【イカサマ】自民・石井浩郎議員がデリバティブで大損→6千万円もの証拠金不足をJPアセット証券が立て替え!石井氏「認識が甘かった」

Pocket

どんなにゅーす?

自民党の石井浩郎参院議員が、私的なデリバティブ取引(金融派生商品)において、最大6千万円以上もの証拠金不足に陥ったにもかかわらず、これらをすべて証券会社(JPアセット証券)が立て替えた上で取引を継続させていたことが判明。金融商品取引法が禁じている「特別な利益の提供」に当たるとして、証券取引等監視委員会が金融庁に対し、同社に行政処分を出すよう勧告した。

石井浩郎議員は、この事実を認めたうえで、「認識が甘く勉強不足だった」などと謝罪証券会社が与党議員に対して「特権的かつ不公平な扱い」を行なっていた現状が明らかになった。

石井浩郎議員に利益提供 JPアセット証券、証拠金立て替え

JPアセット証券(東京都中央区)が、自民党の石井浩郎参院議員(55)=秋田県選挙区=がデリバティブ(金融派生商品)取引の担保として預けた証拠金の不足分を立て替え、取引を継続させていたことが5日、関係者への取材で分かった。

証券取引等監視委員会は、金融商品取引法が禁じる「特別な利益の提供」に当たるとして、同社に行政処分を出すよう8月30日付で金融庁に勧告した。

監視委などによると、同社は昨年10月~今年5月、141営業日のうち111営業日で石井議員の証拠金が約40万~6200万円分足りなかったのに、不足分を立て替えた上で新規の取引も受けた。石井議員が取引継続の意志を強く示したという。

~省略~

【秋田魁新報 2019.9.6.】

特権スキャンダル発覚! 石井浩郎参院議員“ドン引き”な素顔とは…

~省略~

「石井議員は近鉄や巨人などでプレーした元プロ野球選手として知られています。引退後は飲食店を経営していましたが、2010年に地元の秋田県から自民党の公認を得て出馬し、初当選しました。もともと押しの強い性格で、過去2回の離婚は、石井のDVが原因といわれていますね。今回の証拠金不足も石井議員が継続取引を強く迫ったともっぱらです」(スポーツ紙記者)

石井議員といえば思い出されるのが、03年の歌手・岡村孝子との離婚会見での発言だ。石井議員は別れた岡村のことを「人魚だと思って釣り上げたらホオジロサメだった」と言い放ち、周囲をドン引きさせたのだ。また、岡村が当時、連帯保証人になっていた実家の借金返済も協力せず、その守銭奴ぶりを見せつけたことでも話題になった。

「石井議員は岡村と離婚した後、レースクイーンで11歳年下の船木可絵と再婚しました。しかし、結婚生活は長くは続かず、3年ほどで離婚してしまいました。当時、写真週刊誌で石井議員のDV疑惑が報じれましたが、2人続けてDVが問題になったことからも分かる通り、かなり威圧的な性格なのは間違いないでしょう。現在は元フリーアナウンサーだった女性と三度目の結婚をしていますが、歴代の奥さんは、皆スラッとした美人ばかり。女性の好みもかなりうるさそうですね」(芸能記者)

~省略~

【週刊実話 2019.9.6.】

またも、安倍自民党議員の不正が明らかに!石井浩郎議員に、大量の証拠金不足を証券会社に肩代わりさせるイカサマ発覚!

出典:石井ひろお公式サイト

まーた安倍政権の自民党議員に、信じられない不正行為が発覚したわっ!!
最大で6千万円もの証拠金不足を証券会社に肩代わりって、どんだけメチャクチャな取引をやってたのよっ!?

元プロ野球選手の石井浩郎議員による、衝撃的な不正事件の発覚だ。
本来であれば、金融取引による損失によって証拠金不足が発生すれば、速やかに証拠金を追加で納めるか、強制的に損切りを確定させられて、事実上、証券会社から”退場勧告”を受ける事態になるはずなんだけど…こりゃまたとんでもない話が出てきたものだ。

石井浩郎議員本人が「取引の継続を証券会社に強く迫った」との報道がされているけど、こうした「脅し」や「わがまま」を言うだけで、こんなイカサマがまかり通ってしまうのであれば、これこそ、ネット上で多く言われている「上級国民社会」そのものだし、まさしく、安倍政権の議員連中が法律を超越した”特権”を持ちつつあるということになる。

まともな国であれば、すぐに当局が動いて、石井氏と証券会社が逮捕されるような事態になるだろうけど、石井議員は「現在すべて清算している」と主張しており、問題ないことを強調している始末だ。
ネットでも多くの声が上がっているけど、これがまかり通るのなら、「万引きも後から返せば問題ない」という話になってしまうし、これがうやむやに終わってしまうというのなら、それこそ、安倍一派であればどんな不正や犯罪も見逃してもらえる「上級国民独裁制度」が強固に構築されている実情を強力に示すことになりそうだ。

ほんっとに、大手のマスメディアも、韓国の「玉ねぎ男」を大喜びで連日連夜報じる暇があるなら、日本の与党議員の数多くのインチキや犯罪を詳しく報じなさいよっ!!
安倍政権の腐敗っぷりも末期的だけど、そんな安倍政権に完全に取り込まれている日本のマスコミも同じくらいに腐りきっている状況だわっ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事