【酷い】静岡・沼津市の「ラブライブ!」マンホールが白い塗料で汚される被害!先日にも深い傷を付けられる!市は9種類全てを回収へ!

Pocket

どんなにゅーす?

・静岡県・沼津市が設置した人気アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」のキャラクターが描かれたマンホールが、何者かによるいたずらの被害に立て続けに遭い、市が回収を余儀なくされる事態になっている。

・沼津市は、地元が舞台になった同アニメとのコラボ企画において、9人のキャラクターを描いたマンホールを「町おこし」の一環として2018年5月18日に設置。ところが、27日に2つのマンホール(渡辺曜・高海千歌)から故意に付けたとみられる深い傷が見つかり、警察に被害届を提出。

・さらに、6月6日には3つのマンホール(黒澤ダイヤ・渡辺曜・津島善子)が白い塗料のようなものが吹き付けられる被害が発生。やむなく市が9種類全ての回収を決め、ファンだけでなく、関係者からも怒りと悲痛の声が上がっている。

沼津市の「ラブライブ!」マンホール、汚損被害が相次ぎ回収。担当者の悲痛な声

静岡県沼津市内に設置されたアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」のキャラクターが描かれたマンホールに対して、塗料のようなものが吹き付けられるなどの被害が発生した。設置元の沼津市は6月6日、マンホールを一時回収すると発表した。

沼津市水道部水道総務課によると、被害に遭ったのは「黒澤ダイヤ」「渡辺曜」「津島善子」が描かれたマンホール。すでに市はマンホールは回収し、メーカーとともに被害状況を確認している。

同課の担当者はハフポスト日本版の取材に「こうしたことが起こるのは、非常に残念です…」と沈痛な声で語った。現在、再設置の時期は未定だという。

被害を受けたマンホールは、町おこし企画「沼津市×ラブライブ!サンシャイン!!ヌマヅノタカラプロジェクト」で制作されたもの。沼津市内にキャラクターを描いたマンホールを9つを設置し、市内の街めぐりなど観光資源として活かす試みだった。

設置資金はクラウドファンディングで募り、3384万円あまりを調達。マンホール会社の老舗「長島鋳物」が制作した。

マンホールは5月18日に設置されたが、5月27日に故意に傷つけられたと思われる事案が発覚。さらに6月5日、3つのマンホールに塗料のようなものが吹き付けられる被害も発生。沼津市が被害届を提出。回収を決めた。

小澤隆・沼津市議は6月6日、被害に遭ったマンホールの様子をTwitter上で報告。「もうね・・・己の命の使い方考えろよ・・・。あんたは自分の命削ってマンホールにスプレーかけるのか」と憤りの声をあげた。

~省略~

■「ラブライブ!サンシャイン!!」とは

「ラブライブ!サンシャイン!!」は、静岡県沼津市を舞台にした人気アニメ。2015年2月にスタートした「ラブライブ!」の新プロジェクトとして始まった。高校生のスクールアイドル「Aqours(アクア)」が、統廃合の危機に瀕した母校「私立浦の星女学院」を盛り上げるべく奮闘する物語だ。

アニメの人気を受けて沼津市には「聖地巡礼」のファンが訪れ、沼津市も連携して街おこしに注力。「Aqours」の声優9人をPR大使に任命するなど、ファンを巻き込んだイベントで盛り上がりを見せている。

【ハフポスト 2018.6.6.】

名付けて、ヌマヅノタカラプロジェクト。沼津市に新しい観光スポットを! Proud NUMAZU x ラブライブ!サンシャイン!!

ソニー企業株式会社「舞台めぐり」は沼津市全面協力のもと、新たな観光資源を創出することにより、市内の回遊性の向上を図る「沼津市×ラブライブ!サンシャイン!!ヌマヅノタカラプロジェクト」を実施します。

皆さまの支援のもと、『ラブライブ!サンシャイン!!』のオリジナルデザインマンホールを制作、沼津市の各地に設置します。また、展開中の舞台めぐりアプリでは、このポイントで出現するARが登場!マンホールを設置した場所を新しい観光スポットにするというプロジェクトです。
※ マンホールは9か所を予定しております

【舞台めぐり】

出典:ねとらぼ

↓現場を訪れた小澤隆・沼津市議のツイート。

静岡・沼津市でラブライブのマンホールへの心無いいたずらが相次ぎ、ネット上でも怒りの声!

出典:Twitter(@llllnumazullll)

こっ…これはあまりに酷すぎますですぅ…!!
せっかくのラブライブの可愛いキャラクターの女の子たちが台無しですぅ…。

ボクは、以前に知り合いのラブライブファンから色々な話を聞いたくらいで、ラブライブのことはあまりよく知らないんだけど、これはさすがにあんまりだね。
なんだか、かねてより一部でラブライブのファン(ラブライバー)を激しく叩く声があり、逮捕者が出るほどの脅迫事件も起こっていたらしいけど、今回のもそういう手合いの人間の仕業なのだろうか?

いずれにしても、小澤市議が言っているように、こんなことに時間と労力を費やしても、自らにとっても何の得もないどころか、ますます自分自身の心の中を汚しているし、いわば自らで自らの首を絞めているようなものだ。

何だか、非生産的な迷惑行為ばかりに勤しんで、自分自身をますます歪めてしまうような行動を繰り返す人が増えているような気がしますねぇ…。

ヘイトスピーチなどもそうした類いの一つだし、一人でも多くの人々が、もっと根本的に思考を転換させて、自らや社会をプラスの方向に導き向かわせていくような、生産的で建設的な行動をする習慣を付けるようになって欲しい思いだ。

マンホールの設置再開のめどは現時点で立っていないみたいだけど、厳しい規制や監視をせずとも、こうした非生産的な行動に走る人が出てこないような、社会全体の空気が緩やかで、温かくのんびりとした世の中になることを願うばかりだよ。

Pocket