ついに安倍総理に「がん説」が浮上!「首相臨時代理案」も検討され、政局は混乱状態に!→自身の逮捕や責任追及を恐れて、無理やり総理を続けたがっている可能性も!?

Pocket

どんなにゅーす?

安倍総理の健康状態の悪化が本格的に取り沙汰されるようになってきた中、ついに「がん説」までもが浮上。にわかに政局が慌ただしくなってきている。

・また、「首相臨時代理案」までも浮上しているものの、安倍総理の長期の入院によって、さらなる求心力の低下を懸念する声も。相変わらず、午後からの公務が続いている上に、連続在職歴代最長を祝うパーティーも延期となり、いよいよ、安倍政権の今後に大きな暗雲が立ち込めてきている。

安倍首相に“がん説”まで…日程次々キャンセルで自民党騒然

~省略~

安倍首相の健康を巡って、永田町は浮足立ってきた。驚いたのは、安倍首相が出席する予定だった会議や会合が次々、中止となっていることだ。

自民党は毎週火曜の定例役員会について、25日は「特段の議題がない」として取りやめを決めた。27日には、二階幹事長が主催して、安倍首相の連続在職歴代最長(24日に2799日となり、佐藤栄作の記録を塗り替える)を祝うパーティーが開かれる予定だったのに、それも延期となった。自民党の森山国対委員長が20日、「いろんな噂は出ているが、公務に復帰して淡々と職責をこなしているので心配ない」と不安を打ち消したが、誰も信用していない。

さらに20日は、与野党議員の間に「安倍首相にがんが見つかった」という情報まで駆け巡った。それも2通りの説だ。

<亡父・晋太郎と同じ膵臓がんだった。これで秋は政局。9月の自民党人事の前に退陣。10月に新総裁で解散総選挙>
<大腸がんだった。米大統領選の行方を見定めて、12月退陣>

安倍首相の健康問題が、9月下旬にも行われるとみられる自民党役員・内閣改造人事や解散総選挙と絡めて語られるようになり、早期の「退陣観測」が強まるばかりなのである。

~省略~

【日刊ゲンダイ 2020.8.21.】

「首相臨時代理」に慎重 求心力の急落懸念―政府・与党

健康不安が取り沙汰される安倍晋三首相に対し、政府・与党内では十分な静養を求める声が相次ぐものの、「首相臨時代理」を置くことには慎重論が根強い。「執務不可」を自ら認めたかのようにも受け取られ、求心力の急落から退陣につながる事態を懸念するためだ。

内閣法9条は「首相に事故のあるとき、または欠けたときは、あらかじめ指定する国務大臣が臨時に首相の職務を行う」と規定。臨時代理となる順番は現在、(1)麻生太郎副総理兼財務相(2)菅義偉官房長官(3)茂木敏充外相(4)高市早苗総務相(5)河野太郎防衛相―と決められている。
一方、「事故のあるとき」の解釈をめぐっては入院を含むかどうかなどが不明確だ。内閣総務官室は「ケース・バイ・ケースで判断する」と説明する。

~省略~

【時事通信 2020.8.21.】

いよいよ安倍総理に「がんの可能性」が浮上!ネット上では「安倍総理自身が日本のがん」との声も!

出典:YouTube

いよいよ、安倍総理自身の体調がかなり悪くなっていることが隠せなくなってきた感じね。
ついに「がん説」まで流れるようになってきたし、相変わらず、公務はお昼過ぎ~夕方に限定、さらには、(総理自身が楽しみにしていたはずの)連続在職歴代最長をお祝いするパーティーまでもが延期に。
「首相臨時代理案」というものまで検討されるようになってきた様子ですし、いよいよ安倍総理が”ダメ”になる寸前みたいだわ。

甘利氏や菅長官らは「責任感が強く、自分が休むことは罪だとの意識まで持ってる」などと(大ウソの情報を)しきりに流布しているけど、実際のところは、自らが退陣すると、いよいよ安倍総理自身の数々の犯罪疑惑に対する捜査が本格化(桜疑獄に関しては、1000人近くの有識者が公選法違反容疑などで安倍総理を集団告発している)し、逮捕される危険性を感じているからこそ、無理やりにでも総理の座に必死にしがみつき続けようとしている可能性もある。

それにしても、一体どうして、急にここまで安倍総理が追いつめられる事態になったのか?
ボクは、こうした状況になっている背景に、トランプ一派による「中国締め付け政策」が影響しているとみている。
ジャパンハンドリング機関の米CSISでは、安倍総理が絶対的な信頼を置いている今井首相補佐官や二階幹事長を「安倍政権内の親中勢力」として名指しで問題視するレポートを7月下旬に発表しており、近年(今井補佐官や二階氏らの意向によって)習近平と急速に接近し、国賓として日本に招こうとしていたことが、トランプ一派に強く警戒された可能性がある。
中国カジノ企業をめぐるIR疑獄や河井夫妻の選挙違反事件に特捜が積極的にメスを入れているのも、こうした「安倍政権の親中化」を嫌がる米国の後押しによって、日本の検察が積極的に動いている可能性があるものとみているよ。

ほんと、アベノマスクを発表した頃の安倍総理は、まだそこまでおかしな様子は見られなかったけど、この後の河井夫妻の逮捕黒川元検事長の「賭けマージャン辞任」の辺りから、急速に強いストレスや恐怖感を持っているような様子が見られては、国民からも国会からも必死に逃げ回っている様子を見せるようになったものね。
この辺りから、水面下で安倍総理が大きくビビってしまうような「何か」があった可能性もありそうね。

よほど、国民の目に見えないところで、(海の向こうのご主人サマから)強い圧力やプレッシャーを受けるようになっているのだろうし、今の安倍総理の立場は「辞めても地獄、続けても地獄」といったようなものだろう。
実際のところ、秋元容疑者を筆頭に、自民党内(公明党も)において中国共産党からかなりの利益を受け取っている議員がいるだろうし、こうした(二階&今井が主導してきた)「中国との癒着」が安倍政権崩壊のトリガーになった可能性がありそうだ。

こうした内情に加えて、デタラメなコロナ対応に怒る国民からの批判の声に対する耐性の無さや弱さがあいまって、総理を続けるのが不可能なくらいに体調が悪くなってしまった可能性が高そうね。
「がん説」が本当であれば、安倍政権は近いうちに終わることになりそうですし、この先の政局について、これまで以上に注視していく必要がありそうね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事