【なぜ】武漢からの帰国者が滞在する施設で内閣官房職員が死亡!飛び降り自殺か?帰国者から「人が倒れている」と通報(埼玉・国立保健医療科学院)

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年2月1日、新型コロナウイルスの感染拡大により、中国・武漢からの帰国者を一時的に受け入れている、埼玉・国立保健医療科学院において、警視庁から出向している内閣官房の男性職員(37)が血を流して倒れているのが見つかり、その後病院で死亡が確認された。自殺とみられているという。

・警察によると、1日午前10時15分頃、どさっという音を聞いた滞在者が「人が倒れている」と消防に通報。職員は帰国者の受け入れ業務を担当していたといい、前日から泊まり込みで働いていたという。

内閣官房職員が自殺か、武漢から帰国者受け入れ業務

新型コロナウイルスによる肺炎が発生した中国湖北省武漢市からの帰国者が滞在する、埼玉県和光市の国立保健医療科学院で1日午前、滞在者の受け入れ業務をしていた内閣官房の男性職員(37)が倒れているのが見つかった。職員はその後死亡が確認され、県警は飛び降り自殺をした可能性があるとみて調べている。

県警によると、1日午前10時15分ごろ、どさっという音を聞いた滞在者が「人が倒れている」と119番。搬送先の病院で死亡が確認された。

男性職員は警視庁から内閣官房に出向中で、1月31日から科学院に泊まり込みで働いていた。職員が倒れていたのは、7階建ての寄宿舎近く。遺書は見つかっておらず、県警は詳しい状況を調べている。

~省略~

【日刊スポーツ 2020.2.1.】

埼玉の帰国者受け入れ先で、内閣官房職員が飛び降り自殺か?衝撃的なニュースに様々な声が飛び交う

出典:FNN PRIME

武漢からの帰国者の方々を受け入れている埼玉・国立保健医療科学院で、信じられないような事態が起こってしまいました
その背景や理由は全く分かりませんが、まさか、新型肺炎ウイルスに感染した人ではなく、彼らをサポートする側の政府職員の方が自殺をするなんて…

しかも、最初に発見して通報したのが帰国者だというし、ただでさえ、大きなストレスや不安を抱えながら社会から隔離された生活を送っている中で、帰国者の人々の精神的なショックについてもかなり心配だ。

詳しい内情や理由が全く分からない以上、色々とコメントすることが難しい状況だけど、この職員自身が相当に心身を疲弊させていたことがうかがえるし、こうした「強いストレスの元」が、上(政府)から指示された業務によるものなのかなど、詳しい調査を行なう必要がありそうだ。

はっきり言えることは、昨今の日本では、ブラック労働や職場での人間関係、希望ややる気がなかなか持てない「停滞・閉塞した社会環境」などにより、心身を深く疲弊させている人がたくさんいるし、とにかくも、現場の業務環境や帰国者たちの精神面などにおいて、悪い影響が出てしまわないかが心配だね。

いずれにしても、今後ますます国を挙げて感染拡大の防止や帰国者の方々のフォローを行なう必要がある中で、なぜ、このような悲しくもショッキングな事態が起こってしまったのか、政府は包み隠さずに、きちんとした調査を行なう必要があるのではないでしょうか。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事