【順当】百田尚樹氏の「殉愛」デマ裁判、発行元の幻冬舎に365万円の賠償命令が確定!最高裁が上告を退け、賠償額も35万円アップ!

Pocket

どんなにゅーす?

・タレントのやしきたかじん氏の生前の闘病生活を綴った百田尚樹氏の著作「殉愛」について、やしき氏の長女が名誉毀損で訴えていた裁判の二審において、東京高裁が百田氏の記述に記述に重大なデマが含まれていると認定し、発行元の幻冬舎に365万円の賠償命令を下した。

・また、最高裁が幻冬舎の上告を退けたことで判決が確定。さらに二審では、別のプライバシー侵害があったことも認定され、35万円の賠償額が上乗せされた。

スポンサーリンク

百田氏「殉愛」、賠償命令確定

タレントの故やしきたかじんさんの闘病生活を描いた作家百田尚樹氏の書籍「殉愛」を巡り、やしきさんの長女が名誉を傷つけられたなどとして、発行元の幻冬舎(東京)に損害賠償などを求めた訴訟は、365万円の支払いを命じた二審東京高裁判決が確定した。最高裁第1小法廷(山口厚裁判長)が21日付で、幻冬舎側の上告を受理しない決定をした。

一審東京地裁は、やしきさんをしのぶ会で、長女らしき人物がやじを飛ばしたとする記載について、真実ではなく名誉毀損に当たると認定。330万円の支払いを命じた。二審東京高裁は別記述によるプライバシー侵害もあったとして賠償額を35万円増やした。
【共同通信】

【ロイター 2017.12.22.】

出典:YouTube
スポンサーリンク

 

「永遠の0」の著作や、日頃からデマばかりを飛ばしていることで知られている、百田さんの「殉愛」裁判、ついに百田さん(幻冬舎)の全面敗訴が確定したわね。
まあ、すでにネット上でも嘘と捏造だらけの本だったことが詳しく検証されているし、これは当然の判決よね。

殉愛」のデマ騒動については、これらのまとめなどで詳しく書かれているけど、これらを見ても、いかにほとんどろくな取材をせずに書かれた「トンデモノンフィクション」なのかがよく分かるね。

おまけに百田氏は悪質なデマだけでなく、あからさまな民族ヘイト脅迫めいたものまで日頃からツイートしまくっており、実にたちが悪い。
これを機に少しは大人しくなってくれればいいけど、果たしてどうなるのかな。

本当に、安倍総理のお友達人脈は、詐欺師やら嘘つきやらヘイトスピーカーやら、ロクな人がいないわね。
まさに「類は友を呼ぶ」そのものだけど、これをきっかけに、こうした「モラル崩壊」を日本社会にまき散らしているアベ友連中が少しでも弱体化していくことを心より願っているわ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket