■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【アホか】自公、「マイナポイント付与」を細分化&段階的に付与!カード取得で5000円、健康保険証として使うための手続きで7500円、預貯金口座とのひも付けで7500円!

【アホか】自公、「マイナポイント付与」を細分化&段階的に付与!カード取得で5000円、健康保険証として使うための手続きで7500円、預貯金口座とのひも付けで7500円!
Pocket

どんなにゅーす?

・自民と公明が準備を進めている、マイナンバーカードの保有や使用を促すためのポイント付与について、当初検討していた3万円分から2万円分に減らされた上に、国民が各種手続きを行なうごとにポイントを段階的に付与する方針で最終調整に入った。

・報道によると、カードを取得したことで5000円分、健康保険証として使うための手続きを済ませた人に7500円分、預貯金口座とのひも付けを行なった人に7500円分を付与する方針とのことで、あまりに醜悪かつ粗悪な「デジタル奴隷社会促進策」にネット上で怒りの声が噴出している。

マイナポイント、段階ごとに最大2万円付与 自公が最終調整

自民・公明両党は新型コロナウイルス感染拡大に対応するための経済対策のうち、マイナンバーカード保有者への「マイナポイント」付与について、新たにカードを取得した人に5000円分、カードを健康保険証として使うための手続きをした人に7500円分、預貯金口座とのひも付けをした人に7500円分をそれぞれ支給する最終調整に入った。公明側は当初、消費喚起などのために、カード保有者に一律3万円分を支給するよう求めたが、最大で2万円分の支給となる。

~省略~

【毎日新聞 2021.11.10.】

「デジタル奴隷監視社会」促進のため(ついでにお友達企業にも利益誘導)に、「数千円のポイント付与」で国民を釣り上げようとする自公政権!

毎度ながら、国民に向けて「施しを行なっている」ように見せかけて、その実は、お友達企業に利益誘導したり国民に重大な損害を与えようとしている自公政権のこの汚らしいやり口には反吐が出そうになるわっ!!
マイナンバーカードに健康保険証の機能を付けたり、マイナンバーに預貯金口座情報を紐づけさせようとしたり、要は、国民のありとあらゆる個人情報やお金の流れを一元的かつ徹底的に掌握しては、隅から隅まで監視したいだけじゃないのよっ!!

しかも、当初言ってた計3万円分から2万円分に変更されたし、こんな「一度きりの数千円程度のポイント」と引き換えに、自らのあらゆる個人情報やプライバシーを手放しで差し出す国民がどれだけいるのだろうか
とにかくも、自公政権が日本国民を根底からおバカ扱いしているのが丸分かりだけど、なんせ、先の衆院選でこんな自公政権を自ら勝たせてしまった(同じ失敗を幾度となく繰り返している)日本国民だからね。
そりゃ、ここまでバカにされてしまっても仕方ないような気はするね。

やっぱり、どこからどう考えても、先の選挙結果は全く納得いかないし、いくらなんでも、日本国民はそこまで頭が悪いとは思えないんだけど…っ!!
何から何までが異常ですし、日本社会そのものが根底から狂ってるとしか思えないわっ!!

大多数の国民が、今のグローバル資本主義社会や選挙システムそのものに強い疑いを持つようになれば、この酷い流れも変わっていくかもしれないけど、今のところ、大多数の国民が「支配層はそんな悪いことをするはずがない」と信じ込んでしまっているような状態だからね…。
とにかく、このまま自公政権を放置していれば、いよいよ、マイナンバーにありとあらゆる個人情報(資産状況から健康状態、年収、ショッピングの内容、趣味趣向、さらには主義や思想に至るまで)が網羅されては、中国の「信用スコア制度」とほとんど同じような、完全なる「デジタル奴隷監視システム」が構築されてしまうし、こんな「数千円分のポイント付与」のしょぼすぎる”アメ”に多くの国民がまんまと釣られてしまった時点で、この日本はほとんど終わりだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事