【は?】安倍総理「お父さんも恋人を誘って、お母さんは昔の恋人を探し出して、投票箱に足を運んで」→有権者から不快感の声続出!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年7月16日、新潟県上越市で自民・塚田一郎氏の応援演説に安倍総理が登場期日前投票を促す際に、総理が「どうか、お父さんも恋人を誘って、お母さんは昔の恋人を探し出して、投票箱に足を運んでいただくよう…」と発言したことが物議を醸している。

・この総理の発言について、男性の不倫を肯定しつつ、「男尊女卑の思想」を感じるとして、ネット上で不快感を唱える声が続出している。

「お父さんの恋人」とは? 首相、投票呼び掛けで

安倍晋三首相は16日、新潟県上越市と柏崎市での街頭演説で、参院選の期日前投票を促す際「どうかお父さんも恋人を誘って(投票所へ)」と発言した。言い間違えの可能性があるが、上越市の演説では「お父さんの恋人」に続いて「お母さんは昔の恋人を探し出して」と、使い分けるかのように話した。

~省略~

【Yahoo!ニュース(共同通信) 2019.7.16.】

↓安倍総理の問題のシーンは、19分30秒くらい~。

「お父さんの不倫」は良くて「お母さんの不倫」はダメ!?安倍総理の「下品な醜悪な演説」に多くの嫌悪感!

出典:YouTube

何なのこれは!?
いかにも「面白いことを言った」かのように本人はご満悦になってるけど、公共の場ですっごく醜悪で下品ことを言っていることが分からないのかしら!?

「お父さんの恋人にも、お母さんの恋人にも…」と言ったのなら、まだ百歩譲ってギリギリ許してあげても良かったかもしれないけど、あえてお母さんに対しては「昔の恋人を探し出して」と言っているのをみると、「お父さんの不倫はOK」「お母さんの不倫はダメ」と言いたいのかな?
気分が乗って無意識的に出てきたのかもしれないけど、まさしく、安倍総理自身の男尊女卑思想や前時代的で偏狭な価値観がにじみ出たシーンだ。
(しかも、安倍総理に応援してもらっているのが、あの「安倍・麻生道路」に関する「忖度発言」に端を発した騒動で、国交副大臣を辞任した塚田一郎氏というのも、また何ともいえないね)

ほんと、面白い冗談を言ったつもりかもしれないけど、はっきり言ってぜんっぜん面白くないし、そもそも、演説のセンスや才能があまりにもなさ過ぎだわっ!
むしろ、私たち有権者がますます不快感を抱くだけだし、本人がこんな醜悪な演説で満足している限り、自民党の利権や恩恵にあやかっている既得権関係者以外の人たちは、誰も自民党に投票しないんじゃないかしら!?

確かに、演説でも国会答弁でも何を言ってるのかよく分からないし、自民党には、親や祖父の「七光り」だけで政治屋になれたような御仁ばかりの中で、安倍総理はその最たるものだからね。
まあ、”強いもの”に擦り寄ることで「一緒に強くなったような幻想に浸りたい」「おこぼれをもらいたい」といった考えを持っている人でなければ、今の腐敗しきっている自民党に自ら喜んで投票する人はいないだろう。

大手マスコミは、この件について、「言い間違えの可能性がある」なんて、必死に顔色を伺いつつ遠慮がちに報じているけど、上の動画を観ても、どこをどう見ても確信犯で言ってるし、(「安倍礼賛カルト本」の一件に続いて)安倍総理本人や自民党が持ち合わせている、下品でかつ著しく知性に欠けている本質をよく映し出した一件といえるだろう。

加えて、安倍総理が(一部で「不正の温床」と言われてきた)「期日前投票」をやたらと促していることも、個人的には気になるところだ。)

Pocket

 

 関連記事