突をエスカレートさせていけば、日本は(国家レベルでも国民レベルでも)相当に大きな損失を被ることになるだろう。

ちなみに、(以前にも紹介したけど)日韓の竹島問題も日本の敗戦当時に米・イスラエルのグローバル資本勢力が暗躍し、日韓の意見の相違や衝突が起こるように、わざと事態を複雑化させた内情がある。
こうした裏側を知っておくことが必要だし、”連中”の思惑通りに感情に身を任せて「日韓の衝突」に加担してしまうと、何よりも国民自身が大きな損害を被ってしまうよ。

このまま丸山氏を放置してしまうと、国会議員の間ですらも戦争を肯定的に発言することが当たり前になってしまう危険がありますし、少なくとも、日本の国会は、丸山氏に対して前回よりもより強い処分を下す必要があるでしょう。
そして、ますます過激化の一途を辿っている、わざとマナーやモラルを逸脱した反社会的な発言や行動を起こして話題性を喚起していく手法(いわゆる炎上商法)について、これまで以上に強く問題視していくことが必要なのではないでしょうか。

Pocket

 

 関連記事