自動車の暴走事故が止まらず!大阪此花区の次は福岡早良区で!ネット「またまたプリウスかよ」「また高齢者の暴走かよ」

Pocket

どんなにゅーす?

・全国各地で自動車の暴走事故が相次いで発生している。

・2019年6月3日夜には、大阪市此花区でプリウスが暴走し、小さい子供を含む4人が負傷80歳の運転手の男が過失運転傷害容疑で現行犯逮捕された。

・2019年6月4日夜には、福岡市早良区で高齢の男女2人が乗っていた乗用車が逆走・暴走し、複数の車に次々衝突する事故が発生。暴走した車を運転していた80代の運転手と同乗の70代女性が死亡し、計7人が負傷したと報じられている。

車が暴走 幼児ら4人けが 80歳男逮捕「ブレーキ踏み間違え」

~省略~

3日午後6時半ごろ、大阪 此花区にあるスーパー「ライフ此花伝法店」の駐車場から急発進した乗用車が、歩道にいた歩行者などをはねました。

警察などによりますと、この事故で
▽2歳くらいの男の子、
▽7歳くらいの女の子、
▽2人の子どもの母親の28歳の女性、
▽53歳の女性、の合わせて4人が頭や足などに軽いけがをしました。

これまでの調べで、乗用車はバックで敷地内の駐輪場付近にいた子ども2人と母親をはねたあと、そのまま歩道に飛び出して53歳の女性をはね、そこから今度は前進して看板の支柱に突っ込んで止まったということです。

現場では複数の自転車が横倒しになり、車止めとみられるポールも根元から折れていました。

警察は、乗用車を運転していた近くに住む増永弘明容疑者(80)を過失運転傷害の疑いでその場で逮捕しました。

調べに対し「アクセルとブレーキを踏み間違えた」と供述しているということで、警察が事故の詳しいいきさつを調べています。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2019.6.4.】

多重事故で高齢男女死亡=対向車線逆走、7人負傷-福岡

4日午後7時5分ごろ、福岡市早良区百道の交差点で、「複数の車が絡む事故があり、けが人が多数出ている」と110番があった。福岡県警早良署によると、乗用車など6台が絡む事故で男女9人が搬送され、うち80代男性と同乗の70代女性の死亡が確認された。この男性が運転する車が対向車線を逆走し、多重事故につながったとみられる。

同署によると、搬送された残りの7人は10~50代の男女で、負傷したがいずれも命に別条はない。一部の車はひっくり返ったり、大破したりして歩道に乗り上げ、現場は一時騒然となった。同署などが事故の詳しい状況を調べている。

交差点で起きた車4台が絡んだ事故の現場=4日午後、福岡市早良区
同署によると、現場の早良口交差点の南数百メートル手前で、死亡した男性の運転する乗用車が追突事故を起こした。車は対向車線を逆走し、交差点の手前で軽自動車とタクシーに接触。その後、交差点に進入しながら他の車と相次いで衝突し、最終的に歩道に乗り上げた。
事故に巻き込まれたタクシー運転手の男性(71)によると、現場交差点を通過後、乗用車が猛スピードで逆走してきたという。男性のタクシーは避け切れずに衝突し、その後乗用車は他の車に次々と衝突したという。

~省略~

【時事通信 2019.6.5.】

大阪ではまたも高齢ドライバーのプリウスが暴走!福岡では高齢ドライバーのエスティマが猛スピードで逆走し、凄惨な多重事故に


出典:YouTube


出典:YouTube

全国各地で、高齢者が運転する自動車の暴走事故が連発しています。
大阪市此花区では、80歳のドライバーが運転するプリウスが暴走し、4人が負傷。そして、福岡市早良区では、80代のドライバーが運転する自動車(ネットではエスティマとの情報)が逆走・暴走し、次々と他の車に衝突。7人が負傷した上に、ドライバーと同乗者の70代女性が死亡したと報じられています。

テレビのニュースでは、ここのところ、高齢ドライバーの免許の返納を促すような特集が放送されており、実際に免許の返納数が増えてきているとの報道もあったけど…それもほとんど効果がないほどに、あまりにも同じようなパターンによる暴走事故が連発しているね。
プリウスの暴走で言えば、ここ最近だけでも、「飯塚幸三事件」千葉・市原の暴走事故に続いて3連発だし、高齢ドライバーによる暴走事故も間髪入れずに次々と起こっているような状況だ。

日本国民全体の知能や運動(運転)能力が落ちてきているのか、あるいは、(少子高齢化に伴って)高齢者の数が増えてきていることが影響しているのか…その確たる原因は全く不明だけど、通常では考えられないような「運転操作の間違い」による暴走事故があまりにも多すぎるのが、かなり気になるね。

中でも、プリウスの割合が異常なまでに高いように見えるのが気になりますし、ここまで高齢者による凄惨な暴走事故が連発している以上、自動車の運転機構そのものも見直した方がいいのではとも思えてきてしまうのですが…。

いつどこで、ボクたち自身がこのような事故に巻き込まれるとも限らないし、これは全国民にとってもかなり深刻な問題であるといえるだろう。
例えば、オートバイの場合は、アクセルとブレーキを手足を使って操作するけど、自動車についても、「絶対にアクセルとブレーキを間違えない」ような運転機構に改良するべき段階に来ているのだろうか?
昔から同じ機構であるにもかかわらず(AT車もかなり以前から普及しているし)、なぜここ最近になってから間違えるケースが連発してしまっているのか、首を傾げてしまう部分が大きいけど…「日本人ドライバーの間で一体何が起こっているのか?」「どうすれば暴走事故を未然に防ぐことが出来るのか?」について、政府や自動車メーカーも、様々な側面から本腰を入れて調査を行なっていくべき事態に差し掛かってきているのではないかな?

Pocket