自民・石破氏が、党本部が配布した「安倍礼賛カルト本」を痛烈批判!「怪文書の類い」「野党議員を罵倒、冷笑、揶揄するのは非常に恐ろしいこと」

Pocket

どんなにゅーす?

・自民党本部が「参院選対策」と称して、運営者や実態が一切不明のウェブサイト「テラスプレス」による「安倍賛美カルト冊子」を全所属議員に配布していることについて、自民・石破茂元幹事長が痛烈に批判した。

・石破氏は、この得体の知れない冊子について、「怪文書の類い」と指摘。その上で、悪意に満ちたイラストとともに野党議員を貶している内容について、「与党が野党議員を罵倒、冷笑、揶揄するのは非常に恐ろしいこと」と語り、これらの安倍自民党による野党への誹謗中傷は、「そのまま野党支持の国民に向けられることになる」と指摘。現状の自民党の劣化や変節について強い危機感をあらわにした。

石破茂が激怒 自民党本部が全議員に“ネトウヨ本”を配布
「非常に恐ろしいことです」

~省略~

これらの悪意に満ちた文章やイラストは、いわゆる“ネトウヨ”の方々がインターネットやSNSに投稿したものではない。6月中旬に自民党本部から全所属議員に配布された冊子に綴られた内容である。冊子の表紙には、次のようなタイトルが付けられていた。

〈フェイク情報が蝕むニッポン トンデモ野党とメディアの非常識〉

現在、7月21日投開票の参院選に向けて全国で熱い戦いが繰り広げられているが、党本部によれば、「(演説などのための)参考資料として配布した」という

この冊子に憤っているのが、石破茂元自民党幹事長(62)だ。『文藝春秋』8月号のインタビューで、石破氏はこの冊子を配布した自民党本部を痛烈に批判している。

「国民の共感を得られるとは到底思えません」

「この冊子の作成者は『保守の立場から論じている』と言いたいのでしょうが、私に言わせれば、内容以前に悪意や中傷が目に付いてしまいます。(略)このような文章で広く国民の共感を得られるとは到底思えません。そもそも、いくら選挙で議席を争う相手とはいえ、野党の議員に対して挑発、罵倒、冷笑、揶揄などをするのは非常に恐ろしいことです。なぜなら、彼らの後ろにはその議員に一票を投じた国民がいるからです。野党に対するこうした言動は、そのまま野党を支持した国民に向けられることになる」

~省略~

【文春オンライン 2019.7.10.】

ただの「安倍礼賛カルト政党」と化してしまった自民党!テラスプレスの”ネトウヨ”コンセプトは、三原じゅん子氏と安倍総理の「カルト政見放送」でも体現!

出典:TBS News

出典:YouTube

自民党の石破茂元幹事長が、当サイトでも積極的に取り上げてきたテラスプレスによる「安倍礼賛カルト冊子」について、「怪文書の類い」として痛烈に批判しました。
確かに、石破さんが言っていることはその通りかと思いますし、自民党が全議員に配っている「この冊子」の存在こそが、現在の自民党が「危険なカルト集団」に変貌してしまっていることを何よりよく示していますね

元来より自民党は、戦後に米CIAによって結党されて以降、グローバルカルト勢力の息のかかった宗教色の強い政党だったけど、その中でも、特にカルト色が強い「清和会」と、正統保守色の強い「経世会」の二大勢力がせめぎ合うことで、一定程度の秩序を保ってきた経緯があった。
しかし、こうしたバランスが小泉政権以降に徐々に壊れ始めては、(かつての経世会勢力の重鎮が党を出たり引退していったことも重なり)この安倍政権で完全に「カルト勢力」が本格的な実権を握ってしまったというのが実情だ。

長州テロリスト勢力の一族である安倍一派は、まさしく、そのカルト勢力の”コア”のような存在で、安倍総理が強大な権力を握ったと同時に、一族を支えてきた朝鮮統一教会や生長の家原理主義勢力、幸福の科学や神社本庁、これらと密接につながる「日本会議系勢力」が一気に影響力を強めており、今やこれらのカルト勢力が日本国民に直接的な影響を及ぼすほどの力を持つようになってしまった。
これらは、明治維新以降、日本や朝鮮半島をステルス的に支配下に置いてきたグローバル資本勢力とも密接な関わりを持っており、中でも、米・イスラエルの好戦的な軍産勢力に徹底的にくみする思想や政策を主張していることが目を引く。

これらの勢力が日本を席巻することは、すなわち日本の民主主義制度が大きく脅かされては、戦争の危機を大きく呼び寄せることにつながるし、日本国民の脳の破壊」を推し進めていくことにもつながってくるけど、見た限り、すでに自民党の内部は、議員間において「脳機能の破壊」が本格的に進んでいるとみえる。
その象徴こそ、石破氏が「怪文書」と評した、自民党本部が全議員に配っている「安倍礼賛カルト冊子」であり、あの、三原じゅん子氏と安倍総理による「カルト政見放送」であるということだ。

安倍総理は、NEWS23の党首討論の中で、このテラスプレスの「安倍礼賛冊子」について「見たこともないし、全く知らない」と必死にしらを切っていましたが、そもそも、三原じゅん子氏と”共演”したあの「いわくつきの政見放送」こそ、まさに、あのテラスプレスの冊子のコンセプトを体現したかのような、一般の人の感覚とはかけ離れた「カルト性に満ちたもの」でしたからね。

このテラスプレスなる匿名ウェブサイトの正体は全くわかっていない状況だけど、”状況証拠”を見る限り、安倍自民党と深くつながっている組織であることはほぼ間違いないし、昔からツイッターで活発に活動してきた「DAPPI」ともつながるような、(税金を投じて運営されている)自民系の情報工作組織と考えていいだろう。
その内容を見ると、どちらも、実態を大きくねじ曲げては野党を徹底的に誹謗中傷、一方で安倍総理を教祖のごとく賛美するような、強力な「カルト性」を感じるし、その支持者たちの言動をみても、やはり盲目的でカルトチックなものが多いからね。

こうした状況を見ても、自民党がすでに実質的にカルトに本格的に侵されていることがよくわかります。
日本国民がこうした実態に危機感を持たない限り、近い未来に、私たちもこれら「グローバルカルト」に完全におかされてしまいますし、”最悪の事態”に向かう前に、国民自らが投票行動でこれらの脅威を取り除くことが必要ではないでしょうか。

「デモはテロ」などと言っていた石破氏のことは個人的にあまり支持していないけど、この発言については完全に正論だ。
文字通り、自民党の劣化と崩壊が止まらないし、全国の有権者も「すでにこの集団はかつての自民党ではない(ただの危険なカルト集団)」であることを認識する必要があるのではないかな。

Pocket

 

 関連記事