「NHKはまるで暴力団」暴言連発の鈴木康雄日本郵政副社長は元総務事務次官!NHK恫喝の背景には菅官房長官との深い繋がりも…

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年10月3日、日本郵政の不正販売問題を報じたNHK「クローズアップ現代」に対し、日本郵政からの要請を受けたNHK経営委員会が、番組と上田会長に恫喝圧力をかけた事件について、日本郵政の鈴木康雄副社長が「NHKはまるで暴力団」などと暴言を連発。批判が殺到している。

・鈴木氏は、野党からのヒヤリングを受けた後、「(NHKは)まるで暴力団と一緒。殴っておいて、これ以上殴ってほしくないならやめたるわ、俺の言うことを聞けって。バカじゃねえの」と発言。同氏が元総務省の事務次官であり、菅官房長官とも昵懇の間柄であることからも、一連の恫喝の背後に安倍官邸の影がちらついている。

「NHKはまるで暴力団」日本郵政副社長が記者団に発言

かんぽ生命保険の不正販売を昨春報じたNHK番組「クローズアップ現代+」に日本郵政グループが抗議していた問題で、日本郵政の鈴木康雄副社長(元総務事務次官)が3日、番組の取材手法や報道内容にも問題があったとしてNHKを痛烈に批判した。「まるで暴力団」とも表現し、抗議を「反省する」とした長門正貢社長とは異なる考えを示した。

~省略~

鈴木氏は3日、野党の合同ヒアリングに出席し、かんぽ問題などについて説明した。顧客に不利益を与えた問題では「申し訳ない」と謝罪した。一方で、NHKへの抗議問題では「(動画は)おかしいと今も思っている」「言われっぱなしで構わないわけじゃない」などと不満をこぼした。

合同ヒアリング後、記者団が国会内で「いろいろ思うところがあるのか」と問うと、鈴木氏は「ありますよ」「今日は言わなかったけど」と切り出して話し始めた。

鈴木氏は、NHK側から「取材を受けてくれれば動画を消す」と言われたと説明し、「まるで暴力団と一緒。殴っておいて、これ以上殴ってほしくないならやめたるわ、俺の言うことを聞けって。バカじゃねぇの」と続けた。

~省略~

【朝日新聞 2019.10.3.】

NHKが“かんぽ報道”にNHK経営委が介入し圧力をかけた背景! 日本郵政幹部と菅官房長官、総務省のただならぬ関係

~省略~

圧力をかけたNHK経営委は安倍首相の任命 抗議の日本郵政副社長は菅官房長官の元部下

ひとつが、NHK経営委員会そのもののあり様だ。そもそも経営委はNHKの監督機関だが、委員の任命権は首相にある。とくに第二次安倍政権では、安倍首相の“ブレーン”のひとりである長谷川三千子・埼玉大名誉教授、安倍首相の家庭教師も務めていた本田勝彦・JT顧問(2018年退任)、そして、あの“ネトウヨ作家”こと百田尚樹氏(2015年退任)までもが送り込まれるなど、露骨に“アベ友人事”が敷かれた。安倍政権で再任された現経営委員長の石原氏も、数年前まで日本会議福岡の名誉顧問を務めていたゴリゴリの右派だ。

そう考えると、今回、この“安倍派”が牛耳る経営委が郵政側の「申し入れ」を受けて上田会長を「厳重注意」し報道に介入したことについても、やはり、政権を忖度したのではとの疑念が生じて当然だろう。事実、この問題には安倍政権の影がちらついている。とりわけ見逃せないのが、放送を管轄所管する総務省の影響力だ。

~省略~

なかでも鈴木氏は総務相の事務次官まで上り詰めた元事務方トップだ。菅官房長官が第一次安倍政権の総務相時代には総務審議官を務めており、現在も昵懇の間柄だ。2016年にゆうちょ銀行社長から日本郵政の社長へ“出世”した民間出身の長門正貢氏の「後ろ盾」も鈴木氏といわれる。長門氏は2017年3月決算での未曾有の大赤字にもかかわらず社長の首を繋いだが、「ZAITEN」(財界展望社)10月号によると、このとき鈴木氏が自民党の郵政族にかけあい、さらに長門氏と菅義偉官房長官を引き合わせるなど続投に奔走したという。

今回のNHKへの「申し入れ」問題でも、その鈴木氏の名前が挙がっている。前述のように、昨年10月5日には郵政側が経営委に宛てて「ガバナンス体制の検証」なる文書を送りつけている。これを受けた経営委の石原委員長が上田会長に厳重注意し、11月6日に上田会長が郵政側に文書で事実上の“謝罪”をするわけだが、朝日新聞によれば、その翌日、〈郵政側は「充分意のあるところをお汲み取りいただいた」とした上で、「一応の区切り」とする文書を元総務事務次官の鈴木副社長名で返した〉という。

つまり日本郵政側で窓口になっていたのは、菅官房長官と関係の深い元総務省幹部だったのだ。

~省略~

【リテラ 2019.9.28.】

菅官房長官と仲良しの元総務事務次官の鈴木副社長が、「傲慢・開き直り」の暴言連発!→かえって日本郵政への批判が殺到!

出典:Wikipedia

日本郵政の鈴木康雄副社長が「NHKはまるで暴力団」なんていう暴言を炸裂させて、批判が殺到しているわ!
一部の職員が、高齢者の人たちのことを「ゆるキャラ」「甘い客」なんて称しながら、保険商品の不正販売を繰り返してきていた日本郵政の方がよほど詐欺集団か暴力団じゃないのよっ!!

まあ実際のところ、NHKも安倍政権の独裁化に伴って、どんどん腐敗が広がってしまっているけど、それでも、まだ、組織の下層にいる制作スタッフの中においては、権力の腐敗を追及する良心的な部分も残っているように見えるし、今回のクローズアップ現代の特集も、かんぽ生命の不正に切り込んだ意欲ある特集として、評価をしていいだろう。
しかし、そんなNHKのわずかに残っている「まともな部分」を「まるで暴力団」などとこき下ろしつつ、日本郵政副社長&元総務事務次官の権力を乱用してNHKのスタッフを脅しているんだから、まさに、「暴力団はどっちだ」との感想しか出てこない

おまけに、この鈴木康雄副社長、(上記のリテラによると)菅官房長官と非常に深い関係にあるようで、ここまで鈴木副社長がオラオラ路線でNHKを強気で脅しているのも、こうした「強力な後ろ盾」があることが影響していそうだ。
安倍官邸側にとっても、今回の日本郵政からの恫喝を通じて、NHKに対して自らの影響力を誇示することができるし、「安倍トモ集団」で固められている経営委員会の影響力を強化していくうえでも多くのメリットがあるからね。

このように考えると、やはり、当初にボクが疑っていた通り今回の日本郵政による露骨な番組介入の背後には、安倍官邸の息もしっかりとかかっていたということだろう。

日本郵政も、安倍官邸の後ろ盾をいいことに、平然と開き直り始めているし、もう、大企業の幹部から政治権力まで、日本の権力層のモラルの崩壊が止まらないような事態だわっ!!

ほんとに、日本国内にどんどん入り込んでしまっている「金こそすべての」グローバリズムが、日本のトップの人々の精神を着実に蝕んでいる実情を感じるよ。
でも、こんなひどい発言を平然と繰り返していることで、国民にとっては日本郵政に対するイメージが地の底まで堕ちきってしまったし、日本社会の腐敗を広げている”大元”である安倍政権についても、一刻も早くにどうにかさせる必要がありそうだ。

Pocket

 

 関連記事