■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【ヤクザ集団】維新が”恫喝訴訟”を連発!今度は松井大阪市長が水道橋博士を本格的に脅し!「言い訳理屈つけてのツイートもダメ、法的手続きします」

【ヤクザ集団】維新が”恫喝訴訟”を連発!今度は松井大阪市長が水道橋博士を本格的に脅し!「言い訳理屈つけてのツイートもダメ、法的手続きします」
Pocket

どんなにゅーす?

・維新の創設者・橋下徹元大阪府知事がれいわ・大石あきこ議員を”恫喝訴訟”したの続き、今度は、松井大阪市長が水道橋博士を訴える動きを見せている。

・「【維新の闇!】大阪市長・松井一郎の経歴を調べたらヤバかった!」とのタイトルのYouTube動画をTwitterで紹介した水道橋博士に対し、松井市長は「水道橋さん、これらの誹謗中傷デマは名誉毀損の判決が出ています。言い訳理屈つけてのツイートもダメ、法的手続きします」とツイートし、訴訟を起こすことを”公開予告”。維新による”恫喝訴訟の連発”に、ネットでは批判の声が上がっている。

水道橋博士と松井一郎大阪市長がツイッター上で〝場外乱闘〟 法廷措置も

~省略~

事の発端は、水道橋博士の13日のツイート。そこに投稿されたのは、「【維新の闇!】大阪市長・松井一郎の経歴を調べたらヤバかった!」と題したユーチューブ動画だった。

水道橋博士は「これは下調べが凄いですね。知らなかったことが多いです。維新の人たち&支持者は事実でないなら今すぐ訴えるべきだと思いますよ(笑)」とツイート。

すると、これに反応したのが松井市長だ。「水道橋さん、これらの誹謗中傷デマは名誉毀損の判決が出ています。言い訳理屈つけてのツイートもダメ、法的手続きします」と警告。

さらに「水道橋さんは有名人で影響力があるのでリツイートされた方も同様に対応致します」と容赦ない姿勢を示した。

だが、水道橋博士にひるむ様子はない。

元大阪府知事で、松井氏と日本維新の会を立ち上げた橋下徹弁護士に「『公人』は訴訟をやるべきではないって橋下さんはおっしゃっているのですが、松井知事に昨日、『訴える!』って言われたのですが、橋下さん弁護をお願いできますか?」とまさかの〝オファー〟。

~省略~

【東スポWeb 2022.2.14.】

大阪のオミクロン死者数に「報道特集」が維新行政の責任追及! それでも松井市長はウザ絡みに夢中、水道橋博士にはスラップ訴訟恫喝

~省略~

つまり、松井市長は“名誉毀損の判決が出ている誹謗中傷デマを流すな!訴えるぞ!”などと言い出したのだ。

しかし、この松井市長の主張は明らかにおかしい。まず、松井市長は〈これらの誹謗中傷デマは名誉毀損の判決が出ています〉と述べているが、これは松井市長が過去の女子中学生に暴行をしたとするSNS上の投稿に対して松井氏がおこなった損害賠償訴訟で、2021年に大阪地裁が松井氏への名誉毀損を認めた一件を指していると思われる。だが、じつは今回問題となっている動画では、そもそも中学生への暴行という情報は根拠不明で、松井氏本人も事実を否定、裁判でも勝訴していると伝えているのだ。

いや、それ以前に、水道橋博士がツイートに貼り付けた動画は再生時間を指定してリンクしており、指定されていたのは松井氏のファミリー企業が大阪市内の映像設備改修工事や照明設備LED化工事などの仕事をおこなっているという疑惑を紹介している場面だった。

つまり、水道橋博士が投稿した動画の指定箇所は、名誉毀損が認められた誹謗中傷デマではないし、前述したように動画内でもその裁判結果はきちんと伝えられており、けっしてその誹謗中傷デマを流しているわけではないのだ。

水道橋博士が取り上げたファミリー企業の利権疑惑にしても、もし松井氏が事実無根だと主張するのならば、疑惑に対してまずはしっかり説明をおこなうべきだ。だが、そうしたこともすっ飛ばし、動画の投稿者でもない水道橋博士にいきなり〈法的手続きします〉などと言い出すのは、スラップ訴訟をちらつかせた脅しにほかならず、公人としてあるまじき行為だ。

~省略~

【リテラ 2022.2.15.】

大阪の市民がオミクロン爆発で苦しんでいる中、維新がネット上の”恫喝訴訟”に全力!橋下氏は過去に「民間人からこのように言われて裁判起こすなら政治家なんかやめろ。税金の無駄遣いだ」とツイート!

出典:日本維新の会

橋下氏がれいわ・大石あきこ議員を恫喝訴訟したことに批判が殺到していたけど、今度はこれですか!!
日本国内の中でも大阪が突出してオミクロン感染が大爆発していて、今まさに多くの大阪府民が命の危険に晒されている時に、こいつらは一体何をやってるのよっ!!

おまけに、またまた自分たちで特大ブーメランを飛ばしている始末だし、まさに、起こるべくして大阪の感染大爆発が起こっているということだ。
ただでさえ、大阪の社会秩序や既存の公共システムが維新によって着実に壊されていた中で、まさにコロナ危機によって大阪が”完全崩壊”する寸前の状態だし、こんな生粋のヤクザ集団で、庶民殺しや自らの保身と利権の温存しか頭にない維新を熱烈に支持している人々って一体何なんだろう…
相当に強い自殺・破壊願望を持っている以外に説明が付かないのではと思うけど、相変わらず大手マスコミは、大石あきこ議員の件もこの水道博士の件も全く触れようとしないし、全てが狂気と闇に満ちているとしか言いようがないね。

簡単に言えば、(管理人さんがずっと指摘し続けてきたように)日本を潰す売国・壊国政党ばかりが優先的に強い権力を与えられては、大手マスコミもこれをサポートする、(グローバル資本勢力が作り上げた)「壮大な売国詐欺システム」が根付いてしまっているということねっ!!

維新の創設者でマスコミから特別なポジションを与えられている橋下氏も「深い闇を抱えた人物」であるうえに、松井大阪市長も朝鮮人脈と繋がるCIAエージェント笹川良一と切っても切れない関係を持っているし、これら全てがグローバル支配層が日本国内に作り上げた壮大な「売国・壊国システム」の一部ということだ。
こうした一連の構図を改めて振り返ると、維新が先の衆院選で不可解な躍進をしたことも、(ワクチン義務化などのための)憲法改悪に血道をあげていることも、マスコミが維新を特別に賛美している理由も自然と理解できるようになるし、全ての諸悪の根源である「グローバリズムの深化」をストップさせ、日本政府や政治勢力をグローバリストによる侵略や汚染から切り離すことが出来ない限り、今の腐った社会システムは今後も温存され、最後は、一般市民が大量に殺されては、史上最悪のディストピア(既存の政府機構が完全に破壊された後に作られる「真性デジタル奴隷監視社会」)がやってくることになるだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事