【小沢王国】岩手県知事選、野党共闘の現職・達増拓也氏が当選!自民推薦の新人・及川敦氏を寄せ付けず圧勝!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年9月8日に行なわれた岩手県知事選において、野党4党(立憲、国民、共産、社民)が推薦する現職の達増拓也氏が4選を果たした。

・対する自民は、新人で元県議の及川敦氏を対抗馬に出し、公明県本部からも推薦を受けたものの、小沢一郎氏の地元・岩手において票を集めることができず、達増氏に完敗した。

岩手知事に達増氏4選=野党共闘、自民推薦新人破る

任期満了に伴う岩手県知事選は8日投開票され、無所属現職の達増拓也氏(55)=立憲民主、国民民主、共産、社民推薦=が、無所属新人で元県議の及川敦氏(52)=自民推薦=を破り、4選を果たした。投票率は過去最低の53.46%だった。

2015年の前回知事選は達増氏が無投票で当選したため、8年ぶりの選挙戦。今年8月の埼玉県知事選に続き、与党候補と野党統一候補による一騎打ちの構図となった。達増氏が勝利したことで、10月の参院埼玉選挙区補選などに向け、主要野党の共闘にさらに弾みがつきそうだ。

~省略~

【時事通信 2019.9.8.】

”小沢王国”は今も健在!盤石の戦いで野党共闘の達増氏が当選!

出典:NHK選挙WEB

やったわっ!!
埼玉県知事選に続いて、岩手県知事選でも野党共闘の候補が勝利したのねっ!

やぁりましたぁ~!!
達増さん、おめでとうございますですぅ~!

国政においては(寝たフリのように)そっと息をひそめている小沢氏だけど、地元においては今も圧倒的な影響力を持っていることを示す結果となった。
今回も、埼玉県知事選に続いて野党共闘がスムーズに進んだし、「1(与党)対1(野党)」の構図を作ることさえできれば、少なからず、どんな選挙でも勝利できるチャンスは必ずあるってことだね。

今回の選挙は元々野党に有利な条件があったけど、「積極的な減税」や「社会保障の充実」など、国民の生活に直結した魅力的な公約を掲げることができれば、野党が勝利できるチャンスは一気に高まってくるし、今後も野党共闘をしっかりと進めたうえで、国民の心をつかむ公約作りや、国民の関心を引く(投票率を上げるための)選挙戦などを研究していってほしいところだ。

野党の皆さんには、この調子で次の重要な選挙でも快勝してほしいですぅ!!

地方から地道に「安倍自民党政治にNo!」の機運を盛り上げていくことで、(近頃どんどん調子に乗って独裁色を強めてきている)安倍一派の権力や影響力を少しでも低下させていきたいところねっ。

Pocket