大阪「泉の広場」で売春客を探していた女性計61人を逮捕!「生活費」「借金返済」のために売春を行なわざるを得ない、深刻化し続ける「日本の貧困」!

Pocket

どんなにゅーす?

・大阪・梅田の待ち合わせスポットして親しまれている「泉の広場」で、19年~20年にかけて「売春相手を探していた」として、大阪府警が売春防止法違反の容疑で17歳~64歳の女性計61人を現行犯逮捕していたことが判明。釈放された後書類送検され、罰金刑などを受けたという。

・逮捕された女性は、学生のほか、会社員や主婦、風俗店従業員などだったといい、「生活費が欲しかった」「借金を返すためだった」などと話し、全員容疑を認めているという。

売春客待ち疑い61人逮捕 梅田の立ちんぼスポット

大阪・梅田の地下街で待ち合わせスポットとして親しまれている「泉の広場」やその周辺で昨年から今年にかけ、売春相手を探したとして、大阪府警が売春防止法違反の疑いで、「立ちんぼ」と呼ばれる当時17~64歳の女計61人を現行犯逮捕していたことが5日、捜査関係者への取材で分かった。釈放された後、同容疑で書類送検され、罰金刑を受けるなどした。

~省略~

地元商店主らの苦情も多く、府警は昨年5月~今年2月、京都府、大阪府、兵庫県、香川県、長崎県などの計61人を現行犯逮捕。学生のほか会社員や主婦、風俗店従業員などだった。「生活費が欲しかった」「借金を返すためだった」などと話し、全員容疑を認めたという。

大阪府警は昨年11月、売春の客待ちをする女性と男性客のもめ事の解決を担っていた特定抗争指定暴力団山口組系の組幹部の男を逮捕。捜査関係者によると、男が売春の「みかじめ料」として、女性から1日5000円を徴収、判明した分だけでも5カ月間で約2250万円を得ていた。(共同)

【日刊スポーツ 2020.12.5.】

長期に渡るコロナ禍によって、生活困窮者による売春が増加していくのは確実!「自助」を求め「貧富の格差」を極限まで広げる自公維政権によって、「貧困」「絶望」「不幸」の連鎖がどんどん拡大!

出典:Wikipedia

大阪「泉の広場」で売春相手を探していたとして、17歳~64歳の女性計61人が現行犯逮捕されていたことが判明。
いずれも「生活費が欲しかった」「借金を返すためだった」などと話しており、改めて、日本国内に深刻な貧困が広がっている上に、生きるために自らの身体を売らなければならない女性が多数存在している実態が浮かび上がっています。

ただでさえ、「アベノミクス」などと謳っては、「トリクルダウン」なんていう詐欺の宣伝文句とともに、日本の庶民の賃金をどんどん削り、それまで安定的だった雇用を極限まで不安定にさせ、度重なる消費増税で極限まで貧富の格差を拡大してきたというのに、(”満を持して”仕掛けられた)長期に渡る「コロナ危機」によって、中小企業がバタバタと倒れては、大量の失業者が発生するのはほぼ確実の情勢だ。

これまでも、国民の間で貧困が広がり続けているのと同期して、「生活のため」「学費のため」などの理由で自らの身体を売る女性が増加傾向にあった中で、コロナ禍が長期化すればするほど、こうした傾向がますます大きくなっていくのは間違いないだろう。

なんせ、菅政権そのものが国民に「自助」を強く呼びかけているのですから、仕事が見つからない、就職できない、学校に通えない、親に頼ることが出来ない…といった状況に追い込まれてしまった場合、多くの場合、自らの身体でお金を稼ぐしかなくなってしまうのが現状でしょう。

法的に認められている風俗店に勤務すれば、逮捕されるリスクはまずないかと思うけど、その場合、売り上げの多くをお店が持っていくことになるからね。
それに、現在は出会い系アプリやSNSもあるのだから、街頭の「立ちんぼ」を摘発したとしても、ネットで直接交渉するケースがどんどん増えていくだけで、根本的な解決には全くならない

表向き、街の風紀を改善させたとしても、人々の「経済や心の貧困」はますます悪化するばかりで、政府が「真に国民の命や生活を助ける政策」を行なわない限り、人々のストレスや苦しみはますます増大し、心に深い病を抱える人々が増加の一途をたどっていっては、自殺者もかつてなかったほどに膨れあがっていくことだろう。

日本の政府が、全ての国民に対して「生きていくことに困らないお金」を行き渡らせる政策を行なえば、おのずとこうしたケースはどんどん減少していくことになるでしょうし、警察や検察は、末端の弱者の人々を一方的かつ強権的に取り締まるばかりでなく、政権与党政治家の数々の犯罪行為や税金の横領行為についてこそ、率先して厳しく取り締まっていく必要があるのではないでしょうか。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事