【醜悪】「塚田氏辞任」の質問に答える麻生氏の”傲慢さ”に批判殺到!「はい?大きな声で言えや!」「さっき言ったじゃねえか」

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年4月5日、自民・塚田一郎議員が「安倍&麻生忖度発言」が原因で辞任に追い込まれたことについて、記者からの質問に答える麻生副総理の不遜で逆ギレ的な態度に国民からの怒りが殺到している。

・麻生氏は、記者からの質問に対し、「はい?大きな声で言えや!」「さっき言ったじゃねえか」などいらだった態度を見せ、自らの政治腐敗によって引き起こされた問題について、まるで開き直るような素振りを見せており、麻生氏の辞任を求める声も多く上がっている。

麻生氏「雰囲気で発言は問題」=塚田氏辞任、閣僚から苦言

道路建設事業をめぐり安倍晋三首相と麻生太郎副総理兼財務相の意向を「忖度(そんたく)した」と発言し、辞任した塚田一郎国土交通副大臣に対し、5日の閣議後記者会見で閣僚から苦言が相次いだ。塚田氏が所属する自民党麻生派の会長を務める麻生氏は「その場の雰囲気で言ってしまったことが問題ではないか。(道路事業が)副大臣の忖度くらいで決まることはない」などと語った。

麻生氏は「国会議員として選挙のときはサービスも含めていろんな発言がある。本人は一生懸命やったつもりだろうが、われわれにとっては影響の方が大きい」とも述べた。

~省略~

【時事通信 2019.4.5.】

自らの「税金の私物化」が招いた騒動にもかかわらず、反省ゼロで逆ギレ!記者に高圧的な態度でマウンティングする麻生氏に怒りの声殺到!

出典:Twitter(@kama_yam)

相変わらず、この副総理はあまりにも酷すぎるわっ!!
塚田国交副大臣の「忖度発言」による辞任だって、元はと言えば、自分たちが税金を私物化しまくっていることが招いた事態だっていうのに、それにもかかわらず、「反省もゼロ」に記者に向かって高圧的な態度で威嚇して…っ!
まともな人間とは思えないような対応だわっ!!

ほんとに、麻生氏の記者に対する態度は相変わらず醜いね。
「オレは偉いんだぞ」という、自分のことを神か何かのように勘違いしては、記者や国民を心底見下しているのが態度を見ていて伝わってくるし、そんな麻生氏に言いなりになってしまっている記者も情けない
記者クラブが一斉に立ち上がって、麻生氏に対して「ふざけるな」って抗議をしていくだけでも、状況はかなり変わってくるのではと思うんだけど、ここまで安倍政権の閣僚が調子に乗ってしまっているのはマスコミ連中にも責任の一端があるだろう。
っていうか、マスコミが「本来の務め」をきちんと果たしていれば、(森友・加計・日報隠蔽などによって)安倍政権なんてとっくに崩壊していただろうし、結局は、国家や社会が大きく腐敗・衰退してしまう最大の責任は「マスコミ」にある…ってことになってしまうんだよね。

ほんとに、自分たちの部下の不祥事に、こんなふざけた態度で会見に臨むなんて、こんなのが通用するのは世界でも日本だけなんじゃないかしらっ!?
少なくとも、一般企業でこんな対応したら、一発でアウトだと思うんだけどっ!!

まったくだ。
これだけでも日本の政治が異常な状況下にあることを強く感じるし、すでに民主主義システムがすでに本格的に崩壊してきているのを如実に示しているだろう。
まともな国民であれば、塚田氏の言っていたような「税金の私物化」が常態化するような状況を生み出した”元凶”であるにもかかわらず、こんなふざけた対応で他人事のように開き直っている麻生氏や安倍総理の辞任を求めて声を上げていくべきなんじゃないかな。

Pocket

 

 関連記事