日中首脳会談、安倍総理が「日中友好」を強くアピール!「パートナーであり、互いに脅威とはならない」→ネット「中国脅威論はどこ行ったんだ?」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年10月26日、中国・北京で日中首脳会談が開催され、安倍総理と習近平国家主席が日中関係の大幅な改善と友好関係の構築を確認し合った。

安倍総理は、近年急速に中国との関係改善を進めており、今回の会談でも「日中は隣国同士であり、パートナーであり、互いに脅威とはならない」とコメント。ネット上では、中国脅威論をすっかり引っ込めた安倍総理の変節や、突如始まった(NHKをはじめとした)マスメディアの「日中友好報道」に首を傾げる声も多く上がっている。

日中首脳会談、安倍首相「日中の新しい時代を」

中国を訪問している安倍総理は、習近平国家主席との首脳会談に臨み、「日中の新しい時代を習主席と共に切り開いていきたい」と述べました。

「日中の努力により、両国関係は次第に正常化してきた。再び正常な軌道に戻った」(中国 習近平国家主席)

「日中は隣国同士であり、パートナーであり、互いに脅威とはならない」(安倍首相)

安倍総理は26日午後、北京市内で習近平国家主席との首脳会談を行いました。このなかで安倍総理は、「日中関係を私の訪問を契機として競争から協調へと新しい時代へと押し上げていきたい」と関係改善に向けた意気込みを語るとともに、「新たな時代を習主席と共に切り開いていきたい」と述べました。

また、習主席も、「両国関係が徐々に整理され、正しい軌道に戻り、前向きな勢いを見せている」と述べた上で、関係改善の流れは「歴史的なチャンス」だと強調。両首脳は日中の新時代に向けて連携をさらに強化していく方針で一致しました。

【TBS News 2018.10.26.】

日中首脳会談 関係発展に向け「新たな3原則」を確認

~省略~

日本の総理大臣として7年ぶりに中国を公式訪問している安倍総理大臣は、日本時間の午前11時すぎから人民大会堂で李克強首相との首脳会談に臨みました。

冒頭、李首相は「両国が歴史を鑑として、未来志向の精神で、この好機を捉え、前に向かって長期的かつ安定的なウィンウィンの関係を実現し、経済や貿易の協力を新たな段階に押し上げることを期待したい」と述べました。

これに対し、安倍総理大臣は「競争から協調へ、日中関係を新たな時代へと押し上げていきたい。日中は隣国どうし、パートナーであり、お互いに脅威とならない、この原則を再確認したい。また、自由で公正な貿易関係を発展、進化させていきたい」などと述べ、関係発展に向けた新たな3つの原則を確認しました。

そのうえで、安倍総理大臣は、習近平国家主席の日本訪問を実現して首脳間の相互往来を継続し、日中関係を発展させていきたいという考えを伝えました。

そして、両首脳は、東シナ海を「平和、協力、友好の海」とする決意を改めて確認し、2008年に共同開発することで合意した東シナ海のガス田開発をめぐり、中断している条約の締結交渉の早期再開を目指して意思疎通を強化することで一致しました。

さらに、運用が始まった、海上や空での偶発的な衝突を避けるための連絡方法などを取り決めた「海空連絡メカニズム」に基づき、最初の年次会合を年内に開催することや、ホットラインの早期開設などでも一致しました。

また、両国の共通目標である朝鮮半島の非核化に向けて、北朝鮮に対する国連安保理決議を完全に履行していくことの重要性を確認したほか、安倍総理大臣から拉致問題に関する日本の立場を改めて説明し、李首相は支持を表明しました。

一方、両首脳は、両国の外交当局が意思疎通の強化に向けて、毎年、年末までに翌年の計画を作成する覚書に署名し、来年の計画を公表したことを歓迎しました。

加えて、中国に対するODA=政府開発援助について、今年度の新規案件を最後に終了する一方、開発分野や気候変動など地球規模の課題での協力に向けた調整を関係部局間で進めることで合意しました。

また、経済分野では、国際標準に合致し、第三国の利益となる企業間協力の推進で一致し、技術革新に向けた支援や知的財産分野での協力の在り方などを議論する新たな対話の立ち上げを確認し、政府間で覚書への署名が行われたことを歓迎しました。

さらに、李首相は、原発事故を受けて行っている日本からの農産物などの輸入規制について「科学的な評価に基づき緩和することを積極的に考える」と表明しました。

加えて、RCEP=東アジア地域包括的経済連携の早期妥結や、日中韓3か国のFTA=自由貿易協定の交渉加速化を目指すことでも一致したほか、パンダの貸与に向けて政府間の覚書を作成するための交渉を進めることでも合意しました。

~省略~

【NHK NEWS WEB 10.26.】

日中艦艇の相互訪問、再開を調整 首脳会談で合意見通し

日中両政府は、海上自衛隊と中国軍による艦艇の相互訪問を再開させる方向で最終調整に入った。26日に予定される日中首脳会談で合意する見通し。相互訪問は2011年12月以降途絶えており、防衛交流でも関係改善を打ち出す。複数の政府関係者が22日、明らかにした。

岩屋毅防衛相と中国の魏鳳和・国務委員兼国防相は19日の会談で、関係改善の象徴として部隊間交流を具体化させていくことで一致していた。艦艇相互訪問の再開はその一環と位置づけられる。

【朝日新聞 2018.10.22.】

「反中安倍カルト支持者」の叫びも空しく、安倍総理が中国との友好関係を本格的に構築へ!

ここにきて「日中友好」をアピールし始めている安倍総理が、中国・北京で習近平主席と李克強首相と会談を行なったけど、報道をざっと見ると、かなり大々的な協調路線を打ち出したみたいね。
こうした動きを見る限り、1年くらい前まで全開にさせていた「中国敵視プロパガンダ」は完全に引っ込めたとみて良さそうね。

夕刊フジでも、(いかがわしい)安倍シンパ言論人が勇ましく「甘い顔に騙されてはいけない!」なんて言いつつ、徹底的に厳しい態度で臨むように呼びかけていたけど…会談当日に中国海警4隻が日本の接続海域に入るという事案が起こりながらも、安倍総理は習主席と最大限の友好関係を確認し、経済や防衛などでも踏み込んだ支援・協力に合意をしたようだ。

まさしく、反中カルトの安倍シンパは見事に梯子を外されちゃっているし、(とことん利用されているだけの)彼らの叫びが空疎に響き渡っている状況だ。

従来まで安倍政権があそこまで「中国敵視のプロパガンダ」を全開にしながら、日本国民を煽っていたのも、米・イスラエルの軍産資本に利益誘導するためであり、日本国民にとっては何の得もないどころか、血税が大量の防衛備品に消えては、日本に戦争の危機を呼び寄せる危険性すらあった

しかし、安倍政権が長期化している中で、オバマ政権による「ネオコン戦争屋主流」の時代が終わり、今度は、トランプ政権による「新しい世界秩序」を構築しようとする勢力が台頭する時代がやって来た。
トランプは、世界中の米国覇権の放棄と縮小を進めている中で、意図的に中国や日本に”理不尽”な貿易戦争を仕掛けており、これによって、日本にとっても否が応でも米国依存から脱却せざるを得なくなる状況を作られていることで、中国との連携(依存)を強化する必要性に迫られている。

経済界からの支持を失いたくない安倍総理は、こうなると今度は中国と関係を修復せざるを得なくなってきており、結局、自らの権力を維持するために、中国敵視策を引っ込め、(トランプも暗に促している)日中友好(というか中国依存)の道を選んだということだ。

つまりは、反中・反韓思想の安倍シンパ勢力は、安倍総理の一時の権力維持のために生み出された「使い捨ての駒」に過ぎないってことだし、国際情勢の変化によってだんだん”用無し”になってきたってことね。
元々、これらの反中・反韓思想のカルト宗教も米・イスラエル軍産によって作り出されたものだけど、こうした内情も知らずにひたすら騙され、利用されてきた人たちには「ご愁傷様」としかいえないわ…。

この世の中が、「1%の巨大資本家や銀行家、軍産複合体」などによって国家ともどもコントロールされてきた現実を知っていれば、そう易々とこうしたカルトに騙されることはないはずなんだけどね。
いつの時代でも、無知な人や不勉強な人は、ずる賢い権力に真っ先に騙され、搾取され、利用され続けるということかもしれないね。

…さて、いよいよ中国と本格的な友好路線に踏み出した安倍政権は、一体どこに向かって行くのか
すでに世界の水面下では「大きな変化」が起こってきているけど、かつての「テロとの戦い」などを”創作”してきたネオコン戦争屋資本もいまだにある程度の影響力を持ち続けている状況だし、現在も安倍政権はトランプ勢力とこれら旧ネオコンとの「板挟み状態」になっていることが考えられる。

そういう意味では、事態はまだまだ流動的といえるだろうし、今後とも国内外の情勢を注意深くウォッチし続けていくとしよう。

Pocket

 

 関連記事