【あはは】小池都知事の「自粛要請」のせいで、安倍総理が山梨の別荘でゴルフができず”イライラMAX”に!ある自民議員は「命を削ってるのに、批判され続けて疲れている」と安倍サポカルトぶりを全開!

Pocket

どんなにゅーす?

・小池都知事による「旅行・帰省の自粛要請」によって、安倍総理が、毎年恒例の夏休みを満喫したいのに、思うようにバカンスをエンジョイできない事態になっている。

・安倍総理は、毎年地元山口に帰り、長州一族の祖先に墓参りしつつ花火大会を楽しんだり、別荘がある山梨県に行き、大好きなゴルフを楽しんできたものの、今年はそのいずれも出来ずにイライラやストレスを募らせているという。

安倍首相の夏休み、中ぶらりん コロナ禍で定まらず

お盆シーズンが本格化する中、安倍晋三首相の夏休みが中ぶらりんの状態になっている。地元の山口県入りを検討していたが、新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、東京都の小池百合子知事が旅行や帰省の自粛を都民に呼び掛けたことで立ち消えになった。こうした状況で東京を離れれば批判を招きかねないとの懸念もあるようだ。

首相は12日、午前中は東京・富ケ谷の私邸で過ごし、午後1時すぎに首相官邸に出勤した。夏休みの日程が固まらないため、やむなく「午前休」(官邸関係者)でつかの間の休息を取った形だ。
首相は例年この時期に地元で墓参りし、13日に開かれる花火大会に参加するのが習わしだ。政府は帰省自粛を求める立場ではないため、首相は今年も同様の日程を描いていた。だが、首相周辺によると、小池氏が真逆の立場を打ち出したことから、取りやめざるを得なくなったという。
首相が今年の夏休みのスケジュールをキャンセルしたのはこれで2回目。7月に4連休を利用して山梨県の別荘訪問を計画した際も、小池氏が不要不急の都外への移動自粛を要請したため、諦めるしかなかった。首相周辺は「毎回、小池氏に邪魔されている」と悔しがる。

「批判の集中砲火で疲れている」。首相の近況を周辺はこう明かし、15日の終戦記念日後は例年通り別荘に滞在して、英気を養えないかと気をもんでいる。

~省略~

【時事通信 2020.8.13.】

大好きなゴルフができない状態に安倍総理がイライラ!「総理は命を削っている」との安倍カルト自民議員に「命削られてるのは国民の方」と怒りの声が噴出!

出典:Twitter(@qnXt6CbeghNndTa)

出典:Twitter(@wanpakuten)

小池都知事が「旅行・帰省の自粛」を呼び掛けている中で、安倍総理が山梨の別荘に行って大好きなゴルフが出来なくなってて、日に日にイライラが募ってきてるみたいね!
こんなことになったのも、自分たちがわざと新型コロナウイルスを日本国内にばら撒いてるとしか思えないほどに、非科学的でメチャクチャなウイルス対策しかやらないせいで、本格的な第二波が襲来していることが「そもそもの元凶」でしょうが!!

しかも、「GoToトラベルキャンペーン」についても、「小池都知事のスタンドプレーが面白くない安倍官邸が、小池氏に嫌がらせする目的で東京だけを除外した」とも言われているし、結果的にこれも安倍総理本人の首を絞めているわけだ。
(そんな中、小池氏から「とっておきの報復」と言わんばかりに、満を持して「旅行・帰省の自粛要請」が出されたことで、完全に安倍総理の里帰りとゴルフ三昧が”お預け”になってしまったわけだね。)

ネット上では、「総理は命を削っているのに、(国民から)批判され続けて疲れている」などとのたまってる、トンデモ安倍カルト自民議員に対して、「命削られているのは国民の方だ」との怒りの声が上がっているけど、全くその通りだ。
中には、赤木さんのように、生きている間にも散々命を削られ、最後は実質的に安倍総理に殺されてしまった人もいるし、伊藤詩織さんのように、いつ命を絶ってもおかしくないほどに、安倍一味によって精神を何度も殺されてしまった国民もいる

その他大勢の国民も、安倍政権による「貧国拡大・ブラック労働促進」の亡国・売国政策によって、自殺や病死などに追い込まれた人もたくさんいるだろうし、今も、いつ死に追い込まれてもおかしくないほどに、辛く苦しい貧困生活を強いられている国民もたくさんいるだろう。

そんな中で、(誰だか知らんけど)この安倍カルト議員は、どれだけ国民が追いつめられているのかも全く知らずに、「おかしな批判の声のせいで安倍総理が追いつめられている」と言わんばかりに、「安倍総理を拝んでは国民を敵視する発言」を展開している有様だし、これこそ、史上最悪レベルの国賊議員と言わざるを得ないだろう。

ほんとに、このバカな発言をした自民議員は、「自分が何故国会議員に選ばれたのか」すら全く分かってない、究極の勘違い&反知性議員だわっ!!

こんな勘違い議員は、安倍総理と一緒に一刻も早くに議員をやめるべきだけど、みたところ、今の大多数の自民党議員が、この議員と同じような意識を持ちながら、「安倍総理への忠誠心」とともに、国民からの搾取と売国・壊国に励んでいるようにみえるのが、これまた何とも深刻な事態だ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事