【激辛カレー】東須磨小学校の壮絶な「教員いじめ」に批判殺到!ネットでは、加害教師の”特定”の動きが盛り上がる(兵庫・神戸市)

Pocket

どんなにゅーす?

兵庫県神戸市立東須磨小学校において、教員の間で常軌を逸した「いじめ」があったことが発覚。大手マスコミが大きく報じ、ネット上でも怒りの声が殺到している。

・報道やネットの情報によると、2018年から19年の間に、4人の教員(女性1人男性3人)による4人の教員(男性2人女性2人)へのいじめがあったことが伝えられており、激辛カレーや激辛ラーメンを無理やり食べさせたり目に塗り込む、教員の車に乗っかったり車を蹴る、コピー用紙の芯で尻を叩いて腫れ上がらせる、脛に粘着テープを貼り一気にはがす、紙の資料に水をかけてダメにする、などの数々の嫌がらせやいじめを繰り返していたという。被害者の女性教員に対しては、セクハラ行為も行なわれていたという。

被害者の一人の男性教員は現在体調を崩しており、学校を休んでいる状態だという。

・ネット上では、早速の加害教員を特定しようとする動きが盛り上がっており、衝撃的ないじめの数々に対し、ネット上の怒りの声がヒートアップする事態になっている。

「いじめ防止」教師が同僚を“激辛カレーいじめ” さらに新車の屋根にも

激辛カレー強要のいじめ動画を入手

神戸市の公立小学校で発覚した同僚教師によるいじめ問題でFNNが映像を入手。
そこには教育者とは思えない卑劣な行為が記録されていた。
嫌がる20代の男性教師が先輩教師に羽交い締めにされている。

Aさんの顔の前には激辛カレー。女性教師がAさんに激辛カレーを無理やり食べさせている。

時期は2018年9月。撮影したのは神戸市の東須磨小学校の教師たち。被害者そして加害者がともに教師といういじめだ。

~省略~

【FNN PRIME 2019.10.7.】

教員間の常軌を逸したいじめが発覚!教育現場においてもモラル崩壊と「大人の幼児化」が止まらず!

出典:YouTube

神戸市立東須磨小学校における教員間のいじめが発覚、各マスコミが大きく報じたことでネット上でも大きな波紋を呼んでいます。
その衝撃的な内容の数々にネット上も大きくヒートアップしており、早速、加害者の教員を特定していく動きが激化してきています。

子どもにたくさんのことを教えていく大人自身が、やっていいことと悪いことも分別もつかずに、他人を大きく傷つけたり社会に害を与える行為を繰り返しているのだから、もはや、「世も末」という言葉しか思いつかないね。

一部の情報によると、加害教員のリーダー格は(校長お気に入りの)40代の女性教員との情報が出てきており、校長に乞われてこの学校に赴任してきたとの話が出ている。
そうした影響があったのか、学校側は6月の時点でいじめを把握し、翌月に教育委員会に報告したにもかかわらず、調査を始めたのは、被害者教員の家族から連絡を受けた後の9月だったとのことで、学校や教育委員会がこの問題を隠蔽しようとした可能性もあるかもしれないね。

ネット上では、同じようないじめを受けた経験があるという声も出てきていますし、これまであまり表に出てきませんでしたが、生徒間のみならず、教員間においてもいじめの問題が潜んでいる可能性がありそうです。

N国の立花氏に言わせれば、これも「神様が与えた自然の摂理」ということになるんだろうけど…差別やいじめが蔓延し、これらが何の歯止めもなく野放図にされ続ける限り、社会は常に荒廃・崩壊に向かっていくし、ボクたちは、常に自らを律し、理性を持ちながら、差別やいじめの問題に常に向き合い、どうすれば、社会の崩壊を食い止めることが出来るのか、真剣に考えていかないといけないんじゃないかな。

弱いものいじめが蔓延する社会は、回り回って「私たち自身がいじめや迫害を受ける社会」に繋がっていきますからね。
改めて、日本社会における理性やモラルが退廃してきている現実を思い知りますし、ネット上の人々の感情がヒートアップすることで、(これまで何度も発生してきたように)無関係な人々があらぬ中傷や嫌がらせを受ける事態が起こらないことを願っています。

Pocket