新型コロナの深刻化を尻目に、安倍総理はお友達と連日グルメ三昧!→国民の生命そっちのけの「人でなし宰相」により、日本は亡国まっしぐら!

Pocket

どんなにゅーす?

・新型コロナウイルスが日本国民に本格的に蔓延し始めた中、安倍総理が、この「国家・国民の一大危機」を尻目にろくな対策も行なわず、連日お友達らとグルメを楽しんでいることに批判の声が上がっている。

・安倍総理は、新型コロナ対策会議に(テレビに「やってるフリ」を流すために)毎回10分程度だけ出席した後、ほぼ連日のように、自身のシンパやマスコミ関係者らとふぐや鉄板焼き、高級中華料理などに舌鼓安倍総理の徹底した「棄民対応」により、着実に日本が得体の知れない新型ウイルスに蝕まれ続けている。

安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

~省略~

安倍政権が「新型コロナウイルス感染症対策本部」を設置したのは、1月30日。2月18日まで、土日を含めて計11回も開いている。安倍首相が「本部長」をつとめ、全閣僚が出席することになっている。小泉進次郎環境相が、地元の新年会に出席するために、政務官を代理出席させたのが、この「対策本部」だ。コロナ対策を話し合う最高機関の位置づけである。

ところが、なぜか大手メディアは伝えようとしないが、会議時間は毎回10分程度。安倍首相が冒頭に挨拶したら、すぐにお開きになっているのだ。わずか10分の会議では、どう考えても効果的なコロナ対策を話し合えるはずがない。政界関係者がこう言う。

「わずか10分間という意味のない対策会議を11回も開いているのは、安倍首相が挨拶するシーンをテレビカメラに撮らせるためです。要するに、国民に“やってる感”をアピールするのが目的です。小泉環境相、萩生田文科相、森法相が会議をさぼったのも、国民向けのパフォーマンスだと分かっているからです。“やってる感”を演出する、安倍首相のいつもの手口ですよ。本気でコロナ対策をやる気があるのか疑問です」

~省略~

■コロナ対策そっちのけで高級料理に舌鼓

安倍首相の“グルメ優先”は、この日だけではない。「対策本部」の設置以降も、コロナ対策そっちのけで、ふぐ、中華、鉄板焼き……と高級料理を楽しんでいる(別表参照)。

政治評論家の森田実氏がこう言う。

「人命がかかっているのに、安倍首相には真剣さが感じられない。いつものように、うわべだけです。いま多くの日本人は、相手に迷惑をかけないように会合を控えている。なのに、美食三昧なのだから、どうかしています。もちろん、医療関係者と会食するのはいいですよ。しかし、会食相手は、メディアのトップや森喜朗元首相、自民党議員でしょう。精神を疑いますよ」

~省略~

【日刊ゲンダイ 2020.2.21.】

新型コロナは「広がるべくして人がった」!安倍総理の「自分さえよければどうでもいい」「国民の生命そっちのけ」の棄民性がますます露骨に!

出典:NHK NEWS WEB

安倍総理の棄民性がますます本格的に露呈しているわ。
新型コロナの対策会議には、「やってるフリプロパガンダ」のテレビ放送のために10分くらいテキトーに出席しつつ、ほとんど連日、安倍シンパのお友達やマスコミ関係者らとふぐや高級中華などのグルメ三昧
ここまで、国家の危機や国民の命を何とも思わない人が日本のトップを務めているのだから、日本が新型ウイルスまみれになっていくのはある意味必然だわ。

まさに、こうした安倍総理のやる気のなさと棄民性が配下の閣僚や官僚にも着実に蔓延してきてしまっており、これが、海外から見ても唖然とするほどのずさん対応や著しく質の低い仕事に繋がってしまっている。
そりゃ、総理自身が、寝る間も惜しんで、懸命にウイルス拡散防止のための陣頭指揮を執っていれば組織全体が引き締まり、日本を守るために部下も懸命に仕事するけど、その安倍総理が、ここまで国民をバカにしたような、まるでやる気のないふざけた対応をしているんだ。
これじゃあ、むしろ、ウイルスが全く広がらない方がおかしいだろ。

すでに日本国内で新型コロナによる死者まで複数発生しているのに、それでも安倍総理がショックを受けている様子が全く見られないし、結局のところ、「安倍総理はわざとウイルスをばら撒いている」という結論に落ち着いてしまうわね。
なにしろ、いまだに大手メディアの政権支持率は安定水域。マスコミも官邸に徹底支配されて本質的な批判報道はほとんどなし。自民党内でもライバル無しの「安倍一強」野党の支持率も一向に上がらず
こうしてみても、この日本は「第二の武漢」となってしまう「ありとあらゆる条件」がばっちり揃ってしまっているわね。

「国民を大量に殺しても、それでも自分の地位は安泰」…こんな環境を作ることができれば、国のトップにとってこれ以上美味しい状況はない。
世間では、こういうのを「独裁体制」というし、安倍総理のこうした姿を見ても、国民の自覚がほとんどないままに日本の民主主義は完全に終わってしまったんだよ。

現状のように、日本国民が相当に深い「奴隷洗脳」にかかっている状態が続いていく限り、誰一人と「安倍凶悪犯罪政権」に大きく抵抗しないままに、ウイルスのパンデミックや極度の貧困、さらに戦争やテロや原子力災害などで大量に死ぬ時がやってくるだろうし、大量の国民が死んだ後、最終的にこの日本国家は完全に消えてなくなり、グローバル資本勢力が市民を”完全支配”する「真性グローバル政府」が誕生することになるだろう。

この日本における大々的なウイルス蔓延のパニックは、こうした流れに向かっていくための「大きな布石」になっていくだろうし、この「亡国政権」をこの先も野放しにしていると、ボクたちもいずれ殺される時がやってくるかもね。

そうね。
(安倍総理は、嬉しくてしょうがないのかもしれないけど)すでに日本が本格的な「崩壊フェーズ」に入ってしまったし、日本国民の「最大の過ち」として、この話が後世にまで長らく語り継がれていくことになりそうね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事