■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【一体何が】立憲・羽田雄一郎元国交相が急死…「数日前に発熱し、PCR検査を受ける予定だった」との情報も!泉健太議員「数日前にもお会いしたばかりでした。全くもって信じられません」

【一体何が】立憲・羽田雄一郎元国交相が急死…「数日前に発熱し、PCR検査を受ける予定だった」との情報も!泉健太議員「数日前にもお会いしたばかりでした。全くもって信じられません」
Pocket

どんなにゅーす?

・2020年12月27日、民主党政権時代に国交相を務めた立憲民主党の羽田雄一郎参院議員(53)が都内で急死したことが判明。各大手メディアが速報で伝えた。

・正確な死因については今のところ報じられていない中、「数日前に発熱し、PCR検査を受ける予定だった」との情報や「体調不良を訴え、秘書が病院に連れて行く途中、羽田氏の様子が急変した」などの情報が出てきている。

・立憲・泉健太議員は、自身のツイッターで「数日前にもお会いしたばかりでした。全くもって信じられません…。受け止められません。」とツイートしたほか、多くの国会議員が羽田氏の冥福を祈るツイートを寄せている。

羽田雄一郎氏死去 都内の会合後、体調不良を訴えて倒れる 政界関係者が明かす

立憲民主党の羽田雄一郎参院議員が27日午後、東京都内で死去した。羽田事務所の関係者が同日、明らかにした。53歳。政界関係者によると、同日、都内で行われた会合に出席し、会場を後にし車に乗り込む際に足元がふらつき、体調不良を訴えてその場で倒れたという。その後、都内の病院に救急搬送されたが、息を引き取った。永田町関係者は「数日前から体調を崩し、PCR検査を受ける予定があったという話も聞きました」と語っている。

~省略~

【スポニチアネックス 2020.12.27.】

羽田雄一郎元国交省の急死に須藤元気参院議員「とても残念です」と衝撃

旧民主党政権で国交相を務めた羽田雄一郎参院議員(53)が27日に急死の一報に無所属の須藤元気参院議員(42)は、ツイッターで「ご冥福をお祈りします」と寄せた。

~省略~

死因など詳細は不明だが、永田町関係者は「長野から東京に戻り、24日ごろから発熱していたと言われています。体調不良で秘書が病院に連れて行く途中、羽田氏の様子が急変し、救急車を呼び、緊急搬送された都内の大学病院で16時34分に亡くなった」という情報が流れている。

~省略~

【exciteニュース(東スポWeb) 2020.12.27.】

羽田雄一郎議員の突然の訃報に多くの驚きと衝撃の声!死因について様々な憶測が飛び交う事態に…

出典:参議院

立憲民主の羽田雄一郎元国交相が、53歳の若さで急死されたとのことです。
私も、最初はにわかに信じられないような気持ちでしたが、新たに出てきた報道によると、どうやら、何かの突発的な”急病”で息を引き取られたみたいですね…。

これらの情報がどこまで本当なのかが分からないけど、「発熱」「PCR検査を受ける予定だった」などの情報を見る限り、新型コロナ肺炎にかかってこれが一気に悪化して息を引き取ってしまった可能性もありそうだね。
実際、(海外のもので)新型コロナ肺炎にかかった人が道路で突然倒れ込んで意識を失ってしまう映像が話題になっていたことがあったし、元々何らかの持病や基礎疾患を持っている人であれば、こうした”急死”も大いに有り得ることだろう。

詳細は今のところ不明ですし、具体的な内情が伝えられない限りは何とも言えない状況ですね。
改めて、私たちも新型コロナ感染に細心の注意を払いながら、年末年始を迎えるようにしたいですね。

日本においても、立憲・小川淳也議員自民・高鳥修一議員竹本直一前IT担当大臣など、有名政治家がコロナに罹る事例が相次いでいるし、この先日本国内の感染がますます拡大していけば、日本政府や地方自治体の行政のみならず、公共交通機関や重要なライフラインなどの運用においても、大きな悪影響が出てくるリスクが高まってくることになる。

そうですね…。
詳細はまだ分かっていない部分が多いものの、53歳の若さで急逝された羽田議員のご冥福をお祈りししたいと思います。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ピックアップカテゴリの最新記事