■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【文春&新潮】公明・熊野正士参院議員にセクハラスキャンダル!学会員の女性の尻を握ったり「ポルノ小説」さながらの卑猥な文章を大量に送りつけ!→問題発覚後、熊野氏は入院し”面会謝絶”に!

【文春&新潮】公明・熊野正士参院議員にセクハラスキャンダル!学会員の女性の尻を握ったり「ポルノ小説」さながらの卑猥な文章を大量に送りつけ!→問題発覚後、熊野氏は入院し”面会謝絶”に!
Pocket

どんなにゅーす?

週刊文春と週刊新潮が、公明党・熊野正士参院議員による常軌を逸した”セクハラトラブル”をスクープ報道した。

・報道によると、熊野議員は、創価学会員の女性に対し、尻を握ったり、LINEで「ポルノ小説」さながらの卑猥な文章を大量に送りつけていたといい、各所から批判や事実確認を求める声が殺到しているものの、現在熊野氏は入院しており面会謝絶状態だという。

「今日の下着の色は?」公明党・熊野正士参院議員のセクハラを被害女性が告発〈LINE入手〉

公明党の熊野正士参院議員(57)が、創価学会の女性信者との間でセクハラトラブルを抱え、現在入院中で面会謝絶の状態にあることが「週刊文春」の取材で分かった。

公明党だけでなく創価学会全体に広がりうる大問題に

熊野氏は1965年、兵庫県姫路市生まれ。愛媛大学医学部、同大学院博士課程を修了した医学博士で、近畿大学医学部附属病院(現・近畿大学病院)や大阪医科大学附属病院(現・大阪医科薬科大学病院)での勤務を経て、2016年 7月の参院議員選挙に公明党公認で比例区から出馬し、初当選を果たした。その後、2020年9月には菅義偉政権で農林水産大臣政務官に就任。今年7月の参院選にも比例区で出馬して約27万票を集め、2度目の当選を果たした。現在は公明党の農林水産部会や厚生労働部会の部会長代理を務めている。自身のホームページによれば、妻と2人の娘がいる。

事情を知る創価学会関係者が明かす。

「実は熊野氏は創価学会信者の女性・A子さんとセクハラトラブルを起こし、あげくの果てに入院、雲隠れしてしまったのです。A子さんは親の代から創価学会に入信している熱心な2世信者で、福祉団体の幹部も務めています。公明党だけでなく創価学会全体にまで問題が広がりそうなのです」

~省略~

A子さんが語る。

「私が熊野さんと出会ったのは2019年2月のことでした。共通の知人を介し熊野さんを紹介され、名刺交換をしたら彼からLINEが来るようになりました」

しばしば連絡を取り合うようになり、出会いから1年半ほど経つと、熊野氏は毎晩のように電話をかけてくるようになったという。

「そのうちに、だんだんと私に卑猥なことを言ってくるようになったんです。『いま、どんな格好をしているの?』から始まり『今日の下着の色は?』とか……」(同前)

~省略~

「正直口にするのも憚られるようなメッセージの連続で、私との性行為を勝手に妄想したおぞましい内容でした」(同前)

そこにはA子さんを凌辱するポルノ小説さながらの記述が、これでもかと並べ立てられていた。

また、こうした電話やLINE上のセクハラのみならず、面会した際に尻を触るなどの具体的なセクハラも過去にはあったという。

事実確認に「本人に確認ができないため、回答できません」

熊野氏の事務所に質問すると次のような書面回答があった。

「現在、体調不良のため入院しております。家族も含めて面会謝絶とのことです。本人に確認ができないためご質問に対して、回答することはできません。家族によると、(質問状の)当該女性との間には個人的関係のトラブルがあり、入院する前に弁護士に相談し、対応をしていると聞いています」

~省略~

【文春オンライン 2022.9.6.】

公明党・熊野正士議員の性加害が発覚 被害女性が明かす、身の毛もよだつ「セクハラLINE」の内容とは

~省略~

“事件”が起きたのは昨年10月だった。熊野議員が読みたがっていた本を渡すために会ったところ、帰り際に熊野議員が手をつなぐ素振りを見せてきたという。

「慌てて振り払ったら、手が私のお尻に当たったんです。そしたら、それをいいことにお尻をぎゅっと握ってきたんですよ。“痴漢ですよ!”“何をしてるかわかっているんですか!”と言いましたが、何だかぼーっとしてしまって通じない。“もう帰ります”とそのまま逃げるように立ち去りました」

その後、熊野議員がLINEで送ってきた“謝罪”が以下である。

〈恵子(注:原文は実名)さまのお尻、たまたま手に当たりました。そしたら、とても気持ちよかったので、つい、気がついたら、恵子さまのお尻を触ってしまっていました〉

卑猥なLINEを昼夜問わず送りつけてくるように…

熊野議員はこの一件で反省するどころか、逆にエスカレートしていった。頻繁に電話やLINEを送ってくるようになり、その中身は“過激化”。自分と女性の行為を妄想し、昼夜を問わず送り付けてくるようになったという。以下が「セクハラLINE」の一部。

〈ゆっくり手を伸ばして、服の上から恵子のお尻を優しく触るの〉

~省略~

たえかねた恵子さんは卑猥な電話などについて、公明党の上層部に訴え出たが、山口那津男代表らは熊野議員を処分することはなかった。そこで今回の告発に至ったというわけだ。

~省略~

一方、公明党は、

「当該女性は、熊野に対し、妻と離婚することを執拗に強要しており、最近では期限を付して離婚するよう強く迫って、応じなければ週刊誌に情報を提供するなどと脅し、熊野は精神的にも極度に追い詰められていました」(公明党)

と、あたかも恵子さんに非があるかのように回答。しかし、恵子さんに改めて確認したところ「離婚強要などという事実は一切ありません」という。

~省略~

【デイリー新潮 2022.9.6.】

出典:Wikipedia

「山口代表や北側副代表が被害女性に口止め要求した」などの週刊誌報道に対し、公明党が「断固抗議し、法的措置を取る」とコメント!

一体何なのこの男はっ!!
上のLINE、あまりに変態でキモ過ぎるし、つくづく(自民公明ともども)日本の与党議員はアホで変態の狂気集団なのを感じるわっ!!

これはさすがの私もドン引きですし、この人、職業の選択を完全に間違えたわね。

この、多くの人をドン引きさせるほどの想像力たくましい卑猥で変態チックな文章力は、まさに官能小説家も顔負けのレベルだね。
議員になる前は愛媛大の医学部を卒業した後、愛媛大学医学部附属病院、松山赤十字病院、大阪大学医学部附属病院、近畿大学医学部附属病院で放射線科医を務めていたというのだから、学力はある一方で、一般的な常識や倫理観が完全に欠如しているのだろう。

それにしても、(いつもながら思うけど)悪徳政治屋の方々は、スキャンダル発覚で都合が悪くなると、いつでも好きな時に好きなだけ入院できるのだから、本当にうらやましい限りだし、まったくもっていいご身分だよ。

おまけに、文春と新潮では、山口代表や北側副代表が女性に対して口止めを求めたと報じているけど、これらに対して公明党が「事実無根で両氏に対する名誉棄損だ」として法的措置を取ると発表したけど、大手週刊誌が根も葉もないデマを報じることは考えづらいし、これもまた、国政政党の権力を利用したたちの悪い恫喝訴訟なんじゃないかしら!?

一見すると、かなり強行的でおらついた対応をしているように見えるけど、公明党の代表選が15日に行なわれることになっており、山口氏は近いうちに去就を表明することになっている。
もしかすると、この件で厳しい追及を受けるのを嫌って山口氏が代表選の出馬を辞退することもあるかもしれないし、統一教会の自民党に続いて創価学会の公明党も衰退・崩壊の兆しが見えてきたといってもいいかもしれない。

ただでさえ、「政治と宗教との癒着」の問題が大きく取り沙汰されては「政教分離の原則」の重要性が叫ばれるようになってきている中で、このセクハラスキャンダルはかなり強烈ですし、このまま自民党ともども公明党も崩壊すればいいんだけど。

「入院&面会謝絶」でトンズラしてしまった熊野氏に対して国民からの不快感や怒りが噴出するのは間違いないだろうし、「口止め要求した」と大々的に報じられた山口代表や北側副代表に対する不信感もこの先ますます増幅していくことだろう。
文春&新潮がさらなる続報を用意している可能性もあるし、党幹部が口止め要求した決定的な証拠が報じられれば、(これまで学会員の支持を後ろ盾に安定的な権力を保持してきた)公明党自体が本格的に崩壊していくことになりそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事