【栃木・鬼怒川】父親が2歳の息子を誤って橋の上から落としてしまう→男の子は無事救出されるも、助けるために崖を降りた父親が行方不明に

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年8月19日の夜9時頃、栃木県日光市の鬼怒川温泉に花火の見物などの観光に来ていた、千葉県酒々井町の会社員・山家竜司さん(41)が2歳の次男に川を見せるために橋の上で抱きかかえたところ、誤って次男を橋の上から落としてしまう事故が発生。

・転落した男の子は、落ちる途中で木に引っかかったと見られており、その後河原で泣いているところを発見され救出。男の子の命に別状はなかったものの、男の子を助けるために急斜面を降りた山家さんの行方が不明になっており、警察が捜索を続けている。

・現場は水量が多い急流で、山家さんが川に流された可能性もあるとして捜索を続けているものの、いまだ発見されていないという。

スポンサーリンク

鬼怒川に2歳男児転落、助けようとした父親不明

19日午後9時ごろ、日光市の鬼怒川温泉で「橋の上から子供が落ちた」と観光客の男性から110番通報がありました。警察と消防が駆けつけ、千葉県酒々井町の会社員・山家竜司さん(41)の2歳の次男が、河原で泣いているのを見つけました。
警察によりますと、橋から河原までは高さ10メートル以上あるということですが、次男は落ちる途中で木に引っかかったとみられ、命に別状はないということです。
父親の山家さんは次男を助けようと河原に降りた後に行方がわからなくなっていて、警察と消防は20日、川に流されたとみて現場周辺を捜索しましたが、発見に至りませんでした。
警察によりますと、山家さんは家族で旅行に来ていて、19日、橋を渡る際に次男に川を見せようとして抱き上げた際、誤って転落させたとみられるということです。捜索は21日も朝から行われる予定です。

【TBS News 2017.8.20.】

なんだか、いろいろな意味で痛ましい事故が起こってしまいましたですねぇ。
男の子が無事に助かったのは本当に良かったと思いますけどぉ…。

現場の橋の映像をテレビで見たけど、思ったよりもかなり高くて、急斜面の崖下はかなり激しい流れの急流となっている感じだ。
今更こういうことを言ってもあれだけど、やはりこのような場所で子供を抱きかかえて川を見せるというのは、万一のことを考えてもあまりにも危険すぎるだろう。

みはるちゃんの言うとおり、落とされてしまった2歳の男の子が奇跡的に助かったのは本当に良かったけど、お父さんも相当パニックになってしまったんだろう…。
崖を降りる途中に誤って足を滑らせて川に転落して流されてしまったのか、どうなってしまったのかは分からないけど、ここまで現場周辺を捜索しても見つからないということは、かなり下流の方に流されてしまったのかもしれない。

とにかく、このような場所で小さな子供に川を見せるために、抱き上げて橋の欄干の外側に少しでも出してしまうのは非常に危険な行為なので、絶対にやらないようにしよう

すでに日にちが経ってしまっているので、状況は厳しいかも知れませんけど…お父さんが無事に発見されることを祈っていますですぅ

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket