【ゆるねと通信】杉田水脈議員への抗議署名・自民が受け取り拒否!、菅自民党が「ニセ科学(政策のための科学)推進」を宣言!?、赤木雅子さんが「改ざんは佐川氏の判断」を裏付ける音声データを提出!

Pocket

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

(ゆるねと通信 2020年10月15日号)

都合は悪いものはすべて”蓋”!杉田水脈議員への13万6000筆もの抗議署名・自民が受け取りを拒否!

杉田水脈議員への抗議署名、自民が受け取り拒否 要望書は受理

自民党の杉田水脈衆院議員(比例中国ブロック)が内閣府の性暴力被害者支援事業に関して「女性はいくらでもうそをつく」と発言したことを巡り、性暴力に抗議する「フラワーデモ」の主催者らが13日午前、杉田氏に謝罪と発言の撤回、議員辞職を求めるウェブ署名約13万6000筆を提出するために自民党本部を訪れた。

自民党は党関係者が党本部前で対応したが、「事前にアポイントメントがない」「署名受け取りの前例がない」などとして受け取りを拒否した。

フラワーデモ呼びかけ人の一人で作家の北原みのりさんは、党本部前で開かれた緊急フラワーデモで、「これまで野田聖子幹事長代行を通して受け取りを求めてきたが党として受け取れないと回答があった。アポイントメントがないというが、アポが取れないから来ました」と反論。「杉田氏の発言を聞き、眠れないほどの悔しさを抱える声が届いている。13万人以上の声の重みを受け止め、杉田氏のような議員を候補者として立てることの責任を真剣に考えてほしい」と訴えた。

~省略~

【毎日新聞 2020.10.13.】


13万人もの国民からの声が集まった署名を受け取り拒否って、さすがは国民を心底「奴隷扱い」してきた自民党ねっ!
しかも、「事前にアポイントメントがない」なんてもっともらしい理由をつけているけど、実際には、事前のアポイントの要請そのものを自民側が拒否してたみたいじゃないのよっ!!

つまりは、自民党は杉田議員の主張そのものを否定しているわけでなく、ただ単に、事あるごとに自身の本音を正直にぶちまけてしまうことで炎上しまくっている杉田議員がだんだん邪魔臭くなってきているだけであり、国民からの切実な声を真剣に聞き入れる気など微塵もないってことだね。

まあしかし、戦後にCIAの資金によって結党された、真性的な「売国・壊国政党」だけあって、自民党による日本の破壊行為は留まるところを知らない
特に、自民党による「壊国行為」は安倍政権時からとりわけエスカレート
既存の法治国家制度の破壊行為をはじめとして、自民党直属のネット工作勢力が国民に重大な損害をもたらすデマや誹謗中傷、さらにはヘイトや差別思想を大量生産
そして、経済や外交、社会全体に目をやると、(グローバリストのエージェント)パソナ竹中平蔵の意向に忠実に従い、ブラック企業やワーキングプアを大量生産
もちろん、米国やロシアには日本の国富や国土を献上しまくる売国三昧
意図的に少子高齢化を引き起こし、日本国家そのものの衰退や破滅に向けて邁進と…(グローバリストのアジェンダに忠実に従って)ここまで国民を「地獄のスパイラル」に引きずり込んでいるというのに、今もなお高い支持率の下に「一党独裁状態」の権力を維持しているというのだから、日本が壊滅しない方がおかしいような状態だ。

いずれにしても、半数以上の国民が、グローバリストが施してきた壮大な愚民化洗脳から抜け出さない限り、日本の未来は「お先真っ暗」だってことね。

とにかく、多くの国民が、国境を持たない獰猛で巨大なグローバル資本勢力に加えて、暴力団やカルト宗教などと一心同体の自民党が「日本の基軸政党」だと思い込んでいる限り、「日本国民の集団自殺」を免れることは難しいだろう。

 

菅自民党が「ニセ科学推進」を宣言!?「学術会議見直しチーム」座長の塩谷元文科相「『政策のための科学』という考え方で精力的に議論していきたい」!

記事の続きは、月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」の有料会員登録を行なっていただけますと閲覧することが出来ます。

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。