【変化】日中首脳会談で、安倍総理が中国・習近平主席と固く握手!習氏「前向きな発展を推進していく」総理「関係改善を力強く進めていきたい」

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年11月11日、安倍総理がベトナム・ダナンで中国の習近平主席と会談双方が日中を早期に訪問し、関係改善を進めていく方向で一致した。

・また、日中韓首脳会談を早期に実現させる方向性を確認し、北朝鮮問題についても連携を強めていくことで合意した。

スポンサーリンク

安倍首相、相互訪問を提案 日中首脳、対北朝鮮は連携

【ダナン=地曳航也】安倍晋三首相は11日、訪問先のベトナム・ダナンで中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席と約45分間会談した。首相は来年に自らが訪中し、習氏が早期に来日する日程を提案。首相によると、両氏は日本が議長国を務める日中韓首脳会談を早期に開催する考えで一致した。核・ミサイル開発を続ける北朝鮮問題で連携を深める方針も確認した。

両首脳は会談の冒頭、笑顔で握手した。習氏は「関係改善のプロセスはまだまだやるべきことがたくさんある。時流に乗って努力し、前向きな発展を推進していく必要がある」と述べた。首相は「来年の日中平和友好条約締結40周年を見据えて、関係改善を力強く進めていきたい」と語った。

首相は会談後、ダナンのホテルで記者団に「くつろいだ雰囲気で胸襟を開いた意見交換ができた」と語った。習氏が会談の最後に「今回の会談は日中関係の新たなスタートとなる」と述べたことも明かした。首相が提案した首脳の相互訪問案に、習氏は「首相の訪中やハイレベルの往来を重視する」と応じたという。

会談では民間交流の促進や、第三国でビジネス展開を巡って日中が協力する考えでも一致した。

【日経新聞 2017.11.11.】

出典:YouTube
スポンサーリンク

安倍政権が日中関係改善に大きく舵を切り始める動き!改めて習氏の一帯一路にも理解を示す

就任以来、あれほど中国脅威論を振りかざしては日中対立を煽っていた安倍総理ですが、最近になって徐々に風向きを変えてきていた中、ここに来て一気に親中政策に舵を切り始めた様子を見せてきました。
トランプさんが北朝鮮危機を煽っていたことも日中関係改善に作用した感じですが、安倍政権のこの動きは何を意味するのでしょうか?

以前の記事でも、安倍政権内で親中派と反中派(=隷米勢力)の二つが大きくぶつかり合っている内情を紹介したことがあったけど、この動きを見る限り、政権や官僚内でも徐々に親中派が力を付け始めてきているみたいだね。

言ってみれば、これは、安倍政権も権力を維持するために、中国との連携路線を取らざるを得なくなってきたとも言えそうだし、それだけ、トランプ政権の誕生を機に、かつてのアメリカによる一極世界支配が終わりを迎えつつあり逆にロシア・中国を中心とした新たな覇権の構図が展開され始めて来ているということになる。
今回のトランプのアジア歴訪のニュースをざっと見ても、明らかにこの動きを感じていたけど、安倍総理と習近平氏のこの会談の雰囲気を見て、確かにこの流れが世界レベルで進みつつあるというのが見えてきたね。
トランプが安倍総理をこのようにバカにして見せたのも、「中国と仲良くしないともっと仲間外れにしてやるぞ」というメッセージなのかもしれん。)

このまま反中路線を日本だけが続けて、世界的に完全に孤立していくのに比べると、現在の状況は遥かに良いと思うけど、見た感じ、まだまだかつての隷米勢力(いわゆるネオコンの傀儡)が日本国内でウヨウヨ蠢いている感じなので、本当に安倍総理が完全に路線を変更し、(尖閣問題を再び棚上げしつつ)中国と連携していく政策を取るのかは、もう少しよく見ていく必要がありそうだね。

本当に久しぶりに安倍総理が評価されるような動きを見せてくれましたが、果たして完全に安倍政権は親中路線にシフトし始めたのでしょうか?
今後の動きを注意深くウォッチしていこうと思います。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket