■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【ゆるねと通信】日本政府が「アゾフ大隊とネオナチとの関係」を全力で隠蔽!、「神真都Q会」の関係者が現行犯逮捕される!、朝日新聞の内部にも「(山口敬之氏並みの)安倍のスパイ」が!

【ゆるねと通信】日本政府が「アゾフ大隊とネオナチとの関係」を全力で隠蔽!、「神真都Q会」の関係者が現行犯逮捕される!、朝日新聞の内部にも「(山口敬之氏並みの)安倍のスパイ」が!
Pocket

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

(ゆるねと通信 2022年4月9日号)

公安が「ネオナチ組織がアゾフ大隊を結成した」との記述を削除!ウクライナの背後に好戦的なユダヤ軍産資本が控えているのを全力で隠蔽!

日本の公安調査庁は8日、公式ウェブサイト上の「国際テロリズム要覧2021」からウクライナの「アゾフ大隊」(現国家警護隊特命分遣隊アゾフ連隊)の記載を削除した。

公安調査庁がウェブサイト上で公表した。

公安調査庁は、「近時、一部において、公安調査庁が『アゾフ連隊』をネオナチ組織と認めている旨の事実と異なる情報が拡散されている状況が見受けられますが、このような誤った情報が拡散されていることは誠に遺憾」だと指摘している。

~省略~

なお、3月28日、国家警護隊特命分遣隊アゾフ連隊は、ロシアが広めている「ネオナチ」プロパガンダを否定しつつ、現在のロシア・ウクライナ戦争において実際には誰がナチなのかを説明するメッセージを発表していた。

~省略~

【Ukrinform 2022.4.9.】

極右「アゾフ大隊」、ウクライナの抵抗で存在感 ネオナチの過去がロシアの攻撃材料に

~省略~

アゾフの軍事部門と政治部門は2016年、極右「国民軍団党」の設立に伴い正式に分離した。この時には既にアゾフ大隊はウクライナ国家親衛隊に統合されていた。

効果的な戦闘部隊として現在の紛争に深く関与するアゾフ大隊だが、ネオナチ的な傾向を有していた過去があり、その傾向はウクライナ軍への統合後も完全には消えていない。

自律的な民兵集団としての最盛期には、白人至上主義やネオナチの思想および記章との結びつきが指摘されたこともある。14、15両年にマリウポリやその周辺で特に活発な活動を展開し、現地のCNN取材班は当時、アゾフがネオナチのエンブレムなどを採用していると報じていた。

ウクライナ国家親衛隊への統合後、米連邦議会でアゾフ運動を外国テロ組織に指定する案が審議された際には、ウクライナのアバコフ内相(当時)が同部隊を擁護。19年のオンライン新聞ウクライナ・プラウダの取材に「(アゾフ構成員の間で)ナチス思想が広がっているとする恥ずべき情報工作は、アゾフ部隊とウクライナ国家親衛隊の信用をおとしめる意図的な企てだ」と語った。

アゾフ大隊はいまも比較的自律的な組織として活動しており、最近はマリウポリ防衛で存在感を発揮した。

~省略~

英紙ガーディアンによると、アゾフ運動の政治部門「国民軍団」の現指導者、アンドリー・ビレツキー氏は10年、自らの目標を「世界の白人人種を最後の聖戦に導くこと」と語ったとされる。 CNNへの声明の中でアゾフ連隊は、「アンドリー・ビレツキー氏には称賛と敬意を抱いているが、それは隊の創設者と初代の司令官としてであって、同氏の政治的活動や国家軍団党とは何の関係もない」と説明。上記のようなコメントを同氏が発したことは一度もなかったと付け加えた。

~省略~

隊には様々な異なるルーツを持つウクライナ人がおり、ギリシャ系、ユダヤ系、クリミア・タタール系、ロシア系などの人々が隊での任務を継続しているという。 「彼らのほとんどはロシア語を話す正教徒だ。だがカトリックやプロテスタント、異教徒やイスラム教、ユダヤ教を信仰する人々もいれば、無神論者もいる」

~省略~

アゾフ大隊は極右組織「ウクライナの愛国者」を以前率いていたビレツキー氏らが創設したものだが、国家から武器を与えられ、ウクライナ東部のオリガルヒ(新興財閥)から資金提供を受ける。その中にはユダヤ人実業家のイホル・コロモイスキー氏の資金も含まれると、リッツマン氏は話す。米国務省は21年3月にコロモイスキー氏に制裁を科し、その前年には司法省が横領や詐欺の疑いで同氏を捜査対象にした。 CNNはコロモイスキー氏の弁護士にコメントを求めている。

16年には、国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)がアゾフを含むドンバス紛争の双方の武装集団を人権侵害で非難した。

~省略~

【Yahoo!ニュース(CNN) 2022.4.2.】

↓アゾフ大隊とナチス関連組織のエンブレム。

出典:Quora


出典:Quora

日本の公安が公式ページから「ネオナチ組織がアゾフ大隊を結成した」との記述を削除したことが話題になっているわ。
どこからどうみても、アゾフ大隊は、(現在はウクライナ国家親衛隊に属している)グローバル軍産資本に支えられている好戦的で過激な民間軍事組織であることが明らかだと思うんだけど、(今回もまた)日本政府は歴史の改ざんに走り始めてしまいましたか。

簡単にいえばイスラム国と似たようなものということだし、グローバル軍産資本の忠実な傀儡メディアであるCNNでさえも認めざるを得ないほどに、ナチスと切っても切れない関わりがあるということだ。
そして、勘のいい人であれば、徐々に気がついてくると思うけど、第二次世界大戦は、(ものすごくざっくりといえば)「特権的ユダヤ人が貧しいユダヤ人を虐殺した」という構図があり、ナチスそのものが「特権的ユダヤ勢力が作り出した優生思想にまみれたグローバリズム組織」であるということだ。

ウクライナ政府に加えてアゾフ大隊も、結成当初からオリガルヒ(ロシア・ウクライナ地域に根を張ってきたユダヤ系財閥)が支援してきたということですし、このバックには、ジョージ・ソロスやロスチャイルドが控えていることはいちいち説明するまでもないわね。

簡単にウクライナ戦争の内情やこれまでの経緯をさらってみただけでも、この戦争は、グローバル軍産資本の連中によって計画的に引き起こされたことがよく分かるけど、逆に言えば、だからこそ、マスコミはこの戦争が勃発した経緯を全力で隠す必要があるということだし、日本政府も、ウクライナ政府やアゾフ大隊の正体を懸命に隠蔽しないといけないわけだ。
簡単にいえば、現在のマスコミの報道は何から何までデタラメ三昧であり、グローバリストからの意向に忠実に従い、悪質なフェイクを日本国民に懸命に刷り込んでいるということだ。

そして、グローバリストの連中に脅されるがままに、ウクライナ側を全面支援することで日本国民の命を大きく脅かしている岸田政権は、最悪のグローバル売国政権という他ないわ。

この国は、かつてなかったまでにグローバル軍産資本の連中に完全に取り込まれてしまったし、これ以上、日本政府が(グローバリストの中でも最もたちが悪い)「ネオナチ=見えないナチス」に全面的にお追従し続けると、取り返しのつかないほどの損害を被ることになるだろう。

 

「神真都Q会」の関係者が現行犯逮捕される!ワクチン反対運動の中にもちらつくグローバル勢力の影…!

記事の続きは、月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」の有料会員登録を行なっていただけますと閲覧することが出来ます。

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ゆるねと通信カテゴリの最新記事