【何だこれ】新型コロナ感染拡大受け安倍総理が会見!会見のポイント「損失補填はやらない」「死者数隠していない」「改ざんはあってはならない」

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年3月28日、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大が深刻化していることを受け、安倍総理が記者会見を開催したものの、今回も、具体性に著しく欠けた支援策のPRや、非科学的な精神論や空虚な「やってるフリ」アピールに徹した「朗読会」同然の会見となった。

・また、記者からの質問に対し、改めて、イベント自粛などに伴う損失の補填を行なわないことを明言。安倍官邸が色濃く関与していた疑惑が再燃している森友文書改ざん事件においても、「文書の改ざんはあってはならない」などと他人事同然の従来のコメントを繰り返し、再調査を行なわない考えを示した。

安倍首相「長期戦の覚悟を」「気を緩めれば急拡大」「現金給付行う」 新型コロナで記者会見

安倍晋三首相は28日夜、首相官邸で新型コロナウイルスの感染拡大に関して記者会見した。首相は、自治体などによる外出自粛要請に応じるよう国民に呼び掛けるとともに、「自治体との緊密な連携の下、最悪の事態を想定しながら、感染拡大の防止に全力を尽くす」と語った。

また、国内の感染拡大の状況について「欧米と異なり、ぎりぎり持ちこたえているが、気を緩めればいつ急拡大してもおかしくない」と指摘。新型コロナウイルスとの戦いについて「長期戦を覚悟する必要がある」と述べた。

緊急経済対策については「かつてない強大な政策パッケージを練り上げる」と強調。リーマン・ショックの後に実施した経済対策を上回る規模にする考えを示した。具体的な政策の一つとしては、「現金給付を行いたい」と語った。

【Yahoo!ニュース(時事通信) 2020.3.28.】

「具体策なし」「精神論ばかり」「これまでとほとんど同じ」な安倍総理会見に、国民から「もう聞き飽きた」の声!TBS「森友特集」に被せて妨害した疑惑も…!

出典:Twitter(@TadTwi2011)

「日本国内で感染拡大が深刻化している」として、安倍総理が記者会見を開きましたが、予想通りと言うべきか、今回も「中身がまるっきり空っぽ」だったとして、国民から多く怒りの声が上がっています。

結局、安倍総理が言いたいことは、「(イベント自粛などに対する)損失補填はやらない」「(PCR検査があまりにも少ないのに)死者数は隠してない」、そして、「文書改ざんはあってはならない」ってことみたいだし、ほんっと、一体何のための会見だったのよっ!?

ネット上でも「なんでこんな意味のない会見を開いたのか?」みたいな声が多く上がっているけど、安倍総理の会見と同じ時間帯に、TBSの「報道特集」で「森友文書改ざん事件」の特集が放送されており、この放送時間と被せることで「報道特集」の視聴率を極力下げようとしたのでは…との疑いの声が出てきているね。
(ちなみに、ボクはこの「報道特集」をバッチリ試聴したけど、赤木さん妻が番組に寄せた新たな独占メッセージや、手記を託された相沢記者へのインタビューが放送されるなど、なかなか中身の濃い内容だったよ。)

確かに、そのように考えると、このタイミングで「よく分からん会見」が行われたのも合点がいくような感じがするけど、そもそも、こんなにも中身が空っぽで、「国民への手厚い支援」に関する具体策も何も出てこない会見をやったところで、国民がまともに安倍総理からの自粛要請に従うとは到底思えないだけどね。

いつでもどこでも、自分の利益や保身、権力固めしか頭にないんだから、ほんとに呆れるばかりだわっ!!
このままじゃ、日本もイタリアやスペインのようになってしまうのも時間の問題じゃないかしら!?

ああ。
すでにその兆候は確実に出てきているし、交通手段なども全て止めて、人々の往来や移動を徹底的にストップさせない限り、これらの国々よりもひどい状態になってしまう恐れもある。
このまま、「やってるフリパフォーマンス」ばかりを繰り返しながらPCR検査を極力やらない体制を続けていけば、いよいよ、「武漢の悲劇」のように、病院にも行けない人々が次から次へと死亡する事態に発展する危険が高いし、国民自身がありとあらゆる危機的事態やパニックに備えるべき段階に入ってきていることを肌で感じているよ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 

 関連記事