■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【ヤラセ横行】JNN世論調査でも「五輪開催」の声が大きく増加!コロナ禍での東京五輪強行開催で「日本選手のメダルラッシュは確実」との声も!

【ヤラセ横行】JNN世論調査でも「五輪開催」の声が大きく増加!コロナ禍での東京五輪強行開催で「日本選手のメダルラッシュは確実」との声も!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年6月5日に行なわれたJNN(TBS)世論調査において、東京五輪の「開催」を求める声が大きく増加(合わせて44%)。「中止」を求める声(31%)を上回ったという。

組織委とスポンサー企業との会議の中で「『東京五輪を中止すべき』の世論を逆転させる必要がある」との発言が飛び出ていた中、読売新聞の世論調査に続き東京五輪の強行開催に賛成する数字が急増する事態になっている。

JNN世論調査で五輪「開催」44%、「中止」3割、「延期」2割超

東京オリンピック・パラリンピックについてJNNの世論調査で尋ねたところ、「開催すべき」と答えた人が44%に達する一方、「中止すべき」「延期すべき」もそれぞれ31%、24%と回答が割れました。

菅内閣を支持できるという人は、先月の調査結果より1.0ポイント下落し39.0%と、政権発足後最低を更新しました。支持できないという人は1.3ポイント増え58.3%でした。

~省略~

【TBS News 2021.6.7.】

開催なら日本選手が断然有利、「不公平五輪」に国民が狂喜する

~省略~

■ 日本がメダルラッシュの予感、熱狂で「感染爆発」への備え忘れてはならない

一方、東京五輪に参加する肝心の各国代表選手たちも今大会の杜撰(ずさん)なスケジューリングと管理体制に悲鳴を上げている。豪州代表の女子ソフトボールチームは群馬県太田市で事前合宿をスタート。海外の選手団が日本国内で合宿地入りするのは初めてとあって、各メディアでも大々的に報じられたが、6日に予定されていた東海大学との練習試合がお互いの感染予防のため中止となるなど早くも破綻状態へ追い込まれている。

そのほか、海外代表選手団の事前合宿が行われる予定だった自治体から次々と「中止」が発表され、予想されていた事態とはいえ不穏なドミノ現象に歯止めが利かなくなっているのも気がかりだ。

「海外の代表選手が事前合宿を行えずに大会直前で来日し、ぶっつけ本番となればベストコンディションで競技に臨めるとはとても言えない。コロナだけでなく日本の酷暑への対応もままならないだろう。そう考えると、この東京五輪はかつてないほど日本の代表選手たちにとって絶対有利の環境になる。それが良いか悪いかは別にして“ホームアドバンテージ”で地の利を生かし、史上空前のメダルラッシュとなりそうな予感は確かにある」(組織委関係者)

ただでさえコロナ禍で身動きが取れない中、自国開催の特権を存分に生かせる日本とハンデを背負う他国との間にはとんでもない格差が生じるのは必至。たとえそんな不公平があろうともメディアは手のひら返しで日本のメダルラッシュや奮闘ぶりを針小棒大にしながら報じ「感動の押し売り」を図ろうとしている流れは容易に想像がつく。悲しいかなどうしても熱しやすい国民は強行開催に対する怒りを忘却し五輪フィーバーにあっさりと流され、7月23日の開幕以降はワーワーと熱狂して騒ぎ出すことになるだろう。これこそが政府、組織委、JOC(日本オリンピック委員会)、そして一部開催強硬派ら大会関係者の思い描く理想のシナリオなのだ。

~省略~

【Yahoo!ニュース(JBpress) 2021.6.10.】

読売に続いてTBS世論調査でも「五輪開催」を求める声が大きく増加!組織委とスポンサーによる「『東京五輪を中止すべき』の世論を逆転させる必要がある」との話し合いが行なわれた後、実際に次々と「世論が逆転」!

やっぱり、この国の大手マスコミの世論調査はおかしいわっ!!
4月28日に行なわれた東京五輪組織委とパートナー企業との「パートナーミーティング」の中で、「組織委員会とパートナー企業で越えなければならない共通の壁は世論だ。中止すべきだという世論を逆転させる必要がある」なんていう発言が飛び出したというけど、そしたら本当に、次々と大手世論調査で「世論が逆転」し始めてきたじゃないのよっ!!

前月のJNN世論調査と比べてみても、「開催すべき」の声が計おおよそ10ポイント近く増加しているし、Twitter上では、この報道の仕方について(「五輪『開催』44%、『中止』3割、『延期』2割超」との見出しなどに対して)「悪質な印象操作」との突っ込みが多く入っている状況だ。
つまりは、何から何までが、組織委とスポンサーの意向通りに動き出したということだし、簡単に言えば(予想していた通り)「中止すべきだという世論を逆転させる」ためのあらゆるヤラセや世論誘導などの「情報操作や洗脳工作」が強力に発動してきたということだろう。

●過去参考記事:【世論操作】読売新聞の都民への世論調査、「五輪賛成」の声が急増!約半数(49%)が「賛成」に(反対は48%)!世界支配層による「五輪強行」の流れ受け、大手マスコミも「帳尻合わせ」を開始か!

そして、こうやって、1%のグローバル権力層の意向通りに世論が大々的に捏造・操作された末に東京五輪が強行開催された場合、日本選手による空前のメダルラッシュが起きると予測する声が多く上がってきている。
そりゃ、海外の選手はろくに練習ができてないだけでなく、ワクチンを半強制的に接種されることでただでさえ体調が万全ではない上に、おまけに(コロナウイルスまみれの)慣れない日本にやってきて「最高のプレー」をしないといけないのだから、いってみれば完全なる「無理ゲー」だし、一方で日本選手は、80%の力すら発揮できなくても、簡単にメダルを獲れてしまうんじゃないかな?

何から何までが「デタラメまみれ」としか言いようがないわっ!!
実際に、ワクチンの副反応で大きく体調を崩したことで、重要な試合を欠場したり練習に思うように打ち込めなくなった選手が続出しているみたいですし、こんなインチキ同然の東京五輪で日本国民が大きく熱狂してしまうのなら、もうこの国は完全に終わりだわっ!!

どうやら、菅政権の政治屋や関係者の連中は、本気でそう考えている(インチキ同然の東京五輪に多くの国民が熱狂して、最終的に政権支持率も大きく上がると考えている)みたいだし、ここまで見え見えの子供騙しの”罠”にはまってしまうようでは、もうどうやっても自らの命と健康と財産を守ることはできないだろう。
とにかく、こんなにもあらゆる要素において腐敗臭が充満している五輪は前代未聞だし、どこまで日本国民が、1%が次々と仕掛けてくる罠や洗脳に嵌り込まずに、「まっとう思考と正しい行動」に徹することができるかが運命の大きな分かれ道であるといえそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事