【恥ずかしい】日本の子供の貧困率の高さに、ユニセフが懸念を表明!「先進国の中でも高い水準」「日本の子供が医療・教育を平等に受ける機会を」

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年12月13日、ユニセフのレーク事務局長が来日し、日本で進む深刻な「子供の貧困」について懸念を表明した。

・レーク事務局長は、日本の子供の貧困率が16%に達し、先進国の中でも高い水準にあることに対し「あってはならないこと」とし、日本でも全ての子供が平等に医療や教育を受ける機会を確保する必要があると提言した。

ユニセフ事務局長 日本の子どもの貧困率に懸念

ユニセフのアンソニー・レーク事務局長は13日、都内でことしの「世界子供白書」を発表したのに続いて、NHKのインタビューに応じました。

レーク事務局長は、国連が掲げる世界の持続可能な開発目標「SDGs」が、あらゆる貧困の解消を掲げているにもかかわらず、日本の子どもの貧困率が先進国の中でも高い水準にあることについて、「日本のおよそ16%の子どもが深刻な貧困状態にある。SDGsの下で、とりわけ豊かな社会において子どもが飢えや格差に苦しむことがあってはならない」と懸念を示しました。

そして、「相対的な貧困はどの社会にも存在するが、その原因の多くは医療と教育の不平等にある」と述べ、日本でも子どもたちが医療や教育を平等に受ける機会が確保されるべきだという認識を示しました。

【NHK NEWS WEB 2017.12.14.】

 

マスコミでは「アベノミクスによる株高・好景気」を高らかに宣伝されるも、国内での子供の貧困率、社会弱者の疲弊は進行する一方に!

日本に広がる貧富の格差に、ついにユニセフさんまでが懸念を表明したみたいですぅ…!
このニュース、とっても深刻な話のような感じがしますぅ。

なんせ、日本の国家そのものがお金がないわけではなく、ほんの社会の1%にも満たない”特権階級”や富裕層だけがどんどん富を蓄えては、その他大勢の一般庶民、とりわけ非正規労働者やシングルマザーなどの社会弱者は、ますます貧乏になりつつある状況で、生きていくことがやっとの「超貧困」が広がりつつある事態だからね。
これは、目に見えない形で、社会弱者が特権階級や富裕層にそれまで持っていた富をどんどん奪われ続けているのと同じことだ。

第二次安倍政権が誕生し、アベノミクスを推進するようになって以降、ますますこの傾向は顕著になってきているし、これこそが、日頃からボクが繰り返し警告してきたように、歯止めなき「究極の弱肉強食世界」である、グローバリズムの本質そのものなんだよ。

これ以上この傾向が進んでしまうと、いよいよ日本でも餓死者が出るほどに深刻な貧困が広がってしまうし、そのためにも、グローバリズムをどんどん進めつつある安倍政権は一刻も早くに終わらせなければならないはずなんだけど…いかんせん、その貧困層の側の人々が選挙に足を運ばなかったり、あまつさえ安倍政権を支持さえしている人もいるようで、むしろそっちの方が深刻な事態かもしれないね。

そんなぁ…!
せっかく今の悪い状況を変えられるチャンスがあるのに、自らがそのチャンスを手放して、自分自身をますます貧しくしてしまう道を辿っているのですねぇ。
しかも、ほとんど政治への関心や問題意識を持つことを忘れてしまっては、わずかなお休みにゲームやエンタメでストレスの発散を繰り返している人も多いみたいですしぃ…。

どんなに政治や社会が腐敗しようとも、ボクたち市民が一致団結して賢く行動すれば、それなりに何とかなったり、ある程度は変わったりするものだからね。

こんな状況の中で、安倍政権はさらなる生活保護のカット社会保障の削減に舵を切る動きを見せているし、どちらにしても、せっかく自分たちの意思を伝えるための選挙制度があるにもかかわらず、それを大多数の人が自ら放棄している時点で、99%の側の一般国民がどんどん締め付けられ、激しい搾取によってますます貧しく疲弊し続けていくことになるのは間違いのないことだろう。

おススメ記事&広告

 
Pocket