■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【ゆるねと通信】杉田水脈氏が「いじめ撲滅プロジェクト」のメンバーに!、古市憲寿氏が政府の「コロナ対策検証の有識者会議」メンバーに!、ウクライナ生物兵器研究所に米民主党勢力の影!

【ゆるねと通信】杉田水脈氏が「いじめ撲滅プロジェクト」のメンバーに!、古市憲寿氏が政府の「コロナ対策検証の有識者会議」メンバーに!、ウクライナ生物兵器研究所に米民主党勢力の影!
Pocket

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

(ゆるねと通信 2022年5月15日号)

杉田水脈氏が「いじめ撲滅プロジェクト」のメンバーに!講演したはるな愛さんは、以前に杉田氏を「人を人として見ていない」と厳しく批判!

はるな愛「人を人として見ていない」杉田議員に憤慨

タレントはるな愛(46)が、自民党の杉田水脈(みお)衆院議員(51)が子どもをつくらない性的少数者(LGBT)を「生産性がない」などと指摘したことに不快感を示した。

はるなは31日、ラジオ文化放送の看板番組「大竹まこと ゴールデンラジオ」(月~金曜午後1時)に火曜レギュラーとして出演。大竹まこと(69)が腰痛のため入院しており、代役でパーソナリティーを務めた吉田照美(67)とともに、杉田議員の見解について語り合った。

ニューハーフタレントとして活躍し、実業家の顔も持つはるなは「なぜこんなことを言えるのか。人のことを人として見ていない発言。この人にとっては、どういうことが幸せなのか本当に気になってしまう」と厳しく批判した。

~省略~

【日刊スポーツ 2018.7.31.】


出典:Twitter(@xwtwm5LGNRFAn3M)

これは何かのギャグかシャレのつもりかしら!?
だとしたら全く笑えないギャグですし、これまで庶民をこれでもかというほどに苛め抜いてきた自民党の連中に、いじめの撲滅なんて出来るわけがないわっ!!

わざと炎上させるつもりでこんなツイートしているとしか思えないんだけど…毎度ながら杉田水脈氏の珍妙なセンスには驚かされるばかりだ。
あおいちゃんの全く言う通りであり、(出る杭がとことん打たれては、従順な奴隷を大量生産するための)日本に植え付けられてきた「歪んだ教育システム」そのものがますます醜いいじめを数多く生み出している上に、「どんなに働いても一向に豊かになれない(どころかますます搾取されるばかり)」という今の日本のブラック労働システムも、まさしく1%の権力層による庶民へのいじめそのものといってもいいだろう。

はるな愛さんは、今回自民党と文科省の会合で講演したことについて、大竹まこと氏のラジオで涙ながらにその思いを語っていたけど、当然、杉田水脈氏の過去の”優生発言”も忘れているわけがないだろうし、よほど色々と思うところがあって今回の講演することを決めたのだろう。

少なくとも、庶民のことを「使い捨ての真性奴隷」としかみなしていない自民党の連中がまっとうな”いじめの撲滅”なんて初めから不可能なのは目に見えているし、まずは、優生思想にまみれた「グローバル資本勢力の操り人形」同然の売国議員を国会から一掃することから始めないといけないわっ!

簡単にいえば、世界支配層は、社会の中に蔓延してきた「弱いものいじめの精神」を巧みに利用しながら強大な権力を築いてきたということだし、意図的にこうした弱いものいじめの風潮や精神を人々に植え付けてきたことで、自分たち支配層に庶民の批判や怒りが向かわないように人々を誘導し操ってきたともいえるだろう。
つまり、グローバリズムから脱却しない限り、人々の中に健全でまっとうな精神は宿らないということだし、あおいちゃんの言う通り、国民からひたすら搾取してはグローバリストに富を横流しばかりしてきた悪徳議員連中を徹底的に落選させることが出来ない限り、(優生思想に基づいた)醜い差別やヘイト、そして弱いものいじめがなくなっていくことはないのではないかな。

 

政府の「コロナ対策を検証する有識者会議」に古市憲寿氏がメンバー入り!(グローバリストが主導する)「政府の反知性化」に歯止めがかからず!

記事の続きは、月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」の有料会員登録を行なっていただけますと閲覧することが出来ます。

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ゆるねと通信カテゴリの最新記事