■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【池袋暴走死傷事故】飯塚幸三被告が控訴しない方針!→禁錮5年が確定も、高齢や健康状態の悪化などにより収監されない可能性も…

【池袋暴走死傷事故】飯塚幸三被告が控訴しない方針!→禁錮5年が確定も、高齢や健康状態の悪化などにより収監されない可能性も…
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年9月15日、池袋暴走死傷事故を引き起こし禁錮5年の実刑判決を受けた元高級官僚・飯塚幸三被告が、控訴しない方針を固めたことが報じられた。

・飯塚被告が控訴しなかった場合、東京地裁の禁錮5年の判決が確定することになるものの、高齢や健康状態の悪化などにより、実際には収監されない可能性を唱える声が上がっている。

池袋暴走事故、飯塚幸三被告が控訴しない方針固める 禁錮5年の実刑確定へ

東京・池袋で2019年、乗用車が暴走し、2人が死亡、9人が重軽傷を負った事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われ、東京地裁で禁錮5年の判決を受けた旧通産省工業技術院の元院長飯塚幸三被告(90)が控訴しない方針を固めたことが15日、関係者への取材で分かった。検察側は控訴しないとみられ、実刑判決が確定する見通し。

飯塚被告側は、車の電気系統に異常が生じ、ブレーキが利かなくなったとして無罪を主張したが、2日の地裁判決は「異常や故障は考え難い」と退け、被告が約10秒にわたり、ブレーキと間違えてアクセルを踏み続け、最大時速約96キロまで加速させた過失が事故原因と認定した。被告が高齢であることなどを考慮しても、禁錮5年が相当と結論付けた。

~省略~

【日刊スポーツ(共同通信) 2021.9.15.】

《控訴しない方針》街宣車、脅迫状、爆破予告…“池袋暴走”飯塚幸三被告90歳に起きたこと

~省略~

9月2日、判決公判に姿を現した「池袋暴走事故」の飯塚幸三被告(90)は、頭に傷を負っていた。加害者家族の支援を通じ、飯塚被告と面会したNPO法人・ワールドオープンハートの阿部恭子代表が語る。

「自宅で転倒して、頭を切ったんです。事故以降、この2年で体調がずいぶん悪化しているようで、家で転倒することも増えています」

~省略~

街宣車、脅迫状、爆破予告…

飯塚被告は事故後、「アクセルから足を離したが、ペダルが戻らなかった」、「安全な車を開発するように、メーカーの方に心がけていただきたい」と発言。無罪を主張し続けたため、さらに世間の怒りを買った。

「公判などの節目のたびに、マンションの前に街宣車が何度もやって来て、『罪を認めろー!!』『反省しろー!!』と大音量で叫んでいました」(近隣住民)

前出の阿部代表が語る。

「自宅には脅迫状などが届き、マンションへの『爆破予告』もありました。近隣の住民に迷惑がかかるため、警察にも相談したとのこと。飯塚さん本人も精神的なストレスをかなり受けていたようです」

こうした状況に、飯塚被告の家族は「正直、逮捕してもらいたかった。早く拘束された方が命の心配もない」と話しているという。

~省略~

【MSN(文春オンライン) 2021.9.15.】

飯塚幸三被告が控訴を断念する意向!凄まじい社会的批判を浴び続けるよりも、「大人しく刑に服す」方が得策と考えたか

出典:Twitter(@aTHKxgjTgjd4Ume)

池袋暴走死傷事故について、飯塚幸三被告が控訴をしない意向を固めたとの報道が出てきました。
これまで、一貫して裁判において無罪を主張しつつ「車の異常である」と言い続けてきた以上、この飯塚被告の突然の「対応の変化」に対して、ネット上では驚きの声も上がっているようです。

ここまで一貫して「無罪」と「過失なし」を主張していながら、自らの主張と正反対の判決に対して控訴をしないというのもかなり異例の事態だろうし、何らかの裏事情やよほどの理由があると考えるのが自然だろうね。
そうした背景や理由として考えられるのが、(裏で根回しをしたことで)収監されずに済む見通しが立ったか、あるいは、あまりにも凄まじい世間からの批判によって、家族や自身に危険が及ぶことを悟り、”収監”される道を自ら選んだ…といったことも考えられるかもしれない。
しかし、”収監”といっても、一般の受刑者と同じような扱いではなく、何らかの「特別扱い」を受ける可能性があるし、やはり、事故発生当時にどこからともなく表れた(北村滋氏や中村格氏では?との声も上がってきた)「謎の黒スーツ集団」の存在が今になって再び気になってしまう。

いずれにしましても、(これまでの経緯をみても)元高級官僚として日本政府の深部で原子力行政などに関わってきたうえに、勲章受章者でもある飯塚幸三被告がその他大勢の受刑者と同じような扱いを受けるとは到底思えませんし、すでに90歳を超えている中で「何らかの特別な処遇」を受けるのは確実なのではないでしょうか。

自宅で余生を過ごすことについても(凄まじい苦情や抗議運動などで)大きなストレスを感じる状態なのなら、恐らく、(表向き「刑に服している」という体にしながら)政府が所管する「どこかの施設」でひっそりと隠居して生涯を終える感じになるのかな
とにかくも、いくら実刑が確定しても、綺麗さっぱりに解決することなど永遠に無いし、言うまでもなく、飯塚被告によって奪われてしまった2人の母子の命は二度と戻ってこない。
色々な意味で、あまりにもやるせない事件・事故だけど、二度とこうした事態が起こらないように、少なくとも、自動車の運転者に対する要件について、改めてもう少し厳重かつ慎重に見直していくのがいいと思うし、運転者のミスや突然の意識喪失などにおいても深刻な事故を防ぐことが出来るように、様々な事故防止機能を追求し発展させていく契機にしていくことも重要なのではないかな。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事