【唖然】IOCバッハ会長と菅総理が会談!「観客を入れた五輪実現」に向け一致!バッハ氏「東京大会を必ず実現し、成功させる」「人類の連帯と結束力を表すシンボルとなる」!

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年11月16日、IOCバッハ会長が来日し菅総理と会談2021年の東京五輪について「観客を入れた形での開催実現」に向け、緊密に連携していくことで一致した。

・菅総理が「人類がウイルスに打ち勝った証しとして、また東日本大震災から復興しつつある姿を世界に発信する東京大会の開催を実現する決意だ」と述べたのに対し、バッハ会長は(N95の高性能マスクを着用しながら)「今回開かれる大会はコロナ後の世界で人類の連帯と結束力を表すシンボルとなるものだ」と同意し、「東京大会を必ず実現し、成功させる」と強調。かねてから予測されていた「五輪の中止を宣告される」といったものとはかけ離れた内容での会談となった。

東京五輪、観客入り開催へ連携 菅首相とバッハIOC会長

菅義偉首相は16日午前、来日中の国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と首相官邸で会談した。来年夏に延期された東京五輪・パラリンピックについて、観客を入れた形での開催実現に向け、緊密に連携していくことで一致。バッハ会長は「東京大会を必ず実現し、成功させる」と述べた。

首相は会談で「人類がウイルスに打ち勝った証しとして、また東日本大震災から復興しつつある姿を世界に発信する復興五輪・パラリンピックとして東京大会の開催を実現する決意だ」と表明。新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、安心・安全な大会の実現を目指し、バッハ会長と緊密に連携する意向を示した。
これに対し、バッハ会長は「今回開かれる大会はコロナ後の世界で人類の連帯と結束力を表すシンボルとなるものだ」と指摘。「(開催への)決意、コミットメントを持っている皆さん方が努力している中、われわれは日本の側に立つ」と述べ、日本の取り組みを支持した。

~省略~

【時事通信 2020.11.16.】

N95マスク着用で来日しながら「観客を入れた五輪実現」「必ず成功させる」という壮大な”矛盾”!黒いカネと利権に満ちた「腐臭が蔓延する五輪」の本質を露呈!

出典:NHK NEWS WEB

今回のバッハ会長の来日で、「いよいよ東京五輪の中止決定か?」なんて言われていたけど、ふたを開けてみたらまさに「正反対の内容」になったみたいねっ!!
しかも、N95の高性能マスクを着用して来日しながら「東京大会を必ず実現し、成功させる」って…これ自体が「壮大な矛盾」を抱えていることが分からないのかしら!?

ネット上では、「水面下ですでに日本政府に中止が宣告されている」との情報が大きく出回っていたけど、なんじゃこりゃ?
ほとんどお笑いかコントみたいな世界だし、バッハ会長もなかなか笑わせてくれるね。

おまけに、本来であれば、この実に印象的な「矛盾や奇妙さ」について、マスメディアが真っ先に皮肉や批判を交えて報じるべきなのではと思うけど、東京五輪の最大の利権者である電通に完全なまでに支配されている大手マスコミは、不自然なまでにどこもそれに触れようとしない始末だ。
こうした実情も含めて、「全てがお笑い劇場」と化しているし、彼らは一体どこの世界で生きているのだろうか?

この調子では、GoToキャンペーンも「東京五輪強行開催前提」でかなりの期間にわたって延長されそうだし、さらに、日本国内に新型コロナウイルスが蔓延しては、日本国民が未曽有の危機に見舞われる危険がさらに高まったといえそうだ。

ほんとに、IOCも安倍&菅政権の一味であることがこれでますますよく分かったわっ!
ワイロ事件のディアク親子も電通と黒い繋がりを持っていたことが分かっているし、IOCそのものが腐敗した利権にまみれている疑いがますます強くなったんじゃないかしら!?

ほんとにこのまま東京五輪が強行開催されることになるのか、それともこの先に何か「大きな出来事や大転換」が起こるのか…今後の展開をよく見ていくとしよう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事