■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【こんな輩ばかり】古市憲寿氏が反知性&論点逸らしの「小山田擁護」で大炎上!後になって「友達が結婚するお祝いメッセージなんだけど」とゴマカシ反論!

【こんな輩ばかり】古市憲寿氏が反知性&論点逸らしの「小山田擁護」で大炎上!後になって「友達が結婚するお祝いメッセージなんだけど」とゴマカシ反論!
Pocket

どんなにゅーす?

・自称・社会学者でタレントの古市憲寿氏が小山田圭吾への擁護と思われるツイートをし炎上。その後「友達が結婚するお祝いメッセージなんだけど」と反論した上で、改めてピントのずれた小山田氏への擁護を展開した。

古市氏は、個人名を出さずに「個人的には謝罪や許しよりも、忘れることが大事だと思っている。忘却がないと、断絶は広がるばかりだよ。社会も、愛情も、友情もね」とツイートした上で、メンタリストDaiGo氏の「謝ればいいってもんじゃないと思うなら裁判でもすればいいだけの話よな」のツイートに同調。これが炎上すると、「友達が結婚するお祝いメッセージなんだけど」などと主張し、小山田氏について述べたものではないと否定

・その上で、古市氏は、小山田氏を組織委が起用し擁護した「最大の問題の本質」を逸らしたトンチンカンなツイートを展開。彼の一連の不可解な行動に多くの批判が集まっている。

古市憲寿“小山田圭吾を擁護”で炎上! 言い訳がムロツヨシレベル

~省略~

古市は7月17日に日付が変わってすぐ、《「謝ればいいってものじゃない」って怒るひとは、どうせ謝らなくても怒るひとなので、結果的に「謝らないで無視する」が最適解になってしまう。個人的には謝罪や許しよりも、忘れることが大事だと思っている。忘却がないと、断絶は広がるばかりだよ。社会も、愛情も、友情もね》とツイート。何に関しての言及かは明言していないが、この夜、過去のいじめ自慢が掘り起こされて大炎上している五輪作曲担当・小山田圭吾が謝罪文を公開し、さらなる批判を浴びていたため、ネット上ではこの件を指したツイートだとの見方が広がっていた。

また、直後には《本当そうだよね。まあ民事の場合、裁判を起こすには頭とお金がいるから。。。》とのツイートも投じたため、この見方は支配的な流れに。これにより、古市は「過去のいじめを擁護している」として、猛烈な批判を浴び始めた。

しかし、18日になると、古市は《「小山田さんの件で炎上してるね」と言われて「はあ?」と思って検索したら、このツイートらしい。あのさ、これ、友達が結婚するので、お祝いメッセージなんだけど》とツイート。その後も《あえて結婚に限定せずに書いたわけだからどう解釈されても別にいいんですが》《友達の結婚式に味噌をつけてしまったようになったのは悔やまれる。。。》《攻撃的な返信つけたひとはみんな謝ってくれるの?》と連投し、件のツイートは小山田とは無関係であると強調したのだった。

~省略~

しかし、ネット上には「これはただの言い逃れ」だと見る声が相次ぎ、

《これは… 言い訳苦しくない…?》
《これで誤魔化せてると思ってんの? 裁判費用がどうの言ってたやろw》
《無理過ぎる言い訳だとみんなが思ってる》
《Twitterでお祝い? しかも具体的な言及無しで固定もしない》
《結婚する友達に民事訴訟の話するとか縁切られるレベルやろ》《別に正しいと思うなら主張を曲げる必要なんてないと思うんだけど 負けたと認識しちゃったんだろうな》

など、厳しい意見が噴出。問題のツイートが結婚を指すと言うには論理破綻しているとの解説コピペも広まるなど、〝火に油〟と化してしまった。

「今回の一件は2019年、強制性交等罪で逮捕された俳優・新井浩文を擁護したムロツヨシとそっくりな光景ですね。ムロは名前こそ出さないものの明らかに新井を指した文章を投じた後、《こっから、また、応援しよう》と笑顔の顔文字をつけてツイート。しかし、強制性交犯を応援するという点が不適切だと炎上すると、《このつぶやきは、アジアカップの決勝戦を見て、代表への思いでした 誤解を招くようなつぶやきを反省して、 謝罪させてください》と釈明。《最高にダサい》《絶対ウソ》とさらなる批判が寄せられ、火に油と化しました」(芸能ライター)

~省略~

【exciteニュース(まいじつ) 2021.7.20.】

(何故かテレビでちやほやされている)悪徳言論人の古市氏がお笑いレベルの反論ツイート&トンチンカンな小山田擁護を展開!

出典:Twitter(@poe1985)

出典:Twitter(@Mentalist_DaiGo)

出典:Twitter(@poe1985)

出典:Twitter(@poe1985)

あーあ、古市さんやってしまったわね。
この一連の流れを見る限り、さすがに彼の言い訳を素直に信じる人は誰もいないわ。

当該ツイートそのものも、どうみても結婚式におけるお祝いメッセージとはかけ離れた内容だし、そもそも、本当に友達の結婚へのお祝いメッセージなのなら、DaiGo氏が一番最初の古市氏のツイートを引用して「謝ればいいってもんじゃないと思うなら裁判でもすればいいだけの話」とツイートした時点で、古市氏は「いや、これは友達の結婚のお祝いツイートなので」と、DaiGo氏が「小山田氏への擁護」と勘違いして引用したことをすぐに打ち消すはずだ。
しかし、古市氏はこのDaiGo氏の「小山田擁護ツイート」を打ち消すどころか、これに同調して、「本当そうだよね。まあ民事の場合、裁判を起こすには頭とお金がいるから。。。」と応じている

…というわけで、古市氏の「これ、友達が結婚するので、お祝いメッセージなんだけど。」というのは、完全に「ウソの言い訳」ということでほぼ確定だろう。

てか、こんな誰が見てもバレバレなメチャクチャな言い訳をしている時点で、本気で心配になってきてしまうし、大丈夫なのかしら、この人

古市氏もまた(のぶみ氏などと同じように)安倍前総理並みの酷い虚言癖の持ち主と言っていいだろうし、今の日本で強い権力や影響力を持っている人間は、まさに「病的なウソつき」ばっかりだね。

要は、古市氏は、小山田氏による凶悪犯罪レベルのいじめについて、「(加害者も被害者も)早くに忘れることが重要」と言っているわけで、相当なまでに他人の痛みや苦しみに鈍感であり、かつ、極めて思いやりに欠けた利己的な思考と言わざるを得ない。
さらにいえば、後からツイートしている「死ぬまで(もしくは死んでも)誰かを許さない社会は、やっぱり違う。何かの理由があるとして、糾弾し続けるのは違う。実際『正義』の暴走は、いくつもの不幸な事件を生んできた。」というのも、(一見まともっぽく見えるものの)これも悪質な論点逸らしだろう。
なんせ、小山田氏の騒動における最大の問題点は、オリパラのポリシーとは最もかけ離れた障害者への虐待を繰り返してきた小山田氏を起用した上に、問題行為発覚後も「大した問題ではない」と擁護し続けた組織委であるにもかかわらず、古市氏は、この問題の核心をどこかに放りだしては、「小山田氏を個人攻撃するネット民」を「最大の問題」にすり替えてしまっているからね。

さらにいえば、「執拗に個人を叩き潰すネット上の誹謗中傷問題」について、しっかりと古市さん自身もその「被害者」の中に入れてしまっているようにも見えるわね。

最大級の問題は、先にも述べたように、このような小山田氏を起用し擁護した組織委の倫理観の破綻であり、さらにいえば、古市氏のような、根っからのウソつきや国民騙しの詭弁を繰り返す、安倍・菅政権やグローバリストの傀儡工作員のような多くの”悪徳言論人”が非常に大きな社会的影響力を持っては、日本国民をおかしな方向にミスリードしたり、正常な思考力を破壊させようとしていることだ。
まあ、これも、「類は友を呼ぶ」といえばいいのか、真性的な虚言癖とペテン性を持つ安倍政権がかつてなかったまでの長期政権を築いてしまったことで、こうした嘘つきやペテン師が日本社会に多く蔓延ってしまっているってことだし、小山田氏一人だけでなく、日本の権力層やマスコミから排除すべき(病的な詐欺師的思考におかされた)悪質な輩はごまんといるのが現状だろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事