【まさに棄民】安倍政権、「新型コロナ対策費計上」の野党要求を拒否!ワイロまみれのカジノやマイナンバーポイント還元事業を最優先!

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年2月28日、新型コロナウイルスが感染拡大していることに伴い、立憲・国民・共産などの野党共同会派が、カジノ事業やマイナンバーポイント還元事業に組み込まれていた計2500億円あまりを新型コロナ対策にあてるための2020年度の予算組み替え案を提出したものの、自民・公明・維新などによる反対多数で否決された。

・改めて、安倍政権が、新型コロナウイルスの対応よりも、カジノやマイナンバーなどを最優先させている実情が浮き彫りに。常軌を逸した「棄民対応」に国民から怒りの声が上がっている。

新型コロナ 対策費計上 野党が要求
予算組み替え案共同提出

日本共産党と立憲民主党や国民民主党などの共同会派は28日、新型コロナウイルスの感染拡大に対応するため、2020年度予算案の組み替え案を共同提出しました。野党の予算組み替え案は、マイナンバーポイント還元事業(2478億円)、カジノ管理委員会運営費(38億円)を削除し、新型コロナウイルス感染症対策費に振り向けるよう求めるものです。

20年度予算案には、新型コロナウイルス感染の対策費が1円も計上されていない一方で、疑惑まみれのカジノを中核とするIR(統合型リゾート施設)事業や、効果が不確かなマイナンバーポイント還元事業などが計上されています。

野党の予算組み替え案は同日の衆院予算委員会で、自民党、公明党、日本維新の会などの反対で否決されました。

~省略~

【しんぶん赤旗 2020.2.29.】

すでに深刻な事態に発展しているのに、「1円」も新型コロナ対策費を予算に組み込まず!安倍政権の棄民ぶりがさらに加速!

出典:Wikipedia

安倍政権が、2020年度の予算の中に新型コロナウイルス対策費を「1円」も計上しなかったことに、国民から怒りの声が殺到しています。
海外の各国においては、まさしく国を挙げて(使えるだけの税金を投じて)新型コロナウイルスの感染拡大阻止に全力を傾けている状態なのですが…安倍政権による徹底した棄民の姿勢と、世界と比較して日本の異常さがこれでもかというほどに浮き彫りとなっています。

なんせ、国民の健康と生命が危機的状況に陥っている新型コロナウイルス対策よりも、中国からのワイロまみれのカジノプロジェクトやマイナンバー還元事業を最優先するというのだから、全くすごい政権だね。

一部では、安倍政権が「補正予算」を通じて新型コロナ対策費を計上する可能性がいわれているけど、本来、補正予算というのは、「予想外の出来事が起こった時」に計上するためのものであり、すでに発生している事柄については、通常の予算の中に組み込むのが国の予算の組み方としてまっとうな形だ。
こんなことをしているから、常に後手後手の対応になってしまうのであり、まさしく、(自らの金儲けのためには最優先にカネを投じつつ)「国民の生命・安全のためには極力税金を使いたくない」という安倍政権の悪辣な本音が丸わかりとなっている。

まさしく、これ以上ない国賊ぶりと言いますか…ここまで大変な事態になっているにもかかわらず、1円も予算に入れようとしない、恐ろしいまでの冷血さと非情さに言葉を失ってしまいます。
こんな調子では、万一私たちが肺炎に発症したとしても、ほとんど国による血の通った対応は期待できませんし、私たち国民はもっと本気で、抗議や怒りの声を上げる必要があるのではないでしょうか。

すでに、国に簡単に見殺しにされてもあっさりと諦めてしまうほどの、世にも恐ろしい「奴隷洗脳」がかなり本格的に蔓延してしまってるからね…。
改めて、ボクたち国民は、この国の異常さを客観的に認識する必要があるし、まさしく、安倍政権やその上に控えるグローバル資本勢力によって、日本国民が完全なる奴隷やロボットにされてしまっている現実を知る必要があるんじゃないかな。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事