【ヤバイ】加計学園の獣医学部新設、文科省が認可の方針へ!いよいよ18年4月の開校が既定路線に!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年11月2日、各大手メディアにおいて、文科省の審議会が、加計学園獣医学部の設置を認可する方向でまとまったとの報道が出ている。

・加計学園獣医学部については、経営難に陥っている加計理事長による巨額の補助金詐欺疑惑も持ち上がってきており、あらゆる疑惑の真相が謎のまま葬り去られた状態で、18年4月の開校に向けて動き始めることとなる。

加計学園の獣医学部新設を「認可」の方針

加計学園が愛媛県今治市で開学を目指す獣医学部について、審査を続けてきた文部科学省の大学設置審議会は、2日午後、専門家らによる会議を開き、認可する方針をまとめた。

加計学園の計画については、今年8月の段階で「実習の期間が他の既存の大学に比べて短く、教育環境が不十分」などとして、いったん認可の判断が「保留」とされていたが、その後、学園が修正した計画書を提出していたもの。

来週の10日に最終的な結論を林文科相に答申するが、2日の会議で方針がまとまったことで、来年4月の開学が認可される見通し。

【日テレNEWS24 2017.11.2.】

 

4月開校が実現できない場合、「加計理事長の破産確実」との情報も出回る中、安倍政権が各所に強烈な圧力をかけ、ついに加計学園が認可される模様

ついにあの加計学園が、前川さんが訴え続けてきた、徹底的に「歪められた行政プロセス」の下に、加計学園が認可される方針が固まったのねっ!
もう、国会そのものだけでなく、何もかもが安倍総理の徹底的な「国家の私物化」の下で、日本が完膚なきまで破壊されてしまう寸前になってきたわ。

一時期テレ朝やTBSの一部のニュースでは報じられかかったものの、ネット上や市民団体の間では今も追及が続いている加計理事長による巨額補助金詐欺疑惑についても、大手メディアは完全に沈黙してしまい、真っ先にこれを意欲的に追いかけていたNHKのクローズアップ現代も、制作した番組が完全にお蔵入りし、幻となって消えてしまった。

元々この加計疑獄をメディアが報じ始めたのも、安倍政権に怒っている自民党内の保守本流勢力が後押ししたものだったとの情報があったけど、現在の状況を見ても、安倍政権とそれを支援している勢力(ネオコン戦争屋のグローバリスト)は相当に強力であることがうかがえるね。

この加計疑獄が完全にメディアから消えてしまったその時は、自民党内の権力闘争において、安倍政権側が「完全勝利」したことを意味するだろうし、文科省内も前川氏が去った今、かつての良識派もほとんど無力化しているか、籠絡されてしまったのかもしれない。

この構図は、いわば「近代民主国家主義勢力(超党派の保守本流系)」「民主主義国家破壊勢力(安倍政権・ネオコン)」との戦いとも言えるかもしれないし、この疑獄が今後どのような展開を見せていくかによって、この両者の”暗闘”の行く先がぼんやり見えてくるかもしれないね。

つまり、もっと簡単に言えば、「(私たちを含めた)ルールを守ろう(守らせよう)とする人たち」「ルールを徹底的に破壊しようとする連中(安倍政権)」との戦いってことね。
まだまだ巨大な闇が隠されてそうな様相なのに、本当にこれらの闇に光が当てられないまま、加計理事長の破産を免れさせるためだけに、全てが隠蔽されてしまうのかしら?

どちらにしても、安倍政権がここに来て、ますます鋭く私たちに牙を剝きだした様子が見られるのが、とても怖い状況だわ。

おススメ記事&広告

 
Pocket