■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

日本国内の新型コロナワクチンの副反応、米英の数十倍に!田村厚労相「米英と比べると多いように見える」!韓国では1.27%もの割合で副反応(接種後の死者は13人)が発生!

日本国内の新型コロナワクチンの副反応、米英の数十倍に!田村厚労相「米英と比べると多いように見える」!韓国では1.27%もの割合で副反応(接種後の死者は13人)が発生!
Pocket

どんなにゅーす?

・日本国内で医療従事者に対する新型コロナワクチンを接種が進められている中、およそ「7万件中8件」と、米国(100万件中5件)や英国と比べて非常に高い割合で副反応が発生する事態になっている。

田村厚労相は「日本は7万件接種で8件という話でありますから、アメリカ・イギリスと比べると多いように見えます」とコメント韓国ではおよそ1.27%にあたる4851件(うち接種後の死亡者は13人)で副反応の報告が出ている中で、国民から不安の声が上がり始めている。

“アナフィラキシー”国内で8例 田村厚労相「米英に比べ多く見える」

~省略~

田村厚労相「日本は7万件接種で8件という話でありますから、アメリカ・イギリスと比べると多いように見えます」

国内では8日までに7万796人が接種し、8人が重いアレルギー症状、アナフィラキシーが報告されている。

アメリカでは、100万回あたり5例が報告されているということで、単純計算で20万回あたり1例となる。

田村大臣は閣議後の会見で、アメリカ・イギリスに比べると多いように見えるとしたうえで、12日に開かれる専門部会でくわしく分析し、情報提供するとしている。

【livedoorNEWS(FNN) 2021.3.9.】

ワクチン副反応936人増え4851人 接種後の死者計13人に=韓国

【ソウル聯合ニュース】韓国の疾病管理庁を中心に政府の各官庁で構成する「新型コロナウイルス予防接種対応推進団」によると、ワクチン接種による副反応とみられる症状が9日午前0時までに新たに936件報告された。接種後の死者は前日から2人増え、計13人。

これまでに死亡とワクチン接種に関連性があるかは確認されていない。

新たに報告された副反応のうち、強いアレルギー反応のアナフィラキシーとみられる事例は10件で、残りの924件は頭痛、発熱、吐き気、嘔吐など比較的軽い症状だった。

先月26日にワクチン接種を開始して以降、副反応の報告は累計4851件となった。これは前日までに接種を受けた計38万3346人の1.27%に当たる。

副反応の報告は英アストラゼネカ製のワクチンが4821件で全体の99.4%を占めた。米ファイザー製のワクチンに関する報告は30件(0.6%)だった。

こうした結果は、アストラゼネカのワクチン接種者(37万7138人)がファイザーのワクチン接種者(6208人)よりはるかに多いためとみられる。

~省略~

【聯合ニュース 2021.3.9.】

新型コロナワクチンはまさにグローバル資本勢力による「人体実験」!韓国では「1.27%で副反応(13人が接種後に死亡)」という異常な高数値に!

日本国内で早くも8例目の新型コロナワクチンの副反応が出たことを受けて、田村厚労相が副反応の割合が非常に高い現状を認めるコメントを出しました。
韓国に至っては、なんと、接種者全体の1.27%(4851件・うち13人が接種後に死亡)で、頭痛や吐き気などの比較的軽いものからアナフィラキシーなどの重度の副反応が報告されているとのことで、非常に心配な事態になっています。

欧米の副反応の割合と比較しても、予想以上にかなり多くの副反応が報告されているし、そもそも、(韓国においては)「100人に1人」の割合で副反応が出ているワクチンなんて、ボクはまっぴら勘弁だよ。
何度も言ってきたことだけど、そもそもグローバル製薬企業は初めから「重篤な副反応が出ても補償を行なわない」と宣言してきたわけで、”これ”自体がこのワクチンの実情を物語っている
おまけに、(この記事でも述べた通り)今回のワクチンは、mRNAワクチンという、従来のものとは全く異なった「全く新しいタイプのワクチン」であることをみても、言ってみれば、これはまさにグローバル資本勢力による世界規模の「人体実験」そのものといってもいい。

これを自ら接種するか否かというのは、いってみれば、「グローバル資本勢力」に対する信仰心や忠誠心がどのくらいあるか…?といった話になってくるし、つまるところは、接種を自ら強く望んでいる人々は「世界支配層がそんな『悪いこと』をするはずがない」と固く信じているってことだ。
ただ、現実を見てみると、世界の巨大製薬企業は、これまで数々の戦争を引き起こしてはおびただしい数の民衆を殺してきたグローバル資本勢力と密接に繋がっているのが現状だし、こうした現実を俯瞰的にみつめつつ、新型コロナ危機の全体像を客観的にウォッチしても、ボク自身は、こうしたワクチンを喜んで受けようという気にはどうしてもなれない

まだこの先の状況を見てみないとはっきりしたことは言いづらいけど、どうも、欧米人と比べてアジア人は(遺伝子的に)新型コロナワクチンの副反応を起こしやすい性質があるのか、あるいは、アジアに対しては粗悪なワクチンが供給されているのか…などなど、様々な疑問や懸念が生じてくるね。

特に韓国でのケースが非常に顕著ですが、あまりにも米英と比べて副反応の割合が桁違いですからね…。
現時点では日本も韓国と同じくらいの副反応が発生していく可能性も否めませんし、この先も重度の副反応が続出した場合には、いよいよ厚労省が本格的な分析調査や何らかの対応を講じる必要が出てくるかもしれません。

ボク自身は、日本や海外の人々が、グローバル資本勢力に対して非常に深い”信仰心”や”信頼感”を持っている現状にもいささか危機感を持っているし、この先の状況をこれまで以上に注視していくとしよう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ピックアップカテゴリの最新記事