【卑怯】「4日間ルール」見直しについて、加藤厚労相「我々から見れば誤解」!専門家会議も「4日間様子を見てなんて言ってない」と主張する中、最後は全て「国民のせい」に!

Pocket

どんなにゅーす?

・日本国内で、新型コロナ(COVID-19)のPCR検査の要請や相談の目安として掲げていた「37.5度の熱が4日間以上続いた場合」との記述が削除されることになったのを受けて、加藤厚労相が「目安ということが、相談とか、あるいは受診の一つの基準のように(受け取られた)。我々から見れば誤解でありますけれど…」と発言。国民から批判の声が殺到している。

・これまで、「37.5度の熱が4日間継続」「味覚・嗅覚の異常」「息苦しさ」などの症状がない限り、PCR検査すら受けることが出来ない状況が続いてきた中で、このルールを遵守したことで、突如重症化したり死亡する事例が続出専門家会議からも「4日間様子を見てなんて言っていない」との声が上がっている中で、「政府の失政や責任」を国民に擦り付けようとする動きが起こっている。

加藤厚労大臣 相談目安「我々から見れば誤解」発言にネット怒りの声「ふざけるな」「酷い」

加藤厚生労働大臣が8日夜、記者会見し、新型コロナウイルスのPCR検査に向けた相談センターへの相談の目安とされてきた「37・5度以上の発熱が4日」について、見直しを明らかにした。

~省略~

この日の会見では「目安ということが、相談とか、あるいは受診の一つの基準のように(とらえられた)。我々から見れば誤解でありますけれど…」と、あくまで基準ではなく目安のつもりだったと発言。「これについては幾度となく、通知を出させていただいたり、『そうではないんだ』ということを申し上げて、相談や受診に弾力的に対応していただいた」などと述べた。

この加藤厚労相の発言に、ネット上では「許せない!」「ふざけるな」「嘘をつくな」「これは酷い。酷すぎる」「間違えたのは国民や現場のせい、とでも言いたげ」などと、怒りの声があふれている。

【Yahoo!ニュース(デイリー) 2020.5.8.】

どこまでも卑劣で卑怯な安倍政権!どんなに自身の悪政で大量に国民が死のうとも、最後は「全ては勝手に誤解した国民のせい」に!

出典:Wikipedia

今頃になって日本独自の「4日間ルール」を大々的に見直すことになったけど、そんな中で加藤厚労相がこんなことまで言いだすなんて…!
専門家会議の中からも「4日間様子を見てなんて言ってない」なんて声が出てきているけど、すでにこいつらは、私たちに自分たちの責任を擦り付ける気満々じゃないのよっ!!

日頃からウソや改ざんや捏造を繰り返して国民を徹底的に騙すだけでなく、過去の出来事をも捻じ曲げて「自分たちの間違いや責任」をも全て国民に擦り付けるという、「日本史上最悪の極悪犯罪集団」、それが安倍政権の実態であり本質だ。

実はボク自身も、ちょうど連休中に38度以上の高熱に見舞われてしまい、すぐにコロナを心配して地元自治体の情報を検索してみたんだけど…情報を集めてみたところ、「4日間以上高熱が続く」「味覚・嗅覚の異常がある」「息苦しさや倦怠感がある」といった条件が全て揃っていない限り、最初の電話の段階で門前払いされることを悟ったし、少なくともボクが情報を集めたGWの時点では、「4日間ルール」が非常に厳格に適用されていたことは疑いようのないことだ。
(ちなみに、ボクの場合、味覚・嗅覚の異常も息苦しさもなく、幸い3日ほどで熱が下がり回復したので、一般的な風邪だった可能性が高いとみているよ)

とにかくこの政権は、国民自身が本気にならない限り、どんなに国民を大量に殺しても一切の責任を取らずに、自分たちの失政や悪政による日本の衰退や堕落をことごとく「国民のせい」にしたうえで、この先ものうのうと政権の座に居座り続けることは間違いないだろう。
まともな感性や危機管理能力を持つ国民であれば、政権のこんな汚すぎるやり口に黙っているはずがないし、自分たちの命と生活を守るために、いよいよ本気でどうにかしないとダメなんじゃないかなあ。

とにかく、この連中によるあまりにいい加減すぎる「非科学的(=超政治的)な対応」のせいで、日本国内のかけがえのない命が大量に奪われてしまっているのは間違いないことだわっ!!
こんなふざけた発言、絶対に看過しちゃダメだし、このまま放置していれば、もっと酷くて卑劣なことを平然とやるようになるんじゃないかしら!

そうだね。
とにかく、こんな「4日間ルール」なんていう、どう考えてもおかしな基準を掲げてきたのは世界で日本だけだし、この国が、いかに科学からかけ離れた(権力者による欲に染められた)デタラメやインチキが日常的に横行してしまっているのか、その現実に気がつく必要がありそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事