埼玉県知事選、野党共闘の大野元裕氏が当選!「圧勝予測」も出ていた自公推薦の青島健太氏は、まさかの逆転負けに!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年8月25日に投開票が行われた埼玉県知事選において、立憲・国民・共産・社民が支援した元参院議員の大野元裕氏が初当選した。

・自民・公明が支援したスポーツライターの青島健太氏は、当初は大勝が予想されていたものの、別の候補者の辞退や野党共闘体制が整ったことで大野氏の猛追にあい、まさかの落選に

・前回の知事選で”史上最低”を更新した投票率は、前回よりも5ポイントほど上昇し、32.31%だった。

埼玉県知事選 大野元裕氏が初当選 野党4党が支援

事実上の与野党対決の構図となった埼玉県知事選挙は、立憲民主党や国民民主党など野党4党が支援した元参議院議員の大野元裕氏(55)が、自民・公明両党が推薦した新人らを破り初めての当選を果たしました。

埼玉県知事選挙の開票結果です。

▽大野元裕、無所属・新、当選。92万3482票。
▽青島健太、無所属・新。86万6021票。
▽浜田聡、NHKから国民を守る党・新。6万4182票。
▽武田信弘、無所属・新。4万631票。
▽櫻井志津江、無所属・新。3万4768票。

立憲民主党、国民民主党、共産党、社民党が支援した元参議院議員の大野氏が、自民党と公明党が推薦したスポーツライターの青島氏らを破り、初めての当選を果たしました。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2019.8.25.】

菅長官や二階幹事長、山本一太群馬県知事も応援に入るも、青島氏の票が伸びず!「翔んで埼玉」効果か、投票率も5ポイントほどアップに!

出典:YouTube

与野党の大接戦や低投票率などが話題になっていた埼玉県知事選ですが、終わってみれば、野党系候補の大野元裕さんが快勝という結果に終わりました。
そして、投票率をアップさせるための「切り札」として、話題の漫画作品「翔んで埼玉」とコラボした広告を大々的に展開したのが功を奏したか、投票率も”史上最低”だった前回を5ポイントほど上回ったようです。

大野氏は、上田前知事の”後継者”として、これまでの県政を継承する政策をアピールしてきたけど、8割以上の県民が上田県政を肯定的に評価しているとのデータもあり、上田氏の地元での影響力と、大野氏自身の外交官や国会議員の経験をアピールしたことが多くの票を集めたことにつながったようだ。

一方で、自公が支援したスポーツライターの青島健太氏だけど、当初は複数の野党候補が票を食い合う可能性から「圧勝」「トリプルスコア」との予測も出ていたものの、野党系候補だった行田邦子氏が熱中症に罹り立候補を取りやめたことから情勢が一変
上田前知事の支援を全面的に受けた大野氏に対して、4野党が共闘する形が固まり、菅長官や二階幹事長、そして、山本一太群馬県知事まで青島氏の応援に入ったものの、ふたを開けてみれば、一定数の自民支持層からもそっぽを向かれる結果に終わった。

今回の選挙結果を活かして、今後も円滑な野党共闘と国民に寄り添った政策アピールをより前進させていきたいところだし、大野氏の辞職に伴って10月に行われる埼玉の参院補選も要注目だ。

前回よりもアップしたとはいえ、まだまだ投票率が低い状況ですし、国政選挙ともども、投票率をもっと上げていくための工夫や施策も必要ですね。
野党の皆さんには、今回の勝因をしっかり分析したうえで、是非とも次の補選に繋げていってほしいと思います。

Pocket