黒川弘務検事長、緊急事態宣言中に産経新聞記者宅で賭け麻雀!朝日の社員も同席!→公明・石田政調会長が黒川氏の辞任を要求!菅長官は「コメントは差し控える」

Pocket

どんなにゅーす?

・安倍官邸の強い意向により、違法な手続きで定年延長が決まり、現在も勤務を続けている黒川弘務東京高検検事長が、緊急事態宣言のステイホーム期間中に、産経新聞の記者宅で別の産経記者と朝日新聞の社員(元記者)も加わり賭け麻雀を行なっていたことが発覚。週刊文春が報じた。

・黒川氏は一切のコメントを拒否している上に、東京高検は文春による質問状すら排除公明党の石田政調会長が黒川氏の辞任を要求している中、黒川氏と密接な関係を持つ菅官房長官は、「事実関係については詳細を承知しておらずコメントは差し控えたい。法務省で適切に対応する」などとコメントした。

黒川弘務東京高検検事長 ステイホーム週間中に記者宅で“3密”「接待賭けマージャン」

東京高検検事長の黒川弘務氏(63)が、産経新聞社会部記者や朝日新聞の元検察担当記者らと賭けマージャンをしていたことが、「週刊文春」の取材で判明した。

4人が集まったのは5月1日。小池百合子都知事が「ステイホーム週間」と位置付け不要不急の外出自粛を要請、また安倍晋三首相も「人との接触8割減」を強く求めていた緊急事態宣言下でのことだ。夜7時半頃に産経新聞A記者の自宅マンションに集合すると、午前2時近くまでマージャンは続いた。

マージャンを終えた黒川氏は、産経新聞の用意したハイヤーで帰宅した。

また、5月13日にも同様に黒川氏はA記者宅に向かい、深夜までマージャンをしていた。

産経関係者の証言によれば、黒川氏は昔から、複数のメディアの記者と賭けマージャンに興じており、最近も続けていたという。その際には各社がハイヤーを用意するのが通例だった。

~省略~

産経新聞広報部は、「取材に関することにはお答えしません」

朝日新聞広報部は「社員の業務時間外の個人的行動について詳細はお答えいたしかねますが、お尋ねのような行為があったとすれば、不要不急の外出を控えるよう呼びかけられている状況下でもあり、不適切だったと考えます。弊社として適切に対応いたします」

黒川氏は何を聞いても口を開かず、東京高検は質問状すら受理しなかった。

~省略~

【Yahoo!ニュース(文春オンライン) 2020.5.20.】

公明幹部、黒川検事長に辞任要求 緊急事態下で賭けマージャンか―週刊文春が報道

東京高検の黒川弘務検事長(63)が新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言の発令下に賭けマージャンをしていた疑いがあると週刊文春が20日、電子版で報じた。公明党の石田祝稔政調会長は記者会見で「事実であれば職務を続けられる話ではない」と批判、辞任を要求した。黒川氏の進退が焦点になりそうだ。

自民党内からも「検事総長への昇任は難しくなる。検事長だって今すぐ辞めなければいけなくなるような話だ」(ベテラン)などと厳しい声が出ている。立憲民主党の安住淳国対委員長は記者団に「検事長の職責を果たすことは無理だ」と断じた。
一方、菅義偉官房長官は記者会見で「事実関係については詳細を承知しておらずコメントは差し控えたい。法務省で適切に対応する」と述べるにとどめた。

~省略~

【時事通信 2020.5.20.】

記事内容が全て事実なら黒川氏の違法行為(賭博罪)が確定的に!「報道のコントロール目的」により、記者に対してわざと負けて金銭を渡した疑いも!

出典:YouTube

安倍官邸が違法な手続きで定年延長を強行した黒川弘務東京高検検事長に「重大疑惑」が浮上です。
これが事実であれば、多くの国民が政府からの要請を守って自粛に徹していた中で「3密状態」で遊んでいた上に、賭博罪にも該当しますし、日本のあらゆる法律を管轄している法務省(検察)の幹部としてあってはならない行為なのは間違いありません。

しかも、記者クラブの大手マスコミの関係者とプライベートでここまで親しい関係を築いているのだから、そりゃあ、週刊誌と比べて新聞が黒川氏にとって著しく不都合な事実を大きく報じられるはずがないよね。
おまけに、まさに「黒川問題」が日本国内だけでなく海外でも大きく問題視されているようなさ中で、警戒感も責任感もゼロのままにマスコミ関係者と遊んでいたこと自体、ちょっと信じられないし、場合によっては、マスコミ記者をこれまで以上に「買収・懐柔する目的」で、わざと麻雀で”手加減”したり負けることで相手の機嫌を取りつつ、「麻雀で負けた」との名目で金銭を渡した疑いもある。

黒川氏の趣味は、犬の散歩と麻雀、カジノとのことだけど、恐らくこの調子では、日頃からマスコミ関係者や政治家などとも賭け麻雀をやっていた可能性がありそうだし、まさに、日本の検察において、凄まじいまでの政治やマスコミとの癒着と腐敗が存在していたと考えるのが良さそうだ。

もちろん、黒川氏は次期検事総長どころか、一刻も早くに辞任すべきですし、週刊誌ばかりでなく、大手マスコミももう少し真面目に黒川氏の内情を調査してほしいですね。

早速、公明党からも辞任要求が出ているし、安倍一派の威厳や権力もさらに与党内で失墜することになりそうだね。
国民間でもここまで「黒川問題」や「検察庁法改悪」に非常に大きな関心が集まっている以上、さらなる炎上は確実だし、黒川氏だけでなく安倍政権にとっても、今回の文春砲はかなりの大打撃なのは間違いないことだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 

 関連記事